患者の皆さまへ

入院のご案内

入院のご案内

入院の手続き

1.方法 医事係入院・面会受付にて提出書類とともに手続をお済ませください。
2.提出書類 入院申込書
身元引受書
入院履歴申告書
3.持参品 診察券 ②印鑑 ③被保険者証等(母子手帳、身体障害者手帳、療育手帳、小児慢性受診券、特定疾患受給証、福祉医療資格証、減額認定証、限度額適用認定証)
4.保険確認 手続きの際には、被保険者証等(健康保険、共済組合、国民健康保険)や老人保健医療受給者証を、生活保護の方は医療券を、労災の方は証明書を、公費の方はそれを証明する書類を提出してください。未提出の場合には自費となります。保険の記号番号や住所が変わった場合は、直ちに入院受付へご連絡ください。
5.医療費の減額 医療費の減額を受けられる方は「減額認定書」「限度額適用認定証」を提出してください。

準備品

  1. 現在、服用されているお薬はすべてご持参ください。
  2. 寝具及び食器類は病院でお貸ししますが、下記のものはご用意ください。
    寝衣、下着、洗面道具、箸(スプーン)、湯のみ、スリッパ、ちり紙、服用中の薬、お薬手帳、医薬品情報提供書、タオル、バスタオル等
  3. 入院に直接必要でないもの、貴重品、特に現金は必要以上お持ちにならないようお願いします。盗難等の事故に対する補償はできません。

お食事

朝食は7時30分、昼食12時00分、夕食18時00分にご用意いたします。
病状により治療のためなどで特別なお食事(流動食、糖尿病食、高血圧食、幼児食など)をご用意いたします。
食べ物やお飲物の持ち込みはご遠慮ください。
食物によるアレルギーのある方は看護師までお申し出ください。
重症心身障害児(者)病棟は食事時間が多少異なります。各病棟でご説明いたします。

付添い

付添いは原則として認めておりません。但し、入院される方がお子さまの場合など療養上の必要から、ご家族様の同室を認めております。

駐車場について

入院患者様の駐車場の使用はご遠慮願います。

入院費用

  1. 保険で入院される場合は、寝具代を含む入院期間に応じた料金と、薬・検査・処置及び手術などの費用について、各保険の定める負担割合により計算した額をいただきます。(別途食事代がかかります)なお、次の費用は自費になります。
    ①保険適用外の文書料等の費用
    ②特別室の費用は次のとおりとなっています。
部屋別 1日当り料金 設備
A特室 5,400円 トイレ、冷蔵庫付床頭台、ロッカー、テレビ、 応接セット
B特室 3,240円 テレビ付床頭台、ロッカー、簡易机、椅子
(注)
  1. 上記の料金は総額表示方式で記載してあります。
  2. 料金は諸般の事情により変更することがあります。
  1. 入院中の費用は、月末に締めて翌月10日以降に請求書をお渡ししますので、医事係会計窓口(休日・夜間は夜間・休日受付)、または最寄りの金融機関でお支払いください。ただし、退院されるときは退院日に清算してお支払いいただくことになっています。また、土・日・休日に退院される場合は、確定金額が算定できないため、概算金額として預かりさせていただきますのでご了承ください。
  2. 当院は現金自動支払機(キャッシュコーナー)を設置していませんが、クレジットカード・デビットカードでの支払が可能ですので、会計窓口でお申し出ください。

医療福祉相談

入院に当たってお困りのこと、費用についてお困りのこと福祉サービスのこと等ご相談に応じます。療養中に何かありましたら医療福祉相談室(外来治療棟)へお越し頂くか、病棟ナースステーションでケースワーカーをお呼び頂ければ病室へも伺います。

診断書・証明書

ご希望の方は主治医または看護師にお申し出ください。
退院後は医事(受付)窓口にてお申し出ください。

患者さまへのお願い

入院中は全ての患者様が気持ちよく、治療が受けられますようご協力ください。
医師や看護師等の指導は守って下さい。
当院は、臨床医研修施設、看護学生などの実習施設となっておりますのでご協力お願いいたします。
病院の備品などを故意に破損された場合は弁償していただく場合がございます。
病院の諸規則を守って頂けない場合は、退院して頂くことがあります。
特にセクシュアルハラスメント・飲酒・賭け事などの迷惑行為は禁止されております。