医療関係者の皆さまへ

看護について

看護の概況

三重病院の魅力 職員の人柄の良さ(素朴で穏やか) 患者様とじっくりかかわる看護ができる

 看護部は看護部長をはじめとして副看護部長、看護師長、副看護師長、看護職員(看護師、療養介助員、看護助手)で構成される総勢170名ほどのチ-ムです。看護師の平均年齢は32歳ですが幅広い年代層のスタッフが揃っており、職員のタイプも恵まれた自然環境の中で育っているため人柄が良く、家庭的な雰囲気の中で仕事が出来るのが自慢です。
  看護の対象者は、小児から成人までの成育医療・障がい者の方への医療であるため、看護理念は「人にやさしい、ぬくもりのある看護」とし、子どもや障がい者に優しい、心が通い合う看護を目指しています。
 現任教育は看護倫理を基盤に、看護職員が個々のキャリアを発揮し、主体的に看護に取り組めるように教育プログラムを考え、三重病院の看護職員としてより専門性を高め、安全・安心な看護実践ができるように支援していきます。

看護単位の紹介

1病棟
1病棟の様子
 骨・関節疾患の手術や術後のリハビリテーション、先天性の小児整形外科疾患の患者が主に入院しています。その他、耳鼻科の手術を受ける成人の患者も受け入れています。
 日常生活援助、機能回復への支援を医師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・メディカルソーシャルワーカーと連携し行っています。患者の機能にあわせた入浴設備が整備されており、退院後の生活に向けたリハビリの一環となっています。
2病棟
2病棟の様子
 感染症・川崎病・けいれん・腸重積などの患者を24時間体制で受け入れています。子ども・ご家族にとっても安全安楽に治療・ケアが受けられるように援助しています。
 肥満・糖尿病・アレルギー疾患・心身症・不登校などの長期治療が必要な子どもたちは、隣接する特別支援学校に通いながら治療を受けています。
 医師・看護師・児童指導員・保育士・心理療法士・栄養士・メディカルソーシャルワーカーがチームとなり、治療・ケアを行っています。
 その中で看護師は、医療・教育・福祉のパイプ役として活動しています。
南3病棟
南3病棟の様子
 県の難病医療拠点の指定を受け、神経内科疾患(パーキンソン・その他の神経難病等)患者を受け入れている障害者病棟です。難治性疾患患者の残存機能を活かしQOLを高められるよう、医師・看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・メディカルソーシャルワーカーとの連携により治療、看護を提供しています。
 看護においては、ベッドサイドケアの充実を行い、患者にあった看護が提供できるよう努めています。またベッド上において長期入院を余儀なくされている患者に季節感や気分転換が提供できるよう、レクリエーション活動を企画実施しています。
北3病棟
北3病棟の様子
 呼吸器疾患・糖尿病・肥満症などの患者を受け入れている病棟です。重症呼吸不全患者の呼吸管理のケアや呼吸リハビリ、糖尿病患者のインシュリン導入、生活習慣改善に向けた指導をおこなっています。医師、看護師、退院調整看護師長、リハビリスタッフ、メディカルソーシャルワーカーがチームとなり治療、ケア、リハビリ、退院支援について検討し適切な看護の提供をめざしています。
5病棟
5病棟の様子
 重度の運動障害と知的障害を合併した小児及び成人の方が入院されています。医療・看護・療育・介護・学校教育・リハビリテーションなど、チームが一体となってQOLの向上を図るとともに潜在する能力への働きかけを行っています。年間を通して様々な行事を計画し、日常生活に楽しみと変化を持たせるよう努力しています。
外来
外来待合室の様子
 15の診療科があります。幅広い年齢層の患者様が安全に受診でき、ぬくもりのある看護を提供できるよう外来スタッフ一同が心がけています。
 三重病院では専門外来をおこなっています。
  • 予防接種外来では、定期接種や海外渡航者のための予防接種や相談に応じ、予防接種担当医師と協力して安全に接種できるよう努めています。
  • 小児アレルギー専門外来では、食物アレルギー・アトピー性皮膚炎・気管支喘息など幅広い分野で診療を行っており、検査や処置が安全に行われるように努めています。
  • 糖尿病専門外来では、小児から成人まで、一貫した診療と看護を行いセルフケアの確立に力を入れています。
手術室・中央材料室
手術室の様子
 手術室は、乳幼児から高齢者の方まで小児外科・整形外科・耳鼻科等の手術を行っています。手術室スタッフは、患者様の安全・安心の確保に努めながら周手術期看護の充実を図っています。プレパレーションによる術前訪問・1~6歳のお子様の場合は、ご家族様の同伴入室を取り入れ、好きな音楽やおもちゃを準備し、手術への不安の除去に心がけています。
 中央材料室では、各病棟・外来の業務が円滑に機能するよう、滅菌業務・医療用消耗品の確実な提供に努めています。
 
このページのトップへ

専門領域看護

糖尿病療養指導士
 当院には、糖尿病療養指導士の資格を有する複数の看護師、栄養士がおり、医師の指導の下、外来、入院を通して、お子様から成人まで糖尿病の患者様がよりよい生活が送れるよう支援しています。
 毎月第4水曜日14:00より「糖尿病教室」を開催し、医師・糖尿病療養指導士・コメディカルを中心に、わかりやすく、治療に役立つお話しやフットケア・生活相談を行っています。予定は内科外来でご案内しています。生活に役立つ内容を楽しく学べるよう計画していますのでぜひご参加ください。

看護職員教育

看護職員教育の様子

看護職員教育について

 

学生受け入れ状況

 看護部では看護師・療養介助員・養護教諭を目指す学生実習を受け入れています。看護系大学3校、看護学校3校、短大・大学2校などから年間延べ2,500名の学生が、三重病院で学んでいます。そして、その中から三重病院で働きたいと、就職してくださる方が増えています。

職員募集

 看護師を随時募集しています。

お申し込みは 看護部長室 副看護部長 副看護部長
       管理課人事担当 庶務係長   まで

       電話:059-232-2531
 ※ 見学や体験についても、随時お受けいたしますので、お気軽にお尋ねください。