呼吸器内科コースこのページを印刷する - 呼吸器内科コース

● コースの概要

2年間の臨床研修プログラム(初期臨床研修)終了者で、呼吸器内科を専門領域として研修を行う。
 

● 取得資格

国立病院機構による診療認定医(Ⅱ)資格
日本内科学会認定内科医の取得資格がある場合は、研修により日本呼吸器学会呼吸器専門医、日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医が取得可能である。
 

● 長期目標

呼吸器内科医としての専門的知識・技術を習得する。呼吸器専門医、気管支鏡専門医資格取得に必要な症例を経験する。
 

● 取得手技

気管支ファイバー検査、気管支動脈造影・塞栓術、経皮的肺生検
 

● 研修期間

3年
 

● 募集人数

2名
 

● 診療科の実績と経験目標症例数

主要疾患 入院数(年間) 経験目標症例数(3年)
肺癌 200 60
肺炎 300 60
肺結核 200 30
びまん性肺疾患 30 18
睡眠時無呼吸症候群 12 9
手術 件数(年間) 経験目標件数(3年)
気管支ファイバー 450 180
気管支動脈造影 12 18
経皮的肺生検 6 3

● 診療科の指導体制

診療科医師数 常勤 6名、非常勤 0名
診療科研修の指導に当たる医師 3名
主として研修指導に当たる医師の氏名 加藤 達雄
診療経験年数 20年

● コンセプト

豊富な症例により、幅広く呼吸器疾患を研修できる。
呼吸器専門医4名(うち指導医3名)による十分な指導体制をもつ関連診療科(呼吸器外科)と十分な連携があり、必要な治療方法を選択できる。
 

● 一般目標

関連領域を含む幅広い知識で患者の病態の全貌を把握する。
関連診療科と必要な協議をして、的確な治療計画を立案する。
医療安全、患者の人権と価値観への配慮ができる。
他の職種との意思疎通を図りチーム医療を実践する。
医学の進歩に伴う生涯学習を実践する。
 

● 関連領域での研修

【施設内での研修】  可能
【他施設での交流研修】  可能(要相談)
 

● 共通領域研修について

院内各種研修会の参加(医療安全、院内感染など)