呼吸器内科・呼吸器腫瘍内科このページを印刷する - 呼吸器内科・呼吸器腫瘍内科

患者様の皆様へ

 当呼吸器内科は大阪南部の呼吸器疾患を担う診療科として、なかでも近年増加している肺がんに対する治療を中心に様々な呼吸器疾患の診療を行っています。
 スタッフ数、病床数、外来枠とも病院の規模と比較するときわめて限られているため、どの疾患についても基本的には日常はかかりつけ医に診療をお願いし、急変時や精査必要時に当院に適宜紹介してもらうというシステムを取っています。
 大阪南部の呼吸器疾患を担う診療科として、患者様に最良の医療を届けられるよう今後とも努力してまいります。

当科における診療体制

 本年度はレジデントが1名加わり工藤 慶太医長(科長)以下、4人体制で診療を行っております。
呼吸器腫瘍内科として肺癌を中心とした胸部悪性腫瘍、呼吸器内科としてCOPD、各種肺炎など良性呼吸器疾患とも外来・入院にて診療しております。
 外来は月曜日から金曜日までの毎日、初診および再診の方の診察を行っています。肺がんに関するセカンドオピニオンも当科医師が対応しています。

当科での診療内容

胸部悪性腫瘍に対する診療

当科では肺がんや胸腺腫瘍・胸膜中皮腫など胸部悪性腫瘍の診断(気管支鏡・CTガイド下生検など)や治療(放射線・抗がん剤治療)に力を入れております。

  • H27年度より超音波内視鏡による気管支鏡検査(EBUS/TBNA, EBUS/GS)を導入し、縦隔リンパ節などについても組織診断が可能となりました。
  • 放射線治療専門医と協力し、放射線同時化学療法や放射線単独での治療も積極的に行っております。
  • 従来の抗がん剤および分子標的薬(EGFR阻害薬、ALK阻害薬)や免疫チェックポイント阻害薬(オプジーボ・キイトルーダ)を含めた肺がんのスタンダードな化学療法を行っています。
  • 外来化学療法室での化学療法も引き続き多数行っております。
  • 新たな治療開発として行われている他施設共同の臨床試験にも参加しています。
  • 入院中・外来中とも、がんと診断された時から、当院緩和ケアチームとともに状況に応じたサポートを行える体制を整えております。
  • 治験による治療を希望される方については適切な治験がある場合は、近畿大学腫瘍内科にご紹介し治験参加をしていただいております。
  • 手術可能症例は近畿大学呼吸器外科を中心に多数ご紹介しております。
呼吸器科イメージ
(現在参加中の臨床試験)
  1. 高齢者進行非扁平上皮非小細胞肺癌に対するドセタキセル単剤療法とカルボプラチン・ペメトレキセド併用後ペメトレキセド維持療法のランダム化比較第III相試験(WJOG7813L/JCOG1210)
  2. 化学療法未施行IIIB/IV期・術後再発肺扁平上皮癌に対するCBDCA+TS-1併用療法後のTS-1維持療法の無作為化第Ⅲ相試験(WJOG7512L)
  3. 切除不能局所進行非小細胞肺癌に対するシスプラチン/nab-パクリタキセル+胸部放射線 同時併用化学療法の臨床第 I/II 相試験
  4. 進展型小細胞肺癌に対する初回導入療法後イリノテカン維持療法とアムルビシン維持療法を比較する無作為化第II相試験

良性呼吸器疾患に対する診療

 肺炎、COPD増悪や間質性肺炎など良性呼吸器疾患に関しましても当科の入院/外来で呼吸機能検査やHRCTによる画像検査、気管支鏡検査などで診断・評価し、適切な治療をおこなっています。
本多医師を中心に呼吸管理の必要な重症肺炎の対応も行っております。
呼吸器疾患に対するHOTの導入などのご依頼も対応しております。

  • 2015年度よりCOPDにおける呼吸リハビリテーションのクリニカルパスを導入しリハビリの普及を始めております。COPDで呼吸器リハビリを希望される場合はかかりつけ医の先生にご相談して来院ください。
  • 間質性肺炎に対して、新規治療薬としてオフェプ(ニンテダニブ)が使用可能となりました。ピレスパ(ピルフェニドン)と同様に早期の段階からの治療が推奨されており当院でも早期からの導入を開始しております。
  • 病状が安定すれば、ご紹介いただきました先生方の診療所に戻っていただき日常診療を受けていただきます。
呼吸器科イメージ 呼吸器科イメージ

◆ なお、膠原病関連肺疾患や喘息治療につきましてはリウマチ膠原病アレルギー内科と協力しながら診療を行っております。

病棟

東7階(呼吸器科として定床25床)

認定施設

日本呼吸器学会教育施設, 臨床腫瘍学会認定施設 他

平成28年の新入院数

451例

気管支鏡

年間約97例

主な疾患(のべ入院数)

肺がん113例, 原発不明がん 4例, 間質性肺炎 56例, COPD 44例, 肺感染症 88例, 自然気胸 10例

研修医・レジデント他医療従事者の皆さんへ

 当院は地域がん診療拠点病院です。肺がんの化学療法や放射線療法などの内科的治療を中心に据えた診療を開始しており標準的な治療だけではなく西日本がん研究機構などの他施設共同臨床試験への参加や近畿大学医学部内科学腫瘍内科部門との連携を図りながら進行肺がんに対する化学療法・分子標的治療等の研究的な治療(臨床試験等)に関しても行っています。
 また特発性間質性肺炎やCOPDなどの一般呼吸器疾患に加えて、当院はリウマチ膠原病の基幹病院であることから免疫抑制患者における希少な感染症(ニューモシスチス症、クリプトコッカス症、アスペルギルス症、ムコール症、ノカルヂア症等)なども気管支鏡による直接診断が行われており、血液疾患関連の肺疾患なども含めて文献的考察を要するような疾患を担当できる機会も多く、通常の市中病院とは異なる特殊な患者群を有するため多数の学会発表、論文執筆などが可能です。実際に、H28年度は呼吸器学会および肺がん学会総会、地方会などで5つの発表を行っております。
 当センターにはアレルギー科が別にあり気管支喘息の診療は原則行っていませんが、肺癌を始めとして間質性肺炎、希少な感染症、COPD,など呼吸器診療についてほぼくまなく経験できる診療科であります。また常勤医の負担軽減のために現在外来応援に3人、気管支鏡に1人招聘医師を確保しております。スタッフ枠、レジデント枠とも現在空席がありますので興味のある先生はぜひとも一度ご連絡ください。

スタッフ紹介

工藤 慶太 呼吸器内科・呼吸器腫瘍内科医長
卒業大学 和歌山県立医科大学医学部卒
専門医 日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医、日本内科学会総合内科専門医
指導医 日本呼吸器学会指導医
専攻分野 胸部の悪性腫瘍(肺がん中心)
本多 英弘 呼吸器内科・呼吸器腫瘍内科医師
卒業大学 大阪大学医学部卒
専攻分野 肺癌、呼吸不全、肺炎
吉野谷 清和 呼吸器内科・呼吸器腫瘍内科医師
卒業大学 愛媛大学医学部卒
認定医 日本内科学会
専門医 日本呼吸器学会 呼吸器専門医
専攻分野 呼吸器、透析
中島 早希 呼吸器内科・呼吸器腫瘍内科専修医
卒業大学 愛知医科大学医学部卒