平成28年度 大阪南医療センター 病院指標このページを印刷する - 平成28年度 大阪南医療センター 病院指標

年齢階級別退院患者数  ファイルをダウンロードする
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 914 139 108 149 378 761 1916 2749 1525 184
大阪南部の基幹病院として、急性期医療を担っています。重点医療としてリウマチ・膠原病・アレルギー、循環器疾患、がん疾患、骨・運動器疾患および成育医療の診療機能を充実強化させています。こういった疾患に多い年齢構成となっております。どの年代の方にも丁寧な説明ができる環境整備に患者支援センターを設置して看護師、薬剤師、栄養士、ソーシャルワーカー、事務を配置しています。


診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
呼吸器内科・呼吸器腫瘍内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 46 2.54 3.68 0.00 71.83 患者用パス
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 31 12.26 12.35 0.00 69.81 患者用パス患者用パス
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 24 21.71 19.92 0.00 75.17 患者用パス
040120xx99000x 慢性閉塞性肺疾患 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 23 13.26 13.85 0.00 77.17  
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 14 12.43 14.83 7.14 77.57  
肺がん、慢性閉塞性肺疾患や間質性肺炎の治療を中心に呼吸器疾患の診療を行っています。
肺がんの手術治療は状態によって難しい場合や平均年齢でも確認できますように高齢者も多いので近畿大学病院呼吸器外科と連携し、外科適応の場合は紹介し当院では主に化学療法や放射線治療を担いリスク回避をおこなっています。慢性閉塞性肺疾患の治療について、年齢が高い方などには無理をしないよう丁寧に呼吸器リハビリテーションを実施していることも多く、全国の平均在院日数より少し長めとなる場合もあります。 詳細はこちら

リウマチ・膠原病・アレルギー
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070470xx02x2xx 関節リウマチ 関節形成手術 肩、股、膝+人工骨頭挿入術 肩、股等 手術・処置等22あり 35 30.11 26.44 2.86 70.97 患者用パス
070470xx03x2xx 関節リウマチ 筋肉内異物摘出術等 手術・処置等22あり 32 37.94 23.26 34.38 67.72 患者用パス 患者用パス
070560xx99x0xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 手術なし 手術・処置等2なし 22 26.41 17.77 0 59.14 患者用パス
070470xx99x0xx 関節リウマチ 手術なし 手術・処置等2なし 14 13.64 14.52 0 70.21  
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 10 19.60 21.25 30 82.7  
リウマチ科内科、外科系スタッフが親密に連携をとって関節リウマチの総合的な診療を行っています。最新の治療法(お薬)を積極的に取り入れ、外来でもコントロールできる環境を整えています。内科系、外科系の協働診療で関節リウマチの患者さんに診られる呼吸器疾患の対応も充実しています。地域の施設との勉強会も重ね役割を明確にして専門性を高めており、リハビリやまだ自宅に帰るには不安がある場合は後方の施設と連携を図っており安心いただけるよう努めております。 詳細はこちら

小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080270xxxx0xxx 食物アレルギー 手術・処置等1なし 295 1.04 2.62 0 6.14  
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 副傷病なし 60 4.88 6.02 0 0.7  
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 28 5.89 5.79 0 6.64  
080050xxxxxxxx 湿疹、皮膚炎群 18 4.78 10.70 5.56 5.67  
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 15 6.27 6.18 6.67 0  
新生児から思春期まで幅広い年令の子供たちの病気の診断と治療を行っています。
食物アレルギーや気管支喘息、アトピー性皮膚炎に対する専門的な(特殊検査や負荷試験)治療、日常生活指導をおこなっています。また、摂食可能かどうかについて食物負荷試験を積極的におこなっています。 詳細はこちら

外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等26あり 副傷病なし 59 5.32 4.48 0 74.07 患者用パス
060040xx99x60x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等26あり 副傷病なし 34 3.88 4.41 0 71.21 患者用パス
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 29 16.86 15.92 0 69.97 患者用パス
060020xx02x0xx 胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 25 23.92 17.65 4 72.2  
060020xx99x40x 胃の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 24 2.00 7.51 0 69.42  
胃癌、大腸癌、肝・胆・膵の癌、胆石症など消化器疾患全般を担っております。
癌治療の化学療法は外来でも多数行っていますが、地域の高齢化に伴い副作用防止管理のために入院で行うこともあります。全国の平均在院日数との比較から標準的な提供をおこなっていることが確認できます。詳細はこちら

