がん相談支援センターこのページを印刷する - がん相談支援センター

image
がん相談支援センターは、患者様、ご家族をサポートするところです。がんになると、治療だけではなく、気持ちや暮らしについても不安や悩みが生じることがあります。
がん相談支援センターでは、医療ソーシャルワーカーや臨床心理士、看護師、その他スタッフが、相談内容に応じてお話をうかがい、一緒に考え、解決に向けてサポートいたします。
相談は無料、秘密は厳守いたしますのでおひとりで悩まず、気軽にご相談ください。
また、患者様でなくとも、がんに関する疑問があれば、お気軽にお尋ねください。当院の患者様以外であっても、ご相談にはのらせていただきます。


相談内容

医療・看護・福祉・こころの相談

  • 心配ごとがあるが、どこに相談してよいかわからない
  • 病気のことが不安でたまらない
  • 家族のことが心配
    家族との関係に困っている、病気のことをどのように家族に伝えようか身寄りがいない中で、治療をどう進めていけばいいのか
  • 医療費や生活費のことで困っている
    治療費ってどの程度かかるのか?
    治療することで生活費に困る
  • 療養生活について心配
    自宅で生活するにはどうしたらいいのか?
    療養できる医療機関や施設などはあるか?
  • 緩和ケアってどんなもの?
  • イライラする、落ち着かない、気分が落ち込む  など

スタッフ

  • 医療ソーシャルワーカー
  • 臨床心理士
  • がん性疼痛看護認定看護師
  • がん化学療法看護認定看護師
  • 皮膚・排泄ケア認定看護師
  • 医師

    上記スタッフが相談内容に応じてお話をうかがいます。

「医療ソーシャルワーカー」とは?

安心した毎日を自分らしく暮らしていけるようにサポートするスタッフです。病気になると、家族のこと、仕事や学校のことで悩んだり、医療費や生活費について心配になったりと、今までの日常では感じなかったことを不安に思う場面に遭遇します。医療ソーシャルワーカーは、患者様やご家族が安心して過ごせるように、生活についての相談支援をする専門家です。上手な情報の探し方、医療福祉制度の説明や利用、在宅療養生活への支援、医療機関やホスピスなどの情報提供、患者会や患者同士で語り合える場のご案内、その他、患者様やご家族と共に考え、安心した療養生活につながるサポートを行います。まずは今のそのお気持ちを、聞かせてください。

「臨床心理士」とは?

がんと診断されると多くの人は信じられない気持ちになり,心は大きく揺らぎます。これからのことを考えて不安になったり,落ち込んだり,何も考えられなくなってしまうこともあります。患者さまだけでなく,患者さまを支えるご家族も気持ちのつらさを抱えることがあります。そんなときは,ひとりで抱え込まないで“こころの専門家”である臨床心理士にご相談ください。臨床心理士は,患者さまやご家族のお話をうかがい,気分の発散や心を休める場を提供する中で,混乱する気持ちや問題を共に整理したり,気持ちのつらさが和らぐ方法を共に考えます。また,患者さまやご家族が自らの心の状態に気づき,主体的に治療を継続できるよう,その人らしいがんとの向き合い方を見つけていくお手伝いをさせていただきます。

「看護師」とは?

看護師は、医師の指示の元に患者さまの診療を補助し、患者が入院生活を過ごしやすいように、日常生活の援助を行っています。がんによる様々な身体的な苦痛、心の痛みがある中での治療は辛いと思います。がん患者さまやご家族の療養上の不安や悩み、困りごとなどに対して、安心して医療を受けられ、その人らしく生活できるように、一緒に考えていきます。がんや再発への不安、化学療法・手術・放射線療法の内容やセルフケア、痛み、副作用への対処方法、今後の治療などの相談に対応します。相談に応じるのは、がん看護の専門家(認定看護師)です。

受付時間

相談窓口  月~金  9:00~16:00
電話受付  月~金  9:00~16:00(祝日は除く)
電話番号  0721-53-5761(代)

お聞きしたお話は秘密を厳守いたします。また、費用も一切かかりません。お気軽にお電話ください。お電話の際に「がん相談支援センターへ」とおっしゃってください。
面接日を予約させていただきます。
相談内容に応じて、スタッフが面接させていただきます。