泌尿器科このページを印刷する - 泌尿器科

診療案内

泌尿器科の扱う臓器は、腎臓、尿管、膀胱、前立腺および尿道といった尿の通り道だけでなく副腎や男性生殖器(陰茎や精巣)などです。扱う疾患は、悪性腫瘍(がん、肉腫)、先天奇形、外傷、炎症および尿路結石症などのほか、男性では前立腺肥大症、女性では骨盤臓器脱を代表とする排尿に関連したものなどです。
当泌尿器科はこれらの疾患すべてを対象として、院内各科や近隣医療機関と密に連携して、患者さんのQOLを重視した医療を提供できるよう日々努力しています。また、疾患中心の診療に偏らないよう、患者家族を含めた全人的診療に努めています。

泌尿器科で主に扱う臓器 腎臓、尿管、膀胱、前立腺、尿道
副腎、
陰茎、精巣

主な対象疾患

腫瘍 副腎腫瘍、腎癌、腎盂尿管癌、膀胱癌、前立腺癌、陰茎癌、精巣腫瘍
排尿障害 前立腺肥大症、尿道狭窄、尿失禁、骨盤臓器脱、神経因性膀胱、
間質性膀胱炎
感染症 腎盂腎炎、膀胱炎、尿道炎、前立腺炎、精巣・精巣上体炎
結石症 腎結石、尿管結石、膀胱結石
外傷 腎外傷、膀胱損傷、尿道損傷、精巣外傷
性機能 勃起障害(ED)、男性更年期障害
先天異常 水腎症、膀胱尿管逆流症、包茎、停留精巣
その他 腎嚢胞、陰嚢水腫、精液瘤、精巣捻転症、精索静脈瘤

泌尿器科診療の特徴

泌尿器科の分野でも新しい治療方法が多く開発され、ひとつの疾患でも複数の選択肢があることは珍しくありません。近年、注目されている治療法(検査法)のなかで、当科で行っているものをいくつかご紹介します。

尿路結石に対する治療

レーザーによる治療を早くから導入しております。特に腎臓結石や尿管結石には、ビデオスコープ細径軟性尿管鏡とレーザーを用いて大きな尿路結石や体外衝撃波で砕石困難な硬い尿路結石でも安全に砕石・抽石が可能となりました。効率よく確実に砕石し、問題となるサイズの結石は手術中に回収しています。

腹腔鏡手術

腎癌に対する腎摘除術や腎部分切除術、腎盂・尿管癌に対する腎尿管全摘除術や副腎腫瘍に対する副腎摘除術を積極的に行っております。従来の開腹手術に比べてキズの痛みが軽く、回復が早いのが特徴です。

骨盤臓器脱・尿失禁に対するメッシュを用いた手術

膀胱瘤、子宮脱、直腸瘤などを総称して骨盤臓器脱と呼びます。経膣メッシュ手術も腹腔鏡下メッシュ手術も保険適応となっております。産婦人科と連携を取りながら、保存的治療、メッシュ手術、従来からの経膣手術などニーズと病状に合った治療を行っております。

間質性膀胱炎に対する膀胱水圧拡張術

本年7月より難病指定になりました(潰瘍ありのみ)。治療には、食生活の改良、内服治療、膀胱注入療法、膀胱水圧拡張術などがあります。当科では、膀胱水圧拡張術の施設認定を得ており、積極的に行っております。

前立腺生検

PSAが高値など前立腺がんの疑いがある場合、前立腺の組織の一部を針で採取し顕微鏡で調べる検査(生検)を行うことが一般的です。当科では、1泊入院で行っています。麻酔は腰椎麻酔(下半身麻酔)の後、エコーで確認しながら肛門と陰嚢の間(会陰)より針で組織を採ります(12箇所~)。検査時間は10-15分です。結果は1-2週後になります。

その他、内視鏡や腹腔鏡の手術だけでなく、従来の開腹手術も改良が進んでいます。キズは小さく、出血量は少なく、合併症も少なくなりました。回復が早く入院期間も短かくなっています。

2015年度の主な手術実績

副腎摘除術(鏡視下) 6件
腎部分切除術(鏡視下) 2件
根治的腎摘除術(開腹) 2件
根治的腎摘除術(鏡視下) 5件
腎尿管全摘膀胱部分切除術(鏡視下) 6件
腎盂形成術(開腹) 2件
経尿道的尿管砕石術(TUL) 18件
膀胱脱メッシュ修復術(TVM) 4件
膀胱全摘除術(開腹) 1件
尿管皮膚瘻造設術(膀胱全摘除術を伴わないもの) 1件
回腸(結腸)導管造設術(膀胱全摘除術を伴うもの) 1件
新膀胱造設術 0件
経尿道的膀胱腫瘍切除術 114件
尿失禁手術(TVT、TOT) 3件
精巣摘出術 3件
高位精巣摘出術 2件
経尿道的前立腺切除術(TUR-P) 21件
前立腺全摘除術(開腹) 17件
ブラッドアクセス造設術 21件
CAPD用カテーテル設置 5件

スタッフ紹介

上島 成也 中央診療科総括部長、緩和ケア推進室長(併)
卒業大学 帝京大学 医学部卒
学位取得 医学博士(近畿大学)
認定医 日本がん治療認定医機構 暫定教育医
専門医 日本泌尿器科学会
指導医 日本泌尿器科学会
専攻分野 泌尿器科疾患一般、緩和医療
永井 康晴 泌尿器科医師
卒業大学 近畿大学医学部卒
専門医 日本泌尿器科学会、日本性機能学会
専攻分野 泌尿器科一般
西野 安紀 泌尿器科医師
卒業大学 金沢医科大学医学部卒
専攻分野 泌尿器科一般