ページの先頭へ

研修医を目指す方へ

先輩研修医の声

R.Y(埼玉医科大学 卒)

≪MMCを選択した理由≫
私が水戸医療センター(当時は国立水戸病院)で研修を始めた頃。初期研修としてのローテーションなどなく、内科研修医として循環器科に直接就職(といえば聞こえはよいですが)しました。初期研修の明確なシステムがない時代でしたのでそれなりに不安はあり、5~6年次に3.4件病院を見学させていただいたりした中で選びました。

≪実際の業務内容≫
当時は大きな枠組みとして内科系・外科系の研修があり、私の就業当時は内科1名・外科4名。内科研修医が私一人でしたのでのびのびと研修しておりましたところ、数年して同年代の筑波大学からの内科系派遣医師が入れ替わりやってきましてそのたびごとに良い刺激を受けました。当時の循環器科は総合内科的対応を担っており外来初療全般から呼吸器・血液科入院も扱っておりまして、各専門スタッフの指導のもと非常に広い範囲の研鑽をつむことができました。神経内科など他の内科系領域に関しても病院内の派遣スタイルで研修させていただきました。専門分化が際立ってきた最近の内科系各科の病棟研修とは趣が異なり、救急外来から初期診断そして内科的definitiveな治療まで一貫して責任を持って種々専門家のお力を拝借しながら治療にあたるスタイルでしたね。現在では総合診療科・救急科での研修がこれに近いのでしょうか。内科認定医試験の審査に提出する症例をまとめているときには、それぞれ(提出した症例に限りませんが)の患者さんの様子が鮮明に思い出されて良い研修(=仕事)ができたと改めて思います。研修医の頃は当直がとても多かったように記憶していますが、この当時の経験から救急対応力の重要性を認識しそれが研鑽をつむ原動力になっております。最近では循環器専門医としての仕事・外傷初療を含むドクターヘリ現場派遣治療・救急外来対応など活動範囲が広がってきました。

≪当院を検討されている研修医へ≫
①ご自身で重要と考える要素をもとに病院選定を行ってください。
②その後の就職まで目論んで病院選定を行ってください。
一か所に長くとどまることに不安を覚える方もいらっしゃるかと想像しますが、意外にも他の職場の医師と共に働いたり・研修したり・教育したり・相談したり・飲んだりする機会は多いものですよ。勿論、自分が初療から携わった患者さんと長く付き合ってゆけることも大きな強みになります。

M.H(東邦大学 卒)

 学生の皆さん。皆さんが今後の進路としてまず悩むのは、大学病院で研修をするか、市中病院で研修をするかということと思います。私が市中病院であるこの水戸医療センターを研修先として選び、その後もこちらで勤務していると話せば少しは興味をもっていただけるのではないでしょうか。当初より私は市中病院での研修を希望していました。というのも、大学病院では研修医の人数が多く、手技ができる機会が少なく雑務が多いという話を聞いていたからです。もちろんそれが全てではないと思います。水戸医療センターの研修医は決して人数が多いわけではありませんが、それゆえ、様々な手技を経験できるというメリットがあります。私は学生の頃、将来自分は内科に進むものと思っていました。しかし、選択期間に何となく選んだ整形外科で現在働いています。その時に、数多くの手術に入らせてもらい、整形外科の奥深さ、おもしろさを実感したからです。現在の業務は基本的には手術が基盤にあり、その間に外来や検査を行い、急患が来たらその都度診るといった状態です。さらに、夜遅くまでだらだら残って仕事をするということはなく、定時までには仕事を終わらせ、その後は個人個人自由な時間を過ごしているようです。オンオフのしっかりとしたところも、この科を選んだ大きな理由です。将来何科に進むか決めるのは、実際の業務を経験し、納得した上で決めるのが良いかと思います。3年目から科を決定しなければなりません。それは研修医の時にとれだけ多くのことを経験するかにより決まるといっても過言ではありません。最近、当院はドクターヘリの導入に伴い、重症の患者さんが多く搬送されてきます。ウォークインで来る軽症からヘリで来る重症の患者さんまで症例数も豊富です。水戸は特別栄えている土地ではありませんが、飲みに行くお店も多く、ど田舎という感じでもありません。研修先として考えるには最適な病院だと思います。興味がある方は試しに足を運んでみてください。