独立行政法人 国立病院機構 舞鶴医療センター附属看護学校

教育理念

明朗・闊達、豊かな人間性を育成することを基盤とし、
個々に応じた看護実践ができる基礎的能力を養い、
専門職業人として自ら学ぶ力を育成する。

 明朗・闊達とは明るく、元気があると共に、心に余裕があることです。また、豊かな人間性とは、人を大切にし、他者を思いやる感性を持ち合わせ、関係性を築いていけること、誠実で責任のある行動がとれることと考えます。広い心で他者を受け入れ、誠実で思いやりをもった人間性を基盤に、専門的な知識・技術・態度を積み上げていくことが必要であり、その専門的な知識を用いて実践できるようになるために、自ら考えて行動する力、学習し続ける力を育成したいと考えています。
 学生は、自ら学ぼうとする力を持ち、様々な可能性を持つ存在であると捉えています。当校の地域性や自然豊かな学習環境を活かし、地域の様々な世代の人との関わりや、多くの体験を通して学びを得ることができる環境を整え、学生の探求心や想像力など、持てる力を引き出せるような教育を実践します。

教育目的

本学校は、看護師として必要な知識を教授し、独立行政法人国立病院機構及び社会に貢献し得る有能な人材を育成することを目的とする。

教育目標

  • 対象を総合的に理解できる能力を養う。
  • 対象の健康について理解する能力を養う。
  • 健康状態や生活の場に応じた看護を実践できる基礎的知識・技術及び態度を養う。
  • 保健・医療・福祉システムにおける看護や他職種の役割を理解し、チーム医療を実践する基礎的能力を養う。
  • 専門職業人としての自覚と責任のもとに、自己研鑽できる能力を養う。
  • 生命の尊厳と個々の人権を尊重でき、調和のとれた豊かな人間性を養う。

アドミッションポリシィ

  • 人の生活や健康に関心を持ち、看護職者として社会に貢献したいという意欲を持った方
  • 他者と良好な関係性をもつためのコミュニケーションをとることができ、協調性のある方
  • 元気で明るく探求心を持ち、思慮深く考え学び続ける意欲を持った方