小児科このページを印刷する - 小児科

小児科は子供の病気や成長など何でもまず相談できる窓口的な役割を果たしています。各科専門スタッフと共に総合的な治療を心がけています。南河内の中核的施設の役割を担えるように医療内容を高めるように心がけています。
小児科のスタッフは3人で、新生児から思春期まで幅広い年令の子供たちの病気の診断と治療を行っています。しかも非常に多くの患者に対応していますが、感染症、呼吸器疾患、けいれん、新生児など急性期の病気を中心とし、低身長や夜尿症、腎疾患など慢性疾患にも力を入れています。
一般外来では血液検査や感染症の抗原迅速検査を取り入れて迅速な診断に努めています。アレルギー、ワクチン、乳児健診、神経、心臓などの専門外来を開いています。専門外来では午後に予約制を取り入れて、患者さんへの説明、指導などにも十分な時間をとるようにしています。
アレルギー外来では最近増加してきている気管支喘息やアトピー性皮膚炎に対しての専門的な特殊検査や負荷試験、治療、日常生活指導なども行っています。コントロールが難しい方がおられましたらご紹介ください。予防接種外来でも開業の小児科医では接種困難な合併症のある症例にも検査を行い、実施しています。
救急対応は十分とはいえませんが、開業されている先生方のご要望に可能な限り対応していきたいと思います。必要な患者さんがおられましたらご連絡ください。
育児支援の重要性が指摘されていますので、当院でも乳児検診などの外来で支援、援助を行っています。新生児に対する母乳を推進しています。
ひとりの人格を持つ子供に対するトータルな治療をめざしています。病気で入院中も教育が保証できるように、訪問学級を併設しています。地域内の他医療機関と連携して、地域内で子供の医療が完結できるようにめざしています。

診療内容

だれでも安心してかかれる小児科をめざしています。
お気軽に受診してください。
小児科には3人の常勤医がいます。
外科の病気を除いたこどもの病気に幅広く対応しています。
特に力を入れている病気は、肺炎や腸炎、髄膜炎、尿路感染症などの感染症、アトピー、喘息などのアレルギー疾患、小児循環器、腎炎、ネフローゼ、てんかんなどの慢性疾患です。
また成長障害のこどもさんを対象に精密検査をおこなっています。お気軽にご相談ください。

スタッフ紹介

井上 徳浩 小児科医長
卒業大学 和歌山県立医科大学医学部卒
和歌山県立医科大学大学院卒
学位取得 医学博士(和歌山県立医科大学)
認定医 日本体育協会公認スポーツドクター、日本医師会公認健康スポーツ医
専門医 日本小児科学会、日本アレルギー学会
指導医 厚生労働省 臨床研修指導医
専攻分野 小児アレルギー
西 一美 小児科医師
卒業大学 近畿大学医学部大学院卒
学位取得 医学博士
専門医 日本小児科学会
山本 よしこ 感染対策室長・小児科医長(併)
卒業大学 徳島大学医学部卒
学位取得 医学博士 平成3年5月28日 (大阪大学)
認定医 日本化学療法学会抗菌化学療法認定医
専門医 日本小児科学会
指導医 日本小児科学会
インフェクションコントロールドクター(ICD) ICD制度協議会認定
専攻分野 ウイルス感染症
その他の資格等 国際認定ラクテーションコンサルタント(IBCLC)
IBCLCに関するホームページ:http://www.iblce.org/