薬剤部このページを印刷する - 薬剤部

概要

当センター薬剤部では、外来・入院調剤をはじめとして、抗がん剤や高カロリー輸液の無菌調製、医薬品の適正使用における有効性・安全性などの情報収集および情報提供、入院患者さまへの服薬説明、副作用・重複投与チェック、また、新薬開発のための臨床試験(治験)業務など様々な業務を行い、医療スタッフの一員として医薬品適正使用の推進に力を注いでいます。

調剤業務

 

調剤とは医師が発行した処方せんにもとづき、薬剤師が患者さまのお薬を調合(調製)する業をいいます。当院では2009年11月に電子カルテシステム(病院情報システム)が導入され、処方に関しても調剤支援システムを連携させて運用しています。患者さまに安全な薬物療法が行われるよう、医師が処方を入力する際、用法・用量(1日の服用量や服用時間)、相互作用、重複投与などについて自動的にチェック機能が働き、最終的に薬剤師が処方内容を確認してお薬の調剤を行っています。
薬剤部部門における調剤監査システムとしては
・内服処方監査システム
・散薬監査システム
・水剤監査システム
などがあり調剤を行っています。患者さまが安心してお薬を服用していただけるように努めています。

注射薬調剤

   

患者さまに使用される注射薬に関しても、医師による電子カルテへのオーダ情報を利用しています。
2009年11月より、注射薬の払い出しをより安全に行うために注射薬自動払出し機(アンプルピッカー)を導入しました。この機器により患者さま一人一人の一回分ずつ(1施行単位)注射薬を専用カセットにセットし、各病棟に搬送しています。また、病棟において注射薬の使用時に、薬剤と投与時間帯、そして患者さまご本人であることを確認できるラベルをアンプルピッカーから発行させることにより、より安全な医療を提供できるよう努めています。
薬剤部部門における注射支援システムとしては
・注射処方監査システム
・注射薬自動払出し機
・血液製剤管理システム
・がん化学療法管理システム
・麻薬管理システム
などがあり、これらを利用しより安全な医療を提供できるよう心がけています。

製剤業務(特殊製剤、注射薬無菌調製等)

     

  • 製剤では外来や病棟で処置に使う医薬品や、院内で使用する消毒剤を調製したり、使いやすい量にわけて払い出しています。
  • 特定の患者さまに治療上不可欠で製薬会社から発売されていない薬を医師の依頼に基づいて調製しています。
  • 院内で使用する高カロリー輸液の無菌調製はクリーンルームでクリーンベンチを用いて調製しています。
  • 院内で使用する抗がん剤は安全キャビネットを用いて調製しています。さらに各患者さまのデータは、薬剤部で開発したコンピュータシステムにて管理しています。

医薬品管理(薬務)業務

薬務では、病院の中で使用される医薬品の購入・在庫・供給・品質管理業務を行っています。医薬品は、診療上不可欠なものでありヒトの生命に直結するものとして、正確、円滑、迅速に供給できるように配慮しています。また、医薬品が本来有する有効性、安全性が患者さまに使用されるまで充分に確保されるように品質管理を行っています。病棟や外来等に定数配置している医薬品においても、定期的に期限チェックや保存状況チェックを行い品質確保に努めています。患者の皆様に安心して医薬品を使用していただけるように薬剤師の専門的な知識を基に努力しています。

医薬品情報管理業務

製薬会社、インターネット、文献・書籍などから得られるさまざまな医薬品に関する情報を、収集、評価、整理、保管しています。医師や院内職員に向けて適切な情報を適切な時期に発信することで、よりよい薬物療法が患者さまに提供できるように配慮しています。地域調剤薬局への情報発信として院内ホームページに採用医薬品情報を掲載したり、院内職員に向けに、電子カルテ上の掲示板を活用し、安全性情報やトピックス、採用医薬品・採用中止医薬品などの情報発信を行っています。
また、各薬剤師が医薬品に関する新たな情報を共有するために、科内で勉強会を開催しています。

患者支援センター業務

  • 入院当日に患者さまが持参された医療用医薬品(処方薬)や一般市販薬、サプリメントなど、すべてのお薬について薬剤師がその内容を調べ医薬品の服用状況を確認し、主治医や看護師に情報提供をしています。
  • その他、手術や検査で入院される患者様に対して、中止すべき薬剤の有無や中止期間を患者支援センターを通して確認を行い患者さまにお伝えしています。
  • 多種類の服薬をおこなっている患者さまに対して処方内容を検討し、内服薬の効果並びに安全性、患者さまの病状、退院後の生活状況などに伴う服薬状況の変動などについて十分に考慮し、主治医と連携して積極的に内服薬の減少に努めています。

