ページの先頭へ

看護師を目指す方へ

専門分野で活躍する看護師たち

認定看護師について

当院の認定看護師は7名おり、それぞれの専門分野で看護やスタッフの指導・相談(コンサルテーション)をしています。

イメージ写真

感染管理(感染管理認定看護師)

感染管理認定看護師 (岩島知子 三沢美知代)

 2名の感染管理認定看護師が専従と兼任で活動しています。
感染の状況を調査し改善を図るためのサーベイランスや、院内のラウンド、研修会の実施、コンサルテーション、マニュアル作成などを行い、感染対策の充実をはかっています。院内のすべての人を感染から守ることを目的に、各部門の協力を得ながら組織横断的な活動をすすめています。

イメージ写真

救急看護(救急看護認定看護師)

救急看護認定看護師 (北山幸子)

 当院は3次救急医療施設でありドクターヘリの基地病院でもあります。
救急患者は時と場所を選ばず発生するため、病態の緊急度・重症度を基軸として、少ない情報から患者の状態を判断し急激な状態変化に即応した看護援助を行う必要があります。そのため、救急看護認定看護師として院内BLSや挿管の介助、バイタルサインやフィジカルアセスメントについての勉強会を開催することで救急看護の質の向上につながればと考え活動しています。

イメージ写真

イメージ写真

緩和ケア(緩和ケア認定看護師)

緩和ケア認定看護師 (遠藤牧子 渡邉久美子)

 当院には、主に入院中の患者さんとそのご家族に対し、苦痛な症状を緩和する専門のチーム「緩和ケアチーム」によるサポートが受けられる体制があります。緩和ケア認定看護師がチームの専従看護師として中心となり、ラウンドを行うなどして活動しています。そして、緩和ケア認定看護師として、患者さんとご家族の苦痛をできるだけ緩和し、生活の質を向上できるよう努めています。また、苦痛を抱える患者さんとご家族へのケアについて、医師や看護師から相談を受けたり、院内の看護師対象に「緩和ケア」に関する勉強会を開催するなどしています。
 緩和ケア認定看護師として、患者さんとご家族の「その人らしさ」を大切にし、患者さんとご家族の傍らに寄り添ったケアを提供できるよう心がけています。

イメージ写真

皮膚・排泄ケア(皮膚・排泄ケア認定看護師)

皮膚・排泄ケア認定看護師 (村澤美幸)

 褥瘡をはじめとする創傷のケアや脆弱な皮膚に対するスキンケア方法などの実践・指導を行っています。ストーマ造設に伴って生じる問題点に対し専門技術を用いて看護を提供しています。退院後も安心して生活できるようストーマ外来を行っています。
 女性のための泌尿器外来として、尿失禁や骨盤内臓器脱に対する診察の介助や骨盤底筋体操の指導、精神的援助をしています。
 患者のQOLの向上を第一に考えながら活動をしています。

イメージ写真

摂食・嚥下障害看護(摂食・嚥下障害看護認定看護師)

摂食・嚥下障害看護認定看護師(永山愛子)

 摂食・嚥下障害看護認定看護師の資格を取得して2年目になり、ようやく活動の基盤ができてきたように思います。現在はおもに耳鼻科医師・ST・栄養士など多職種と連携し、検査やカンファレンスを行い患者さんにあった嚥下訓練が行えるように活動しています。経口摂取していない患者さんでも本当に食べられないのか?何か食べられるものはないか?方法はないのか?患者さんの「食べたい」という気持ちにこたえる看護を日々考え、主治医・病棟のスタッフの方々の協力を得て実践しています。今後も摂食。嚥下障害看護認定看護師として患者さんの「食べたいと支える看護」をモットーに活動していきたいと思います。

イメージ写真

がん化学療法看護認定看護師

がん化学療法看護認定看護師(細谷 恵美)

当院では年間6000件程度の化学療法が施行されています。
がん化学療法において重要なことは、安全・安楽・確実な投与です。
平成24年10月から、がんと向き合いながら生活される患者さんやご家族の皆様に対して、専門領域の看護師が支援していく看護外来が開設されました。がん化学療法看護認定看護師としてがんの告知から同席し、治療に関する意思決定支援、化学療法に対する不安の緩和、副作用対策支援を行っています。安心して治療をうけることができ、自宅での生活が「その人らしく」送ることができるように考えています。入院ラウンドも行っており、医師や病棟スタッフと協力しながら、苦痛の緩和に努めています。また、一人でも多くの患者さんを支えることができるよう、院内看護師への勉強会も開催しています。化学療法を継続することは決して容易いものではありませんが、患者さんとご家族の苦痛に対し一番の理解者でありたいと願い活動しています。

イメージ写真

がん性疼痛看護認定看護師

がん性疼痛看護認定看護師  山本昭子  木村梨奈

がん性疼痛看護認定看護師は院内に2名おります。患者さんが自分らしい生活や、家族と一緒に笑顔で過ごす時間を持つことが出来るよう所属病棟の患者さんの疼痛軽減を中心として直接ケアや看護スタッフへの指導を行っています。特に麻薬性鎮痛薬の使用方法や使用量の調整、副作用の対策などを看護スタッフが細かくアセスメントできるように関わっています。患者さんががんと診断されたときから全人的にとらえた苦痛軽減がはかれるよう努力しており、緩和ケアチームと協力しながら院内の相談を受け精神的ケアや意思決定支援に努めています。また、緩和ケア認定看護師、化学療法看護認定看護師と共にがん看護の質の向上に向けて看護師への院内研修を計画、実施しています。

イメージ写真