血液内科このページを印刷する - 血液内科

当センター血液内科では白血病や悪性リンパ腫といった血液がん(造血器悪性腫瘍)や血小板減少等を診療すると共に貧血といった身近にある疾患に対しても診療を行なっております。また当センターでは年々増加しているHIV感染症に対しても診療に携わっております。外来受診から入院及び退院後の外来通院に至るまで、患者様とご家族の方を中心に医師・看護師・薬剤師・臨床検査技師・緩和ケアスタッフでチーム医療を行ない、最善最良の医療を提供するため日々努めております。

スタッフステーション

血液内科診療における診断・治療分野の進歩は目覚ましく、従来の抗がん剤治療に加え、各種分子標的薬等の治療を可能にしています。当センターもそれに倣い、外来通院治療及び入院にて最新の治療を提供させていただいております。入院病棟においては完全無菌室・準無菌個室(各2床)と準無菌総室(4床)を有し、抗がん剤治療だけではなく自家末梢血幹細胞移植・同種末梢血幹細胞移植(血縁者間)を含めた治療を日々行なっております。
今後、同種骨髄移植、臍帯血移植を含めた治療を行えるように準備を整えております。なお近畿大学医学部附属病院を含めた近隣病院との緊密な連携により、より患者様のニーズに合わせた医療を提供できるように努めております。エビデンスに基づいた標準的医療はもちろんのこと最新薬を含めた治療の導入を行ないながら地域密着型の医療の実践に取り組んでおります。

当センターで扱う対象疾患は以下の通りです。

  • 急性及び慢性白血病(骨髄性・リンパ性)
  • 骨髄異形成症候群
  • 悪性リンパ腫
  • 骨髄増殖性疾患(真性多血症・本態性血小板血症・慢性骨髄性白血病・骨髄線維症など)
  • 多発性骨髄腫
  • 貧血(再生不良性貧血・赤芽球癆・溶血性貧血など)
  • 血小板減少(特発性血小板減少性紫斑病・免疫性血小板減少症など)
  • 血栓症
  • HIV感染症                    等の血液疾患全般

またJALSG(Japan Adult leuckemia Study Group)を始めとした全国規模の治療研究グループに参加し、臨床研究も合わせて行なっております。

現在当センターで施行しております臨床研究は以下の通りです。

  • 成人型T細胞性白血病に対するレチノイド療法
  • 濾胞性リンパ腫やマントル細胞リンパ腫のような低悪性度リンパ腫に対するR-B(リツキサン+ベンダムスチン〈トレアキシン))療法
  • 多発性骨髄腫に対するボルテゾミブ〈ベルケード〉+デキサメタゾン療法及びレナリドマイド〈レブラミド〉療法
  • 骨髄異形成症候群に対するアザシチジン〈ビダーザ〉療法
  • 発熱性好中球減少症におけるL-AMB(アムビゾーム)療法
  • 末梢性T細胞性リンパ腫に対するromidepsin(HADC阻害薬)療法
  • 慢性骨髄性白血病に対するイマチニブ(グリベッグ)からニロチニブ(タシグナ)への移行試験
  • 分子遺伝子学的完全寛解に達している慢性骨髄性白血病に対するStop ニロチニブ(タシグナ)試験
  • 分子遺伝子学的完全寛解に達している慢性骨髄性白血病に対するStop ダサチニブ(スプリセル)試験
  • 慢性骨髄性白血病に対するダサチニブ(スプリセル)投与と血管内皮・免疫に関するパラメータとの関連性研究
  • イマチニブ(グリベッグ)治療後の慢性骨髄性白血病における免疫調節因子の解析
当センター当科で実施している主な検査内容は以下の通りです。

1. 骨髄穿刺検査及び骨髄生検

  腸骨(右ないし左の腰骨)の部分に局所麻酔をした後に特殊針で穿刺を行ない、骨髄液や組織の一
  部を採取します。通常の顕微鏡を用いた組織学的検査の他に染色体検査・遺伝子検査・モノクロー
  ナル抗体を用いた検査を行ないます。

2. リンパ節生検

  腫脹を認めているリンパ節を採取し、その組織や染色体・遺伝子学的検査にて診断を行ないます。
  主に悪性リンパ腫が疑われる場合は診断確定のために不可欠な検査となります。場所によって様々
  ですが、全身または局所麻酔にて手術を行ないます。

3. HLAタイピング

  造血幹細胞移植が必要とされる場合、骨髄提供者であるドナーと患者さんの白血球の型が一致して
  いることが必要となります。採血または口腔粘膜採取によって行ないます。


無菌病棟

高度の白血球減少を伴う白血病の化学療法や造血幹細胞移植術等血液疾患の専門的な治療には無菌室は欠かせません。赤で囲ったところが当院西7階病棟の無菌室エリアです。

西7階病棟
西7階病棟に完全無菌室2床、準無菌個室5床。準無菌総室4床
の計11床があり、血液専門病棟としての陣容を備えています。 

移植関連機器類

無菌室

無菌室
無菌室の構造
 
無菌室
無菌室の構造

頭側の壁全体からフィルターの通った空気を出します。空気中のほこりは約1/10000以下になります。(あたりまえですが)外へ出られないのが難点です。

機器類

無菌送風機
無菌送風機

準無菌室の天井に設置されている無菌送風機です。
これだけで空気中のほこりが約1/100になります。 

診療実績

疾患別入院患者(2015年4月-2016年3月)

疾患別入院患者(2015年4月-2016年3月)

悪性リンパ腫内訳(2015年4月-2016年3月)

悪性リンパ腫内訳(2015年4月-2016年3月)

白血病内訳(2015年4月-2016年3月)

白血病内訳(2015年4月-2016年3月)

その他(血液疾患)(2015年4月-2016年3月)

その他(血液疾患)(2015年4月-2016年3月)

スタッフ紹介

前田 裕弘 副院長、がん疾患センター部長(併)
卒業大学 近畿大学 医学部卒
学位取得 医学博士(近畿大学)
認定医 日本内科学会、日本移植学会、日本エイズ学会
専門医 日本血液学会、日本感染症学会ICD
指導医 日本血液学会、日本臨床腫瘍学会暫定指導医、日本内科学会
専攻分野 血液疾患一般、血液悪性腫瘍、ウィルス感染症(HIV,HTLV-I,EBV)
山口 晃史 血液内科医長
卒業大学 近畿大学 医学部卒
近畿大学 医学部大学院卒
学位取得 医学博士(近畿大学)
認定医 日本内科学会、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、日本移植学会
専門医 日本血液学会
専攻分野 血液疾患(造血器疾患、造血器腫瘍、造血幹細胞移植)
金井良高 血液内科医師
卒業大学 近畿大学 医学部卒
近畿大学 医学部大学院卒
学位取得 医学博士(近畿大学)
認定医 日本内科学会
専門医 日本血液学会
専攻分野 血液疾患一般
江口 剛 血液内科医師
卒業大学 近畿大学 医学部卒
認定医 日本内科学会
専門医 日本血液学会
山本 健太 血液内科医師
卒業大学 近畿大学 医学部卒
岡本 充史 血液内科レジデント
卒業大学 東京医科大学 医学部卒