独立行政法人 国立病院機構 舞鶴医療センター附属看護学校

卒業認定に関する方針(ディプロマポリシー)

卒業までに所定の年限在学し、所定の単位数を修得した者に、卒業を認定するとともに専門士(医療専門課程)の称号を与える。
卒業にあたっては以下の点に到達していることを目安とする。

1.対象を総合的に理解できる人

  1. 看護の対象である人間を生活者として理解することができる。
  2. 対象を身体的、精神的、社会的に統合された存在として捉えることができる。

2. 対象の健康について理解できる人

  1. 健康な状態とはその人らしく生きていること・生きている状態であると理解する。
  2. 対象の健康状態を看護に必要な基礎的知識をもとに理解できる。

3. 科学的根拠に基づいた看護が実践できる人

  1. 科学的根拠に基づいた基本看護技術を修得し、実施できる。
  2. 基礎的知識や経験をもとに思慮深く考え、状況判断ができる。

4. 保健・医療・福祉システムにおける看護の役割が果たせる人

  1. 協調性があり、自分の意見を述べることができ、かつ他者の意見や考えを受け入れることができる。
  2. リーダーシップが発揮できる。
  3. 連携・協働に必要なコミュニケーションカ、調整能力を身につける。

5. 専門職業人としての自覚と責任のもとに、自己研鑽できる人

  1. 看護師であるという自覚をもち、自分の言動・行動に責任をもつ。
  2. 常に変化する社会の動向に関心をもつことができる。
  3. 自己を振り返り、看護観を問い続けることができる。
  4. 看護実践能力を維持・向上できるよう主体的に学習する。

6. 誠実で倫理観を持った人間性豊かな人

  1. 人間をかけがえのない尊い存在として認識できる。
  2. 人々の多様な価値概を受け入れ、尊重できる。
  3. 誠実で、倫理観に基づいた行動ができる。
  4. 明るく、豊かな人間性をもつ。