ワークライフバランス

プライバシーポリシー

ホーム > プライバシーポリシー

プライバシーポリシー

当センターは、患者さまに信頼され選ばれる病院を目指し日夜頑張っています。「患者さまの個人情報」についても適切に保護し管理することが非常に重要であると考えています。そのため当センターでは、以下のプライバシーポリシー(個人情報保護方針)を定め確実な履行に努めます。

1.個人情報の利用目的

当センターが収集した患者さまの個人情報は、患者さま本人の診療・看護および健康の維持・増進等の医療を提供するために利用いたします。その他の目的に個人情報を利用する場合は、利用目的をあらかじめお知らせし、ご了解を得た上で利用いたします。

2.個人情報の利用および提供について

当センターは、患者さまの個人情報の利用について以下の場合を除き、本来利用目的の範囲を超えて使用いたしません。

  • 患者さまの了解を得た場合
  • 個人情報を識別あるいは特定できない状態に加工(※1)して利用する場合
  • 健康保険組合・企業・団体等から委託を受けて実施する人間ドック・生活習慣病健診等の検査結果を委託先に通知する場合
  • 他の病院、診療所、薬局等との連携又は診療等のため、外部医師等の意見・助言を求める場合
  • 検体検査業務等の業務委託
  • 保険事務の委託
  • 審査支払機関へのレセプトの提供等
  • 法令等により提供を要求された場合

当センターは、法令の定める場合等を除き、患者さまの許可なく第三者(※2)に提供いたしません。

3.個人情報の適正管理について

当センターは、患者さまの個人情報について、正確かつ最新の状態に保ち、患者さまの個人情報の漏えい、紛失、破壊、改ざん及び患者さまの個人情報への不正なアクセスを防止することに努めます。

4.個人情報の確認・修正等について

当センターは、患者さまの個人情報について、患者さまが開示を求められた場合には、遅滞なく内容を確認し、当センターの「患者情報提供に関する指針」に従って対応いたします。 また、内容が事実でない等の理由で訂正を求められた場合も、調査し適切に対処いたします。

5.お問い合わせ窓口

当センターのプライバシーポリシー(個人情報保護方針)に関してのお問い合わせやご意見は、当センター内にあります「個人情報保護相談窓口」でお受けいたします。

6.法令の遵守と個人情報保護の仕組みの改善

当センターは、個人情報の保護に関する日本の法令、その他の規範を遵守するとともに、上記の各項目の見直しを適宜行い、個人情報の仕組みの継続的な改善を図ります。

国立病院機構舞鶴医療センター院長: 法里 高

※1)単に個人の名前などの情報のみを消し去ることで匿名化するのではなく、あらゆる方法をもってしても情報主体を特定できない状態にされていること。

※2)第三者とは、情報主体及び受領者(事業者)以外をいい、本来の利用目的に該当しない、または情報主体によりその情報の利用の同意を得られていない団体または個人を指す。

※ )この方針は、患者さまのみならず、当院の職員及び当院と関係のあるすべての個人情報についても上記と同様に取扱います。

個人情報ファイル簿
独立行政法人等の保有する個人情報の保護に関する法律第11条に基づく個人情報ファイル簿の公表
(平成29年5月30日更新)

法人文書ファイル管理簿
独立行政法人国立病院機構文書管理規程第12条に基づく文書ファイル管理簿の公表
(平成29年3月31日更新)