薬剤管理指導業務

  • 薬剤管理指導(服薬指導)業務では、カルテ、医師・看護記録、検査値、医師回診への同行などから患者さまの情報を把握してベッドサイドにお伺いし、患者さまの服薬状況の確認や薬の効果、使用方法の説明を行うと共に副作用チェックも実施しています。
 
  • 病棟では医師や看護師、他のコメディカル等で構成される医療チームでカンファレンスを行い、適正な薬物療法の提言を行っています。
※平成24年4月より病棟薬剤業務実施加算を算定しています。

チーム医療

病院内の各医療スタッフが、それぞれの専門知識を生かして、チーム医療を実践しています。
現在、薬剤師は薬物療法を通して院内感染対策チーム、褥創対策チーム、栄養サポートチーム、癌化学療法チーム、緩和ケアチーム、糖尿病教室等の一員として活動しています。
また、平成22年8月にBFH(Baby Friendly Hospital)認定施設となり母乳育児支援にも積極的に参加しています。

抗がん剤に対する医師診察前薬剤師予診

当院の薬剤師は『薬剤師予診』という試みをしています。薬剤師予診とは医師の診察の前に薬剤師が面談を行うことです。抗がん剤による食欲不振・倦怠感・下痢など数字では表現しにくい副作用の聞き取り・対応を医師と共同して薬剤師がサポートしています。この薬剤師予診には利点が3つあると考えています。
image
①医師と薬剤師が副作用を確認する、2重チェックが出来る。
②医師と薬剤師の職種の違う目線から患者さまへアプローチが出来る。(薬剤師からの処方提案等)
③患者さまがまず薬剤師とお話しいただくうちに要点が絞られ、医師の診察が容易かつ正確な状態把握につながる。
抗がん剤狩治療中の患者さまを対象としています。薬剤師予診を用いて早期かつ症状の軽いうちに対処することで、抗がん剤の継続率を上げようという挑戦です。


がん臨床試験・がん関連薬剤特定使用成績調査支援

臨床試験とは病気の予防方法や診断方法、治療方法の改善、病気の原因や病気についての理解、患者さんの生活の質の向上を目的として実施される試験です。臨床試験には、大きく分けて新薬としての承認を得ることを目的とした「治験」と「研究者主導臨床試験」があります。研究者主導臨床試験は、これまで厚生労働省で承認された薬、治療法や診断法から最良の治療法や診断法を確立すること、薬のより良い組み合わせを確立すること等を目的としています。
がん臨床試験は、参加する患者さんの治療の利益に対する配慮が最優先されなければならず、科学的、倫理的な面など、質の高い試験の実施が求められています。そのため、医師だけでなく、様々な試験支援スタッフの存在が不可欠となります。さらに、がん関連薬剤における薬害の未然防止には市販後調査が重要と考えられます。そこで、当センターでは医師だけでなく、がん専門薬剤師、がん臨床試験データマネージャー、病棟薬剤師による全面支援により、がん臨床試験・がん関連薬剤特定使用成績調査の質の向上をめざしています。
>> 詳細はこちら

教育・研修業務

薬学6年制の実務実習および委託実習生の受け入れや薬学生を対象にした施設見学学習を行っています。

薬剤師教育研修受入人数(平成27年度)

薬学生実務実習 15名
薬学生早期体験学習 16名
薬学生施設見学学習 4名

日本静脈経腸栄養学会「NST専門療法士」実地修練教育認定施設

当院は日本静脈経腸栄養学会「NST専門療法士」実地修練教育認定施設になっています。外科医師、内科医師、薬剤師、栄養士、看護師などによる講義や実地修練、院内勉強会などのカルキュラムが組まれています。静脈栄養および経腸栄養を用いた臨床栄養学に関する基本的な知識と臨床経験を修得させ、将来、各施設の臨床の場において栄養学的専門知識を発揮できるNST専門療法士を養成できるよう研修生の受入を行っています。

臨床研究

薬剤部では積極的な臨床研究への関わりを目指し、体制整備をしております。所属薬剤師が主任研究者となった多施設共同研究は下記がございます。
臨床研究テーマ
※クリックしていただくと、試験の概要や論理的配慮、同意撤回等の方法が確認できます
実施機関:平成26年6月~平成28年12月末

薬剤部門統計

薬剤師数 28名   薬剤助手 3名

外来調剤関連業務 [平成27年度実績]