整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 72 29.50 27.63 64 81.48 患者用パス
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 61 24.14 24.42 8.47 69.92 患者用パス
070343xx99x20x 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 手術なし 手術・処置等22あり 副傷病なし 55 2.00 6.92 0 72.81 患者用パス 患者用パス
070343xx01x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 前方椎体固定等 手術・処置等2なし 48 20.56 22.55 2.22 73.07 患者用パス
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 36 25.45 26.26 6.45 75.42 患者用パス
近隣における人工関節置換術、再置換術のシェアはトップとなっており、股関節だけでなく膝、足、肘、手においても専門スタッフが充実しているのが特徴です。地域連携パスを用いた他の施設との役割分担でより専門性を高め連携を図っています。
脊椎疾患も専門スタッフの充実で多くの方を診療しています。術前にコンピューターシミュレーションをおこない正確で低侵襲と手術時間の短縮を務めています。 詳細はこちら

脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 18 11.72 9.87 5.56 76.44 患者用パス
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 11 9.09 7.12 0 62.55 患者用パス
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 10 2.80 3.20 0 67.6 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 - 13.67 16.54 22.22 78  
010030xx01x00x 未破裂脳動脈瘤 脳動脈瘤頸部クリッピング等 手術・処置等2なし 副傷病なし - 18.00 15.99 0 67.43  
頭部外傷、脳卒中疾患が多く救急診療体制の充実を図っています。患者様の高齢化に伴い自宅退院がすぐには難しい方に、地域周辺病院と連携、役割分担して早期の社会復帰を目指しています。未破裂脳動脈治療については患者様への医療情報提供を充実させ、エビデンスに基づいた最良の医療を提供しております。 詳細はこちら

心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2なし 10 10.00 12.74 0 78.1 患者用パス
050163xx97x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 その他の手術あり 手術・処置等2なし - 3.33 8.15 0 75.67 患者用パス
050163xx02x1xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 腹部大動脈(分枝血管の再建を伴うもの)等 手術・処置等21あり - 13.40 21.94 0 71.4  
050050xx0101xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 心室瘤切除術(梗塞切除を含む。) 単独のもの等 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり - 24.50 23.36 50 70  
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 副傷病なし - 19.50 24.70 0 61  
循環器科や放射線科と連携し、冠動脈疾患や心臓弁膜症などの心臓の手術や、大動脈瘤手術、末梢血管外科手術を行っております。高年齢化率が高いため、低侵襲手術も含めて安全でより日常生活を担えるように治療法が選択できるようご説明させていただきます。 詳細はこちら
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120010xx99x40x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 88 1.99 4.84 0 58.86 患者用パス
120010xx99x50x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等25あり 副傷病なし 39 2.08 4.92 0 59.49 患者用パス
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 38 2.03 5.12 0 65.55  
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 30 7.70 6.18 0 0  
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 22 7.68 6.29 0 40.45  
子宮頸・体部や卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍は手術も担っていますが、近年開発が発展している化学療法も積極的に取り入れています。全国の平均在院日数より短いのは個別性を重要視した化学療法のコントロールに取り組んでいることによるものと考えています。外来でも実施していますが、入院で合併症などが生じる場合の対応にも配慮しています。 詳細はこちら

放射線科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050180xx97xxxx 静脈・リンパ管疾患 その他の手術あり - 2.00 3.34 0 71.2  
060050xx99x30x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 手術なし 手術・処置等23あり 副傷病なし - 13.00 10.87 0 81.5  
120060xx97xxxx 子宮の良性腫瘍 その他の手術あり - 5.50 5.00 0 45  
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし - 5.00 5.85 0 78  
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2なし - 11.00 11.74 0 84  
IVR(インターベンショナルラジオロジィ:放射線診断技術応用による介入治療)の専門医が従事し、積極的に行える環境を整えています。
消化器疾患、呼吸器疾患等の早期発見、病期診断を担い、身体への負担軽減が期待される低侵襲性の手術もおこなっています。 詳細はこちら

