--> 京都医療センター|外科  
 












国立病院総合医学会





外 科

肝臓がん

肝細胞癌肝内胆管癌



(概要)

解剖学的な複雑さから、最近まで発展途上であった分野がこの「肝胆膵外科」です。
高度な技術が必要である手術が多く、必然的に手術時間も長時間に及ぶものがほとんどです。
当院では、肝胆膵外科に特化したスタッフによる高度な医療を提供する病院として、日本肝胆膵外科学会から修練施設Aに認定されています。極めて厳格な認定基準であるため、2015年4月現在、A認定の施設は、京都では当院を含めた、京都大学附属病院・京都府立医大附属病院の3病院だけです。
当科では、京都における肝胆膵外科の中心的な病院として、それぞれの疾患に対してエビデンスに基づいた治療方針アルゴリズムを作成し、方針に従った過不足のない診療を行っています。なお、最近では腹腔鏡による手術も積極的に取り入れており、保険診療内でその適応を広げています。


肝細胞癌
【肝細胞癌】肝臓の細胞にできる癌です
 
当院では肝細胞がんに対して消化器内科が積極的に低侵襲治療を行っているため、基本的には内科的に治療困難な場合に手術になります。
   
腫瘍の個数や部位によっては腹腔鏡による肝切離術を行っています。
   
肝細胞がんの患者さんの多くは肝硬変を患われており、必然的に肝臓の機能が低下しています。そのような患者さんは、たくさんの領域の肝臓を摘出することができません。当科では、術前に肝臓の機能を評価し、患者さんの肝臓の状態に合わせた無理のない手術を行っています。
     
日本肝臓学会で患者さんの肝臓の状態に合わせた治療アルゴリズムが作成されており、当科でもこれを参考に治療方針を決定しています。
   
   
肝細胞癌はB型肝炎、C型肝炎や肝硬変に関連して発症することが多いため、治療方法を選択するときに肝臓の機能(肝障害の程度)が重要になります。そこで、まず肝障害度を評価します。
次に肝細胞癌の進行程度として腫瘍個数や腫瘍の大きさ、脈管侵襲(肝臓の中の血管への癌の広がり)、肝臓以外の臓器への転移を評価します。
肝内胆管癌
【肝内胆管癌】肝臓の胆管細胞に発生する癌です
 
以下の3つのタイプに分かれます
腫瘤形成型:肝内に塊を形成するタイプ。
胆管浸潤型:胆管上皮に沿ってしみこむように広がるタイプ。
胆管内発育型:胆管内に隆起をつくり増殖するタイプ。
     
手術前の精密検査(CT・MRI・FDG-PET・超音波検査など)の結果により、下記のアルゴリズムに従って治療方針を決定しています。
   
手術術式は、腫瘍を含む領域を摘出する比較的大きな肝切除を行う場合がほとんどですが、肝臓の機能によっては小さい範囲の切除を行うこともあります。胆管癌は、進行すると肝臓周囲のリンパ節に転移することが知られているため、リンパ節も同時に摘出します。なお、腫瘍が胆管に伸びて発育している場合は肝切除に胆管切除を付加する手術を行います。  
       
肝内胆管癌は再発しやすい腫瘍であることが知られていますが、現在のところ、術後の抗癌剤治療が有効かどうかの結論は出ていません。そのため、当科では「関西オンコロジーグループ」に所属し、術後化学療法の是非を問う臨床試験に参加し、希望された患者さんに術後抗癌剤治療を行っています。
   
   

 

これらの疾患に関してお悩みの方、相談をしたい方は当科外来
(電話;075-641-9161(代表))
にお気軽にご相談ください。

>>外科のトップページへ