各診療科等のご案内

神経内科

脳、脊髄、神経、筋肉の病気を発見・治療する診療科です。神経内科が扱う代表的な病気は、パーキンソン病などの神経難病、認知症、てんかん、脳卒中です。当院では、神経難病の診療に重点を置いており、三重県難病在宅ケア支援ネットワーク整備事業の拠点病院になっています。

対象となる主な病気

病名
筋萎縮性側索硬化症、多系統委縮症、脊髄小脳変性症、パーキンソン病、進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症、クロイツフェルト・ヤコブ病などの神経変性疾患

治療方針

私たちは神経難病患者さんの緩和ケアと在宅療養支援が重要と考えており、レスパイト入院(在宅で介護している家族を休ませることを目的とする入院)を積極的に受け入れています。「治らない病気」に対し、快適に過ごせる環境を提供できるよう努めたいと考えています。また、今は「治らない病気」でも、将来、「治る病気」にするための研究に取り組んでいます。

医師の紹介

氏 名 資 格(専門医、認定医、指導医等)
佐々木 良元 日本神経学会専門医・指導医、日本内科学会認定内科医
町野 由佳 日本内科学会認定医

骨格筋チャネル病遺伝子検査のお知らせ

当院では、全国から骨格筋チャネル病(非ジストロフィー性ミオトニー症候群、遺伝性周期性四肢麻痺)の症例を集めて遺伝子解析を行い、病気の日本国内での頻度、症状の特徴などを調査するとともに、診断・治療についての問題点を明らかにし、患者さんのより早期の正確な診断および標準的治療の確立を目指しています。
厚労省の診断基準を満たす症例のみに限定させていただいておりますが、遺伝子検査を希望される先生は、メール(rsasaki@mie-m.hosp.go.jp)にてお問い合わせください。