脳血管内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 11 17.73 19.35 36.36 68.64  
010070xx9910xx 脳血管障害 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 11 5.73 3.25 0 71.09  
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 10 2.90 3.20 0 66.7  
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 10 9.60 16.73 10 67.4  
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - 9.33 7.12 22.22 65.33  
当院は大阪南部に位置する約500床の病院で、当科は脳血管疾患(脳梗塞・脳出血など)に加え頭痛・めまいなどの周辺領域を担当領域としています。特に超急性期・急性期の虚血性脳血管疾患に対しtPA静注療法・血管内治療を行い、後遺症を最小限に食い止め、地域連携パスを用い、近隣病院でできるだけスムーズにリハビリテーションが行えるように地域病院とも連携した脳卒中治療を行っています。 詳細はこちら

皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 11 8.73 8.96 0 74.27  
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし - 10.67 11.97 0 76.17  
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし - 9.80 8.78 0 76.6  
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1なし - 8.25 4.28 0 64.75  
080100xxxx0xxx 薬疹、中毒疹 手術・処置等1なし - 9.67 11.28 0 47.67  
外来診療を中心に皮膚科全般、皮膚腫瘍をおこなっています。中には、入院管理が必要となる状態もあり当院では、入院治療による安心いただける環境が整っています。皮膚の腫瘍治療においては手術もおこなっております。 詳細はこちら

泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 53 7.45 7.44 0 76 患者用パス
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1なし 副傷病なし 25 5.96 5.83 0 64.76 患者用パス
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術 17 11.06 9.98 0 74.41 患者用パス
110080xx01x0xx 前立腺の悪性腫瘍 前立腺悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 13 11.92 13.39 0 71.92 患者用パス
11001xxx01x0xx 腎腫瘍 腎(尿管)悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 12 12.58 12.52 0 72.25  
膀胱の腫瘍や前立腺肥大において多くの治療を担っており、エビデンスに基づきクリニカルパスを活用した標準的に治療の提供を図り、術後管理も細心の注意を払っています。泌尿器科分野における専門医スタッフの充実で近隣において約13%のシェアを担っています。 詳細はこちら

循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 156 3.58 4.71 0 71.05 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 130 3.19 3.06 0 72.54 患者用パス
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 32 4.38 5.85 0 70.63  
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1なし、1,3あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 25 12.64 11.38 4 79  
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 20 18.35 17.95 5 82.8  
低侵襲の心血管インターベンション治療を担う専門医スタッフが充実しており、近隣におけるシェアも約16%と多くの診療を担っています。高齢化が進む中、大阪南部の急性期循環器病の中心施設として24時間体制でチーム医療を実践し、できるだけ早く日常生活に戻ることができるよう努めています。 詳細はこちら

腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99020x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 副傷病なし 14 5.93 9.32 0 66.86  
110260xx99x0xx ネフローゼ症候群 手術なし 手術・処置等2なし 12 35.25 22.67 0 65.42  
110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 副傷病なし 10 14.60 14.77 0 71  
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - 23.14 21.25 14.29 82  
110280xx02x1xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等21あり - 40.00 37.06 0 76.43  
大阪南部の腎透析医療の拠点として、大学病院の次に多くの診療に携わっています。慢性糸球体腎炎や、糖尿病・高血圧に基づく腎障害のほか、免疫異常に合併した腎障害の重症化した場合も多ため全国の平均在院日数と比較すると長期化する傾向もあります。しかし、重症化した場合においても安心して治療に専念していただける環境と専門医スタッフが充実しています。 詳細はこちら

血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 36 14.94 16.83 2.78 76.03  
130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 手術・処置等22あり 29 43.45 41.96 0 52.52  
130060xx97x40x 骨髄異形成症候群 手術あり 手術・処置等24あり 副傷病なし 24 18.92 21.92 0 78.71  
130030xx97x40x 非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術・処置等24あり 副傷病なし 18 38.28 34.90 0 74.28  
130030xx97x3xx 非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術・処置等23あり 16 42.69 36.08 6.25 73.81  
近隣大学病院と連携を図り多くの診療をおこなっており、重症化した場合も安心して入院治療ができる環境があります。そのため重症化された病態では、全国の平均在院日数より長期化する場合もあります。化学療法だけでなく個別性に応じた分子標的薬等の積極的導入もおこない、自家末梢血、同種末梢血幹細胞移植(血縁者間)も行なっております。また、同種骨髄移植や臍帯血移植を含めた治療の環境も整備し身体への負担軽減にも努めています。  詳細はこちら

