がん教育このページを印刷する - がん教育

【がん教育の概要】

 わが国では、がんは死因の第1位であり、生涯のうち約2人に1人ががんにかかると推測されています。がんは国民の生命と健康にとって重大な問題となっています。
厚生労働省の「がん対策推進基本計画」の中でも、健康については子どもの頃から教育することが重要であり、健康と命の大切さについて学び、自らの健康を適切に管理し、がんに対する正しい知識とがん患者に対する正しい認識を持つよう教育することを目指しています。
そこで、地域がん診療連携拠点病院である大阪南医療センターは、子どもに対するがん教育を目的として、がん医療の現場経験を生かした小・中・高生を対象とした「出前授業 がんを知る」を実施しました。
また、がんを知るということは、子どものみならず、大人にも大切なことです。そのため、子どもの教育、また一般市民の方々に対する情報提供も併せて実施しています。

がんってなに?


【がん教育の実施状況】

平成25年5月 市民向けがん教育の実施

    がん診療アップデート特別ブースにて、教育実施

平成25年7月 出前授業の実施

    河内長野市立の中学校(3年生)において、がん教育の授業の実施
    中学3年生72名を対象にした45分の授業を実施しました。

平成26年2月12日 出前授業の実施

    河内長野市立の中学校(3年生)において、がん教育の授業の実施(100名を対象にした授業を2回)。MSW(社会福祉士)、医師、看護師、薬剤師、放射線技師、栄養士、心理士 各1名、全7名で実施。

がん教育 出前授業 がん教育 出前授業 がん教育 出前授業

平成26年5月17日

    市民向けがん教育の実施