院外処方せん枚数 96,161枚
院外処方せん発行率 97.6%
注射処方せん枚数 20,738枚
抗がん剤無菌調製件数 3,689件

入院調剤関連業務

内外用処方せん枚数 90,200枚
注射処方せん枚数 145,576枚
高カロリー輸液無菌調製件数 1,449件
抗がん剤無菌調製件数 903件
薬剤管理指導件数 13,148件

設備など

電子カルテシステム
無菌製剤室
安全キャビネット
クリーンベンチ
注射薬自動払出し機
散薬監査システム
水薬監査システム

治験管理室業務

薬剤部で管理している治験薬の種類 41薬品

専門・認定薬剤師

日本医療薬学会がん専門薬剤師 1名
感染防御認定薬剤師 1名
日本緩和医療薬学会認定緩和薬物療法認定薬剤師 1名
精神科薬物療法認定薬剤師 1名
日本医療薬学会認定薬剤師 1名
日本臨床薬理学会認定CRC 2名
日本静脈経腸栄養学会認定栄養サポートチーム専門薬剤師 3名
日本薬剤師研修センター認定実務実習薬剤師 10名
日本薬剤師研修センター認定薬剤師 11名
日本病院薬剤師会認定指導薬剤師 7名
日本糖尿病療養指導士 1名
スポーツファーマシスト 1名

院内研修制度(薬剤師関連)

日本静脈経腸栄養学会 栄養サポートチーム(NST)専門療法士 実地修練認定教育施設
日本緩和医療学会認定研修施設

学会活動

日本医療薬学会年会
緩和医療学会学術大会
日本緩和医療学会
日本緩和医療薬学会
日本臨床薬理学会
日本臨床腫瘍学会
日本病院薬剤師会近畿学術大会
国立病院総合医学会
日本褥瘡学会学術集会
日本化学療法学会総会
日本TDM学会・学術大会
日本癌治療学会年会
日本静脈経腸栄養学会
日本環境感染学会

その他

院外処方箋について

  • 院外処方せんとは、病院内の薬局で薬を受け取るのではなく、町の保険薬局(かかりつけ薬局)で薬を受け取るための処方せんです。かかりつけ薬局とは、他医院の薬との重複チェックや飲み合わせの問題を防ぐために、1つの薬局で薬の管理をしてもらうことをいいます。
  • 当センターでは、平成11年5月より院外処方せんの全面発行が実施されています。お支払いを済まされたら右側の院外処方せん相談窓口へお寄り下さい。保険薬局を紹介し滞りなく薬が受け取れるように相談いたします。

Q&A

  • 「院外処方せん」のメリットは?
    町の保険薬局では、患者さま自身が安心して薬を服用・使用できるように、薬の効能・効果について十分に説明を受けることができます。
  • 「院外処方せん」をFAXで送ると便利と聞いたのですが?
    はい、保険薬局では患者さまがこられる前に薬があるか確認したり、薬歴を調べたりすることができます。トラブルをさけるためにも是非ご利用下さい。また、FAXをしていなくても「院外処方せん」を持っていけば、「保険調剤薬局」であればどこの薬局でも薬は受け取れます。この場合「院外処方せん」を忘れずに「保険調剤薬局」に持っていってください。また、FAXは「院外処方せん相談窓口」から送っていますので利用ください。FAX料金は無料です。
  • 当日薬局に行く時間がない場合、翌日でもよいの?
    「院外処方せん」の有効期限は、発行日から4日以内となっています。また、仕事の都合などで本人が受け取りにいけない場合は、代理の方が「処方せん」をもっていって薬を受け取ることもできます。

ジェネリック医薬品(後発医薬品)の採用推進について

ジェネリック医薬品(後発医薬品)とは、先発医薬品(新薬)の特許期間が過ぎた後に発売される先発医薬品と同じ有効成分、効き目、品質、安全性が同等なお薬で、先発医薬品に比べて低価格な医薬品です。当センターではジェネリック医薬品を採用し、患者さまの医療費負担を軽減する努力をしています。

簡易懸濁法を実施される方へ

嚥下障害のある患者や経管栄養チューブが施行されている患者に考案された薬剤投与方法です。
錠剤やカプセルを粉末状にせず、そのまま温湯(約55℃)で溶かして服用する方法です。この方法は、粉末状にしてから服用する方法に比べ、以下のような利点があります。

簡易懸濁法の利点

  1. 服用直前まで錠剤やカプセルの状態で保管できるので、薬の品質が保たれる
  2. 粉末状にしていないため、薬の内容を容易に確認できる
  3. 乳糖で賦形(注1)しないため、チューブが詰まりにくい。
    注1)薬を粉末状にして分包する際、分包誤差を減らすために薬剤のかさを増やすこと
            賦形剤に用いる乳糖は水に溶けにくい