内分泌代謝内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100071xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病あり85歳未満 30 16.23 16.40 0 66.13 患者用パス
100020xx99x00x 甲状腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 28 2.00 9.12 0 62.68 患者用パス
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病なし85歳未満 16 14.81 14.61 0 56.88  
100070xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病あり85歳未満 11 15.82 16.31 0 74.27  
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - 23.75 21.25 25 82.5  
糖尿病は外来におけるフォローが中心ですが、中には血糖値のコントロールが難しく入院管理が必要となる場合も少なくありません。近隣では専門医だけでなく医療スタッフも充実した環境が整っている大学病院か当院で役割を分担して治療をおこなっております。 詳細はこちら


消化器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx99xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 手術なし 44 2.18 3.00 0 73.07 患者用パス
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2なし 41 13.80 11.74 0 74.05 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 40 16.20 11.06 2.5 73.4 患者用パス
060300xx99x00x 肝硬変(胆汁性肝硬変を含む。) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 19 16.16 13.50 0 70.53  
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2なし 18 11.00 9.02 0 75.22  
肝胆膵疾患を中心に診断治療をおこなっております。内視鏡検査や超音波内視鏡検査を多数行い、胃癌、大腸癌検診の2次検査も実施して早期の発見治療に努めています。国立病院機構肝疾患政策医療ネットワーク、大阪府肝疾患フォローアップ事業にも参画し、大阪南部の肝疾患治療の中心的役割を担っています。高齢者の方も多く個別に合わせた治療を心掛けており、全国の平均在院日数より少し長くなる場合もあります。 詳細はこちら


初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 56 25 15 57 18 80 1 7
大腸癌 33 35 42 97 25 190 1 7
乳癌 16 20 4 1 2 25 1 7
肺癌 0 1 28 56 71 56 1 7
肝癌 19 10 4 5 6 90 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
胃癌・大腸癌に見られるようにステージが進行している場合が多く、切除治療ができず化学療法などで対応しています。初めて見つかった時にすでにステージⅢですと、再発率も高くなる傾向があります。また診断目的とした入院も多くあり入院中には進行がはっきり確定できていなくても外来で改めて悪性の熟む進行についてご説明をさせていただいています。また、当院では、河内長野市と連携して癌検診の目的と効果を「がん教育」として案内しています。 詳細はこちら


成人市中肺炎の重症度別患者数等
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 12 8.83 47.25
中等症 69 14.78 76.61
重症 8 21 84.25
超重症 5 20.4 84.8
不明 0 0 0
市中肺炎とは病院外で日常生活をしていた人に発症する肺の急性炎症です。細菌、ウイルス、真菌など、様々な病原体が市中肺炎の原因となります。我々は内科全体が中心となって、軽症~重症のさまざまな市中肺炎に対して病態に応じた治療を行っています。身体機能の低下した患者さんは、肺炎が安定した後は地域の連携病院に転院していただいて、リハビリを行っていただくことがあります。


脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 11 6.64 70 0
その他 4 3.5 67.75 0
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 - 0 0 0 0
I63$ 脳梗塞 3日以内 148 20.33 75.05 26.19
その他 20 23 74.65 2.38
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 0 0 0 0
その他 25 4.96 70.8 0
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 2 29 66.5 0
その他 1 5 72 0
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> - 0 0 0 0
I679 脳血管疾患,詳細不明 - 0 0 0 0
脳神経外科、脳血管内科が協力して脳卒中センター体制をとり、365日24時間いつでも院内に常勤する専門医が脳卒中診療にあたっています。脳梗塞に対しては超急性期の血栓溶解療法(tPA療法)、血管内手術治療(カテーテルによる血栓回収療法)を積極的に行っています。また頚部の高度頸動脈狭窄病変にたいしては頸動脈内膜血栓切除術や血管内治療によるステント留置術をおこないます。 詳細はこちら


