栄養管理室このページを印刷する - 栄養管理室

栄養管理室のご紹介

「正しい食生活、適正な栄養補給こそ健康の源」

欲しい物が何時でも自由に食べられる便利な社会は、生活習慣病をはじめとする食生活に起因した病気を増大させています。当栄養管理室では、患者様の病状に適した食事を医師の指示の基、安心して喜んで食べていただけるような食事のご提供と、栄養食事指導を通じた各種疾病の食事療法により皆様の健康をサポートしたいと考えております。

入院中の食事について

入院時食事療養承認施設です

  • 入院時食事療養(1)の基準施設です。
  • 管理栄養士による食事療養が行われています。
  • 適時適温の食事提供を実施しています。

お食事の提供

一般食及び特別食を実施しています。
患者様の病状に応じて、エネルギー・たんぱく質・脂肪・塩分等の調整食やアレルギー食品除去食を実施。また嚥下・摂食障害のある患者様にはキザミ食、トロミ食等の形態調整食も提供しております。
また、治療により低食欲状態の患者様にはレインボー食や産後のお母さんには退院前に祝い膳の提供も行っております。

1)適温給食

当院では、夏には涼を感じる冷たい料理を、冬には湯気の立つ温かい料理をお出しできるよう温冷配膳車を導入し、患者様に適温で食事を召し上がっていただくよう配慮しております。
また、食事を載せるトレー(お盆)は、中央部に仕切があった従来品を改め新しく仕切の無いフラットトレーを採用しております。食器の移動が自由にでき、食器全体が見やすく手が届きやすくなったと患者様に好評です。

 

2)選択メニュー

入院患者様へのサービスの一環として、週に3回水・木・金曜日の昼食と夕食に選択食を実施しています。選択できる対象は、普通食と妊産婦食喫食の方で、昼食と夕食についてそれぞれ2種類のメニューから選ぶことができます。

 

3)レインボー食

目的

化学療法、放射線療法などの治療により、食欲が低下した患者様に少しでも多く食べていただけるよう、ご要望の多かったメニューの中から、その時の体調・嗜好に合わせて好きな食事が選べるように配慮しました。
栄養量は、全量摂取で普通食の約6割となります。

毎日の昼、夕食の選択が可能です。
※下記のメニュー画像をクリックするとPDFで拡大表示します。

レインボー食:月曜日   レインボー食:日曜日

附則

この食事を選んでいただいても患者様には入院時食事療養費(食費)以外の特別な負担はございません。

<なぜ、レインボー食というの?>
雨上がりの空に明るい虹がかかるように化学療法等の治療に伴う苦痛を少しでも癒せるような食事を提供していきたいと思い、栄養管理室一同、心をこめて調理しています。

4)祝い膳

祝い膳
当院でご出産されたお母さんに、「祝い膳」をお出しします。「祝い膳」は、病院の治療食の考えとは別に、新しい命の誕生をお祝いして健康なお母さんに喜んでいただけるよう、メニューはもとより食器にもこだわってお出しします。お母さんが出産されたのち、退院されるまでの間に希望される日の夕食にお出しします。「祝い膳」はカロリーを抑え、授乳に必要なビタミン・ミネラル・タンパク質を豊富に、バランスよく体に優しいメニューにしました。お祝いカードとともにお届けします。

チーム医療における栄養管理について

1)栄養管理計画

当院では入院された患者様の栄養状態を医療従事者が共同で評価し、入院患者様ごとの栄養管理をおこなうため、栄養管理計画書を作成しています。

2)NST(栄養サポートチーム)

当院では、入院患者様の栄養管理、栄養治療を行うため、医師をはじめとする医療スタッフが栄養管理専門のチームとなって活動を行っています。毎週のNST会議では栄養治療が必要な患者様についてカンファレンスを行い、最適な栄養治療が提供できるよう話し合っています。また院内の医療スタッフを対象に栄養管理・栄養治療について勉強会を開催しています。

3)褥そう対策チーム

褥そうの予防には、骨突起部の圧迫の回避と除圧、栄養管理、基礎疾患の管理の三つが特に重要です。
栄養管理は、蛋白、特にアルブミンをはじめとしてミネラルやビタミンを確保することが重要です。
当院では、褥そう回診も医師、看護師、薬剤師、栄養士が病室訪問を行っています。

4)糖尿病チームカンファレンス

内科(糖尿)を中心とし、医師,看護師、薬剤師、検査技師、理学療法士、栄養士が月に1回カンファレンスを行い、情報交換を行っています。

5)糖尿病透析予防チーム

外来に通院する糖尿病患者様に対し、医師と管理栄養士、看護師が連携して「透析予防チーム」を編成し、重点的な医学管理を行うことで透析移行への予防に取り組んでいます。

6)緩和ケアサポートチーム

緩和ケアサポートチームは、がん患者さま・ご家族を中心に、主治医・病棟看護師と連携し、専門の医師や看護師、薬剤師、臨床心理士、管理栄養士、理学療法士、医療ソーシャルワーカーがチームとなって、様々な苦痛な身体症状への専門的な対処や、気持ちのつらさを和らげる治療やケアを行っています。

栄養食事指導のご案内

医師の指示に基づき、個別指導集団指導を外来患者様・入院患者様に実施しています。患者様の日常の食生活、食習慣をお聴きし、病状に応じた栄養食事指導をさせていただきます。

1)個人栄養指導

外来・入院とも、全て予約制となっています。

曜日 月~金
時間 午前9:30~午後3:30(応相談) ※1人30分程度
場所 栄養相談室(外来1階)

2)集団栄養指導

糖尿病教室

毎週金曜日 午後2:00~約1時間30分

食事のバランスを整えるには・・・

  • 主食・副菜・主菜を毎食そろえましょう
  • 色鮮やかな見た目を心がけ、いろいろな食品を組み合わせましょう
  • 野菜や魚は旬のものを利用し、季節感を楽しみましょう
ランチョンマット
☆1日に必要な栄養量は、病状や合併症の有無など個人差があります。
☆飲み込みづらい方の食事や、栄養補助食品の利用についてなども、ご相談ください。