心臓血管外科このページを印刷する - 心臓血管外科

診療案内

当科は循環器科との緊密な連携の下、心筋梗塞・狭心症などの冠動脈疾患や心臓弁膜症などの心臓の手術と、腹部大動脈瘤や胸部大動脈瘤などの血管の手術を行っております。患者さんが高年齢化する中で、大動脈瘤に対するステントグラフト治療や心拍動下冠動脈バイパス術などの低侵襲治療法も含めた、安全かつ効果的で、患者様のご希望に沿った治療法を選択させていただきます。

虚血性心疾患に対する外科治療

狭心症、心筋梗塞などの冠動脈疾患に対して冠動脈バイパス術を行っています。患者さんの状態を考慮した上で人工心肺装置を用いない心拍動下冠動脈バイパス術((OPCAB: off-pump CABG))を第一選択にしています。また心筋梗塞に合併する心室中隔穿孔、左室破裂、僧帽弁乳頭筋断裂に対する緊急手術にも対応しております。左室瘤や虚血性僧帽弁閉鎖不全症に対しては、左室形成術、僧帽弁形成術を行っています。

心臓弁膜症に対する外科治療

弁膜症に対しては、弁形成術ならびに人工弁置換術を行っております。僧帽弁閉鎖不全症に対しては僧帽弁形成術を積極的に行っております。大動脈弁疾患では人工弁置換術が主となります。人工弁には金属や炭素素材でできた機械弁とウシやブタの生体組織を用いた生体弁の二種類があります。それぞれの人工弁の長所・短所を御理解していただいた上で患者さんの年齢やライフスタイルを考慮し決めさせていただきます。また心房細動を合併する患者さんに対しては積極的にメイズ手術(心房細動を止める手術)を行っております。

大動脈に対する外科治療  さらに詳しく[PDF]

胸部、腹部の真性大動脈瘤や慢性解離性大動脈瘤に対する人工血管置換術を行っています。また大動脈瘤破裂や急性大動脈解離に対する緊急手術にも救急の診療体制を整え、対応しております。さらに大動脈瘤に対する低侵襲治療としてステントグラフト治療を開始し、適応ある症例には低侵襲なステントグラフト治療を積極的に行っております。

末梢血管疾患に対する外科治療

末梢動脈の閉塞性動脈硬化症に対して、カテーテルによる血管内治療が不成功もしくは不可能な患者さんには、人工血管もしくは自家静脈を用いたバイパス術を行っております。
また、急性動脈閉塞や血管外傷にも対応しています。

スタッフ紹介

流郷 昌裕 心臓血管外科医長
卒業大学 大阪大学医学部卒
大阪大学大学院医学部研究科卒
学位取得 医学博士
認定医 腹部ステントグラフト実施医
専門医 日本外科学会、日本心臓血管外科学会
指導医 日本心臓血管外科学会修練指導医
専攻分野 心臓血管外科全般