診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
呼吸器内科・呼吸器腫瘍内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - 12.5 5.5 0 79
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6cm以上12cm未満) - 9 35 0 81
K6151 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(止血術) - 21 34 0 81
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 - 61 20 0 68
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - 22 27 100 77
がんで緩和的治療の方に対して、栄養を口から摂取できない場合もあり点滴で必要な栄養などを摂取できるようにします。 詳細はこちら

消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 482 0.34 1.27 0 69.62 患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 66 4.97 17.7 3.03 73.35 患者用パス
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 54 1.69 10.9 0 74.17 患者用パス
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 36 1.36 7.97 0 75.03
K654 内視鏡的消化管止血術 25 0.92 16 8 75.56
内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術は近年外来でも施術が可能となってきていますが、お薬のコントロールや出血しやすい場合も多くあるので安全におこなうことを目的に1泊2日の入院でおこなっています。近隣においては内視鏡治療の中核施設として多くの診療をおこなっています。
また、がん治療の方も多く狭くなっている胆道にチューブを挿入して拡張し胆汁の流れを良くする内視鏡でおこなうステント留置手術もおこなっています。 詳細はこちら

リウマチ・膠原病・アレルギー科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(肩,股,膝) 39 2 23.1 2.56 71.05 患者用パス 患者用パス
K0803 関節形成手術(肩鎖,指(手,足)) 27 1.93 39.1 18.5 69.19 患者用パス
K0822 人工関節置換術(胸鎖,肘,手,足) 14 1.64 39.1 0 68.43 患者用パス
K0593ロ 同種骨移植(非生体)(その他の場合) 11 1.55 20.9 45.5 64.18 患者用パス
K110-2 第一足指外反症矯正手術 11 1.55 29.3 9.09 67.55
当院では、現在、外来・入院含め総数約2000名の関節リウマチの患者さんが治療を受けておられます。この数は関西でもトップレベルです。公開されているDPC採用病院データで、平成22年~23年において大阪・和歌山・奈良の3府県内で関節リウマチ診療実績がNo.1でした(なお、日本全国では第6位でした)。私たちは、リウマチ内科医師・整形外科医師が共通スペースで外来診療を行い、合同で入院診療に当たり、またカンファレンスを行い、さらにコメディカルとのチーム医療に積極的に取り組み、リウマチ患者さんの全人医療の方向を目指しています。リウマチ診療に求められる「トータルなリウマチ診療」を行う全国でも稀有な施設です。内科的合併症のあるリウマチ患者さんや膠原病の患者の専門性を要する治療、専門の整形外的医師による膝や股関節、脊椎の手術、リウマチの手や足の専門の整形外科医師による手や足、肩、肘の手術など、いずれも高い専門的知識と技術、そして熱意をもってあらゆる病態に対応できるリウマチ医療の最終病院を目指しています。また地域の施設との勉強会も重ね、リハビリやまだ自宅に帰るには不安がある場合は後方の施設と連携を図り、地域全体のリウマチ医療の向上に取り組んでいます。現在、リウマチ専門の内科系医師8名と外科系医師5名、整形外科医師8名、多数のコメディカルで取り組んでいます。 詳細はこちら

小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度) 19 0 6.63 21.1 0
K9132 新生児仮死蘇生術(仮死第2度) - 0 0 0 0
体重と哺乳の確立ができるまでの十分な日程を観察しています。 詳細はこちら

外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 64 0.17 1.08 0 72.2 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 61 3.54 4.51 1.64 63.3 患者用パス
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 61 5.67 13.3 0 71.18 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 53 1.68 2.6 0 71.91 患者用パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 41 1.1 2.41 0 68.61
高齢の方には、血液の流れをさらさらにするお薬や糖尿病のコントロールをおこなっている方も多くおられるため、安全な手術実施に備えてあらかじめ入院いただいて調整している事もあります。より安心した検査や手術などの管理がおこなえるように、新しいお薬(NOAC)への返還も進めています。こういった対応や術後に起こりやすい感染症発生の防止活動によって安心安全が得られる手術環境を提供します。 詳細はこちら

