長良医療センターについてこのページを印刷する - 長良医療センターについて

国立病院機構の理念

イメージ画像
私たち国立病院機構は国民一人ひとりの健康と我が国の医療の向上のためにたゆまぬ意識改革を行い、健全な経営のもとに患者の目線に立って懇切丁寧に医療を提供し質の高い臨床研究、教育研修の推進につとめます。

長良医療センター病院理念

イメージ画像
生命を育み、未来を大切に

長良医療センター基本方針

 

1.人権を尊重し心のこもった医療を実践します。
2.地域との連携をはかり、安全かつ専門的な医療を提供します。
3.主体的に参画し、健全な病院運営につとめます。

職業倫理

 

 当院職員は、「人々の健康を守る」という医療人としての職責の重大性を認識し、当院の基本理念に基づき、以下の通り「職業倫理綱領」を定めます。

 

                      【職業倫理】

 

1.医療に従事する職業人として、生涯学習の心を忘れずに、知識、技術の習得に努め、
  医療の進歩・発展に貢献していきます。
2.職業の尊厳と責任を自覚して教養を深め、人格を高めるよう心がけます。
3.患者様の人格の尊厳と権利を尊重し、心のこもった対応をして信頼を得るよう努めます。
4.患者様のプライバシーを尊重し、職務上の守秘義務を遵守します。
5.良質な医療を推進するため、医療従事者としての相互の立場を尊重し、良好な協力関係のもと、
  患者様の医療に尽くします。
6.医療の公共性を重んじて地域社会に貢献するとともに、法規範を遵守します。

臨床倫理

 当院職員は基本的人権、患者様の権利、医の倫理に基づき、患者様に最善の医療を提供します。臨床現場での医療行為の選択については、以下の臨床倫理綱領に従います。

                      【臨床倫理】

1.患者様の人権を守ります。
  1)説明義務(がん告知、知る権利に関するインフオームド・コンセントの徹底)
   患者様の意向を十分聞いたうえで患者様と医療従事者が協力して患者様中心の
   公正かつ公平な医療を提供します。
  2)守秘義務(個人情報保護)
   診療の過程で収得する患者様や御家族の健康・家族関係に関する情報(患者情報)の利用は、
   定められた範囲を超えることのないように保護します。
2.患者様個人の自己決定権を尊重します。
   1)治療方法の選択(医療従事者との相互理解による患者様の意思表明を尊重)
    判断能力のある患者様の決定は一般的な医療倫理に反しない限り、これを尊重します。患者様の
    意思決定能力が病気、薬剤によって損なわれている場合は、御家族または法定代理人との緊密な
    話し合いに基づいて治療方針を決定します。
   2)正確な情報の提供 患者様が自己決定できるように、医師は診断や治療法、予後の見通しについて
    の正確な情報を提供するよう努めます。
3.倫理委員会で審議を行い、 治療方針を決定します。
   1)胎児治療、遺伝子診断、尊厳死、ターミナルケア、延命治療など生命の尊厳に関する問題
   2)患者様の信仰、信条と医療行為の妥当性に関する問題

医療を受ける人々の権利、 尊厳に関わる医療については、倫理委員会等において審議を行い、関係法規、ガイドラインを遵守した診療方針を決定します。

患者様と医療者のパートナーシップ

当院は、基本理念にそって、「命を育み、未来を大切に人権を尊重し心のこもった医療を実践」できるよう取り組んでいます。このために患者様の権利を尊重し、安全な医療を推進すると共に患者様と医療者のパートナーシップ構築も重要な事柄と考えています。

説明と同意、セカンドオピニオン、情報開示等を介して、患者様が自らの意志で医療の方向を決定づけられるようにお手伝いしています。
また、医療倫理についても第三者を入れた委員会等で検討しています。

より良きパートナーシップを築くためには患者様にもお願いしなければならないことがあります。当院では、それを「患者の皆さまの義務と責務」として、提示させていただいています。内容についてわからないことは遠慮なくご質問ください。

病歴・アレルギー歴などは正確にお伝えください。そのほか、お名前の確認、内服薬や点滴の確認など患者様にも参加いただいています。

これらを通じて、より良きパートナーシップを築き上げていきたいと考えています。

患者の皆さまの権利と責務

患者の皆さまは、人としての尊厳をもって良質の医療を受ける権利があります。
また、医療は患者の皆さまと医療提供者が相互の信頼関係に基づき、協働して作り上げていくものであり、そのためには患者の皆さまに主体的に参加していただくことが必要です。長良医療センターでは、このような考え方に基づき、【患者の皆さまの権利と責務】を定めています。

                   【患者の皆さまの権利と責務】

1.人としての尊厳をもって、良質かつ適切な医療を受ける権利があります。
2.医療機関を自由に選び、他の医師の意見を求める権利があります。
3.健康状態、症状、診断、治療及び予後について十分な説明を聞いて、納得のいく治療を選択する権利
  があります。
4.個人情報とプライバシーが保護される権利があります。
5.自分自身の診療記録の開示を求める権利があります。
6.良質な医療の提供を受けるために、御自身の健康に関する情報を正確に提供する責務があります。
7.納得のいく医療の提供を受けるために、医療に関する説明と情報を受けたときは、十分理解できる
  まで質問し、確認する責務があります。
8.すべての患者の皆さまが等しく適切な医療を受けられるようにするため、他の患者の皆さまや
  病院職員に支障を与えないよう配慮する責務があります。

バリアフリー情報