腎臓内科このページを印刷する - 腎臓内科

大阪南部の腎透析医療の拠点のひとつとして、日夜診療に励んでいます。
対象疾患は、慢性糸球体腎炎や、糖尿病・高血圧に基づく腎障害のほか、当院が免疫異常の基幹病院であるため、リウマチ・アレルギー疾患に合併した腎障害が多いのも特徴といえます。
タンパク尿や血尿など検尿異常を認める患者さんには、積極的に腎生検を行い、腎臓病の早期診断・早期治療に努めています。IgA腎症に対する扁桃腺摘出術+ステロイドパルス療法も積極的に行っております。腎生検はクリニカルパスを導入し、ふつう1週間の入院で行っています。
すでに腎臓の働きが低下している方では、食事療法、レニン・アンジオテンシン系抑制薬を中心とした降圧療法、尿毒素吸着療法などを駆使して、透析を要する状態をできるかぎり回避するよう図っています。低タンパク食による治療も栄養士と相談のうえ実践できるようお手伝いさせていただきます。そのためには患者さんの協力も必要で2週間ほどの入院で、病気に対する意識を高めてもらうこともあります。
残念ながら透析療法が必要になった患者さんには、ご本人のライフスタイルや意向をふまえて、血液透析、腹膜透析(CAPD)のいずれかを選択し、円滑に維持透析を始めてもらうようにしています。
当科では、外来透析は行っていませんが、周辺の透析施設とのネットワークにより、血液透析を開始し安定した患者さんには紹介をさせていただき、手術が必要になったり、消化器や循環器疾患に罹患したりで入院された透析患者さんには、他科との緊密な連携のもと、きめのこまかい診療を行っています。
また、持続血液透析濾過や、敗血症、肝不全、潰瘍性大腸炎、悪性関節リウマチなどに対する血液浄化法も常時施行可能な状態にしています。

スタッフ紹介

安東 豊 腎臓内科医長
卒業大学 大阪大学医学部卒
学位取得 医学博士 平成11年3月25日
認定医 日本内科学会
専門医 日本内科学会、日本腎臓学会、日本透析医学会
指導医 日本内科学会、日本腎臓学会
専攻分野 腎炎・ネフローゼ症候群の診断・治療、慢性腎不全の保存的治療、透析療法、水電解質異常の診断・治療
大森 弘基 腎臓内科医師
卒業大学 大阪大学医学部卒
学位取得 医学博士
専門医 日本内科学会 総合内科専門医、日本腎臓学会、日本透析医学会
指導医 日本内科学会、日本腎臓学会
  JMECC認定インストラクター、ICLS認定ディレクター
飯尾 健一郎 腎臓内科医師
卒業大学 大阪大学医学部卒
学位取得 医学博士
認定医 日本内科学会
専門医 日本透析医学会、日本腎臓学会、日本内科学会 総合内科専門医
専攻分野 腎炎・ネフローゼ症候群、慢性腎不全、透析療法、水電解質異常
畑中 雅喜 腎臓内科医師
卒業大学 大阪大学医学部卒
学位取得 医学博士
認定医 日本内科学会
専門医 日本腎臓学会、日本透析医学会
専攻分野 腎炎・ネフローゼ症候群、慢性腎不全、透析療法
今井 洋輔 腎臓内科医師
卒業大学 関西医科大学 医学部卒
専攻分野 腎炎・ネフローゼ症候群、慢性腎不全、透析療法