整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(股,膝) 159 2.06 23.5 6.92 71.39 患者用パス
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方椎体固定) 68 3.22 18 1.47 71.31 患者用パス
K0461 骨折観血的手術 57 2.56 20.8 47.4 77.54 患者用パス 患者用パス
K0811 人工骨頭挿入術 27 4.11 27 55.6 81.3 患者用パス
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓切除) 25 2.76 14.1 0 70.08 患者用パス
当センターでは、手術経験が豊富な多数の専門医の技術と最新のナビゲーションシステムなどを導入してより安全に手術ができるよう努めています。
脊椎外科、関節外科、上肢の外科、リウマチ・関節炎・骨粗鬆症の4つの分野を中心に地域との連携を図り、術前後のリハビリ介入も早期に取り組んでいます。
人工関節分野および脊椎分野において経験豊富な専門医の充実により大阪府下においてもトップクラスの手術数を実施し、地域との連携により術後のフォローも充実しています。 詳細はこちら

脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 26 0.12 10.7 11.5 77.23 患者用パス
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 14 6.93 21.8 14.3 65.29
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 12 13.3 30 16.7 62.67
K1742 水頭症手術(シャント手術) - 6.88 13.9 0 76.5
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内) - 0.25 53 100 69.75
高齢化に伴い、転倒時の頭部外傷による慢性硬膜下血腫の患者様を多く治療、良好な結果を得ています。脳腫瘍治療は安全な手術療法に加えて、症例によっては化学療法、放射線治療などを組み合わせた多学的治療を最新の知見に基づいて行っています。脳内血腫に対しては開頭手術に加えて、より低侵襲な内視鏡下手術も行っています。 詳細はこちら

心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5612 ステントグラフト内挿術(腹部大動脈) 13 1.46 8.46 0 80 患者用パス
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他のもの) 13 1.46 1 0 76.92
K5607 大動脈瘤切除術(腹部大動脈(その他のもの)) - 1 11 0 71.5
K5522 冠動脈、大動脈バイパス移植術(2吻合以上) - 2.33 19.3 33.3 63.67
K6093 動脈血栓内膜摘出術(その他) - 3 7 0 64.33
当科では特に腹部大動脈瘤に対するステントグラフト治療に力を入れております。以前は適応外となっていた腸骨動脈病変を有する症例に対しても、コイル塞栓術を併用することで同治療が可能となっております。また、高齢者に対する大動脈弁置換術も積極的に行っております。 詳細はこちら

産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 33 0.94 4.18 0 40.388 患者用パス
K877 子宮全摘術 22 1.14 9.73 0 51.45 患者用パス
K867-4 子宮頸部異形成上皮又は上皮内癌レーザー照射治療 21 1 1 0 44.57 患者用パス
K9091 流産手術(妊娠11週まで) 20 0.5 0.5 0 29.2 患者用パス
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 19 1 5.95 0 46 患者用パス
良性腫瘍に対して低侵襲である腹腔鏡下にて積極的に治療をおこない、悪性腫瘍に対しては根治的治療を実施しています。患者さまや家族に治療の流れが分かりやすく理解を深めていただくためにクリニカルパスを用いて、術前後の診療工程をエビデンスに基づいて進めています。 詳細はこちら

放射線科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 - 0 1 0 71.2
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他のもの) - 0.33 3.67 0 57
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 - 1.67 3.33 0 68.67
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) - 3 7 0 84
IVR(インターベンショナルラジオロジー)とは画像ガイド下の治療・診断技術であり低侵襲であることが特徴です。当院ではIVRの手技に精通した専門医3名が従事し、IVRにおけるほとんど手技に対応可能です。
動脈閉塞性疾患に対する血管拡張術・肝癌をはじめとする各種悪性腫瘍に対する動脈塞栓術や抗癌剤動注術・外傷などの出血に対する止血術・良性疾患(子宮筋腫・背椎圧迫骨折など)に対する経皮的治療・下肢静脈瘤に対するレーザー焼灼術・消化管(食道・胃など)の静脈瘤治療・腫瘍性病変(肺・骨・腹部など)に対する経皮的生検など様々な手技を行っているだけでなく、外来での中心静脈(CV)ポートの留置や透析シャント狭窄閉塞の治療も可能です。 詳細はこちら

