当院の母乳育児支援の方針このページを印刷する - 当院の母乳育児支援の方針

当院では、母乳育児を通じて、赤ちゃんの心と身体の健やかな成長を願い、できるだけたくさんの家族が、母乳で赤ちゃんを育てられるよう、WHO/ユニセフの「母乳育児成功のための10カ条」に沿って母乳育児を支援します。

早期接触

当院では、お産後できるだけ早く赤ちゃんを抱っこできるよう支援します。

母子同室

当院では、お産直後からお母さんと赤ちゃんが終日一緒にいられるよう支援します。

自律授乳

当院では、赤ちゃんが欲しがるときに欲しがるだけ授乳ができるよう支援します。

補充栄養

当院では、医学的に必要でない限り、赤ちゃんに母乳以外の栄養や水分は補充しません。
母乳をあげられない事情の方や、医学的に母乳以外のものが必要となった場合にも、赤ちゃんとお母さんをしっかりと支援しますのでご安心ください。
また母乳で育てられている赤ちゃんには人工乳首やおしゃぶりを与えないようにします。

継続支援

当院では、「おっぱい外来」「赤ちゃんの1カ月健診」「乳児健診」「電話相談」で、退院後も継続して母乳育児支援を行います。

  • 当院では、母乳と母乳育児に関する正しい知識と技術をお母さん、ご家族、学生を含むすべての関係職員へ伝えます。お母さんとご家族には、妊娠中から母乳育児の利点や母子同室の意義についてお伝えします。
  • 当院では、WHO「母乳代用品の販売流通に関する国際規準」に沿って、お母さんに母乳代用品の宣伝・広告をせず、また無料サンプルはお渡ししていません。

母乳育児成功のための10か条

1. 母乳育児の方針を全ての医療に関わっている人に、常に知らせること
2. 全ての医療従事者に母乳育児をするために必要な知識と技術を教えること
3. 全ての妊婦に母乳育児の良い点とその方法をよく知らせること
4. 母親が分娩後、30分以内に母乳を飲ませられるように援助すること
5. 母親に授乳の指導を十分にし、もし、赤ちゃんから離れることがあっても母乳の分泌を維持する方法を教えること
6. 医学的な必要がないのに母乳以外のもの、水分、糖水、人工乳を与えないこと
7. 母子同室にする。赤ちゃんと母親が一日中24時間、一緒にいられるようにすること
8. 赤ちゃんが欲しがるときに、欲しがるままの授乳を進めること
9. 母乳を飲んでいる赤ちゃんにゴムの乳首やおしゃぶりを与えないこと
10. 母乳育児のための支援グループを作りを援助し、退院する母親に、このようなグループを紹介すること
ユニセフ・WHOによる共同声明