臨床研究部の概要このページを印刷する - 臨床研究部の概要

臨床研究部の概要

概要
臨床研究部は当初、昭和60年に地方循環器病センターの設置に伴い、循環器疾患の臨床に質の向上をめざし、「系統的血行病態の研究」を行うことを目的として設置されました。その後、平成11年の「国立病院・療養所再編成計画の見直し」において我が国が推進すべき政策医療のうち「免疫異常疾患」の基幹施設、「循環器疾患」、「がん」「骨・運動器疾患」の専門医療施設として位置付けされました。現在、臨床研究部は、(1)免疫異常疾患研究室、(2)循環器疾患研究室、(3)がん研究室、(4)骨・運動器疾患の政策医療分野に関連した研究室に、(5)再生医療研究室、(6)治験管理室を加えた6研究室で組織され、精力的に政策医療分野を中心に、病因・病態の解明や新規の診断・治療の開発に関する研究を推進しています。また、他の研究機関・大学等との共同研究も活発に行われています。

1. 免疫異常疾患研究室(室長:大島至郎)

自己免疫疾患(リウマチ、膠原病など)、アレルギー疾患(喘息、アトピー性皮膚炎、花粉症など)の病態形成の分子機構と特異的遺伝子発現の解析を行い、病因・病態の解明に取り組んでいます。また、このような免疫異常を基盤とする難治性疾患に対して、抗サイトカイン療法を中心とした分子標的治療や骨髄移植療法などの先進的な治療を実現するための基盤的研究と標準化をめざした研究を行っています。

2. 循環器疾患研究室(室長:佐々木達哉)

心臓血管部門は虚血性心疾患発症の機序、PCI後の再狭窄の機序、慢性心不全の薬物治療効果、至適ペースメーカ治療に関する研究を、脳血管部門は脳血管疾患の画像診断に関する研究を行っており、毎年、英文論文や国内外での学会で成果を発表しています。

3. がん研究室(室長:中西文彦)

慢性C型肝炎から肝細胞癌発生の疫学調査研究とその治療に関するエビデンスに基いた治療の研究、マイクロ波・温熱及びレーザー治療などのがんにおける低侵襲性治療の臨床応用とその治療効果向上、悪性血液疾患に関するより有効な治療法の開発とその基準化などをめざす研究を行っています。

4. 骨・運動器疾患研究室(室長:小田剛紀)

人工関節置換術においてコンピューター工学技術を活用した手術ナビゲーションを実施し最適なコンポーネント設置を目指し、術後には3次元位置計測システムを用いたADL動作の研究を行っています。脊椎外科領域では術中神経モニタリングを併用した少侵襲椎体間固定術や脊椎圧迫骨折に対する経皮的椎体形成術の有用性を研究しています。

5. 再生医療研究室(室長:幸原晴彦)

当研究室では10年来地域医療の再生に取り組んでいます。特に糖尿病クリティカルパスを中心とした研究を行ってきましたが、平成27年に電子カルテ上で起動する糖尿病ナビゲーションプログラムを完成しました。病態把握を短時間で完了し、またその結果をわかりやすく印刷できる方法論です。これを発展させ日本糖尿病協会許諾のもと、糖尿病連携手帳を全患者に配布する体制を確立しました。今後糖尿病連携手帳を軸に、河内長野市・大阪府医師会の支援を得ながら、地域包括ケアにおける糖尿病情報の地域への発信を計画しています。

動物実験施設