脳神経内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1781 脳血管内手術(1箇所) - 4.5 21.7 33.3 66
K178-4 経皮的脳血栓回収術 - 0 27.6 60 78
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 - 1 5 0 68.5
K2761 網膜光凝固術(通常) - 13.5 11.5 50 69
K6092 動脈血栓内膜摘出術(内頸動脈) - 21 25 100 76
脳卒中の治療はこれまでは、内科的治療が主流でしたが、技術・機器の進歩は目覚ましく、脳卒中においても血管内治療が可能になってきました。脳梗塞の場合は血管の閉塞部位までカテーテルを進め、そこでステント(金属の網)に血栓をからめて回収する方法や、血栓を吸引するなどの治療が可能となりました。また、頸動脈狭窄症や動脈瘤に対しも、外科的なアプローチが難しい場合には、カテーテルによる治療を行っています。これらの治療法の利点は、比較的非侵襲的でしかも在院日数が短いのが特徴です。脳外科と協力して、個々の患者様により適した治療法を検討してお勧めするようにしています。 詳細はこちら

皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) - 0.22 6.78 0 73.44
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm以上6cm未満) - 1 9.5 0 81
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6cm以上12cm未満) - 0.5 6.5 0 71.5
K0022 デブリードマン(100cm2以上3000cm2未満) - 20 96 0 73
K0064 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径12cm以上) - 1 2 0 21
皮膚がん治療を積極的におこなっています。近隣に入院治療のできる施設が少なく、大阪府南部の中核病院として治療をおこなっています。 詳細はこちら

泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 86 1.93 5.12 0 76.65 患者用パス
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 36 1.94 4.22 0 64.67 患者用パス
K8411 経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用) 30 2.17 7.47 0 74.27 患者用パス
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 19 1.79 3.53 5.26 66.63
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 16 2.19 7.75 0 71.88
膀胱腫瘍は再発率も高い疾患ですし、クリニカルパスの活用によって、術前後の合併症防止に細心の注意を心がけて管理観察をおこない必要な医療を個別性に合わせて提供しています。 詳細はこちら

循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 186 1.25 1.52 0 71.46 患者用パス
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 48 1.88 3.75 2.08 71.31 患者用パス
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 31 0.84 7.48 6.45 71.55
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他) 28 1.54 1.57 0 71.79
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 28 4 9.93 7.14 78.68
当センターは、日本循環器学会認定研修施設・日本心血管インターベンション治療学会認定研修施設でもあり、経験豊富な専門医スタッフが充実しています。
大阪府南部の基幹施設として、救急対応をおこない多くの手術をおこなっています。 詳細はこちら

腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 13 13.2 26.8 7.69 71.46
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 - 4.67 1.33 0 64.67
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 - 0 2 0 54
K654 内視鏡的消化管止血術 - 8 41.5 0 74.5
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) - 3 124 0 66
透析治療をスムーズにおこなうために外科的処置が必要な場合も多く、他科と連携して行っています。術後の感染などの合併症防止に観察を十分におこなっています。 詳細はこちら

血液内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈,静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) - 5.14 25.4 0 75.14
K6262 リンパ節摘出術(長径3cm以上) - 7.29 43.3 14.3 72.57
K6112 抗悪性腫瘍剤動脈,静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置(四肢に設置した場合) - 23.8 26.8 0 70.75
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - 95.5 45 50 76
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 - 10 5 0 72.5
がん治療の方々に口から必要栄養が接種できなくなってくる場合もあり、栄養管理のために管を留置して補給する場合があります。 詳細はこちら

内分泌代謝内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) - 4.5 4.5 0 71
K0003ロ 創傷処理(筋肉、臓器に達するもの)(長径10cm以上)(その他のもの) - 0 35 100 74
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - 1 12 0 58
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 - 3 21 0 85
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 - 0 18 0 68
栄養管理や膵臓の機能向上に他科と連携して手術を実施する事もあります。 詳細はこちら




その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 0 0
異なる 3 0.03
180010 敗血症 同一 20 0.23
異なる 28 0.32
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0
異なる 4 0.05
180040 手術・処置等の合併症 同一 40 0.45
異なる 6 0.07
厚生労働省による平成26年度の全国DPC対象病院のデータ集計では、「播種性血管内凝固症候群」での診療報酬請求は0.17%、「敗血症」は0.56%となっていますが、当院は感染防止委員会や安全管理対策委員会などの活発な活動により合併症防止に努め、全国平均よりも低い数値となっています。


更新履歴
2017/10/01 病院院情報の公表 掲載