助産学科の概要

妊娠・出産・育児について主体的に取り組めるように、助産師が持つべき診断・実践能力と責任範囲から継続的に支援できる基礎的能力を養います。
看護学科からの内部推薦制度(一定の条件が必要)があります。当校では助産師国家試験受験資格および受胎調節実地指導員認定講習修了の資格を取得できます。

【アドミッションポリシー】(入学者受け入れ方針)

国立病院機構の病院を母体とする本校では、豊かな人間性と倫理観を備え、専門職業人としての責務を自覚し、生涯を通じて自己研鑽できる助産師を育成するために以下の能力を持つ人を求める。

  1. 助産師になる明確な動機と強い意思をもち、論理的思考と優れたコミュニケーション能力を有している人
  2. 看護の基礎的能力を有し、助産の専門的知識と実践能力を身につけるための自己学習能力の高い人
  3. 生命の尊厳に対する感性と倫理観をもち、責任をもった行動のできる人
  4. 感じ・考え・主体的に行動する力をもち、人との協働を通じて学び合うことができる人
  5. 生涯を通じて自己研鑽する姿勢をもち、助産師として国立病院機構及び社会に貢献しうる人

【教育課程編成の基本的な考え方】(カリキュラム・ポリシー)

助産は女性の生涯を通じて、人間の性と生殖に焦点をあて援助する活動である。
助産の対象は、ライフサイクル全ての女性と、妊娠・分娩・産褥・育児期にある女性と子どもおよびその家族である。生殖技術の進展、女性の社会進出とワークライフバランス、青少年の性行動の若年化、高齢・少子化等の社会変化が著しい中、助産師には女性が安心して子供を産み育てられるよう支援することが求められている。妊娠・分娩・育児に対する考え方や次代を育む母子や家族をよく理解し、性に関わる健康支援の担い手として、助産、健康相談・教育・支援活動を根拠に基づき診断を行い、助産師としての責任と倫理観の基に実践できることを強化する内容とする。
助産における実践は、生涯を通じて女性と子ども並びに家族の尊厳と権利を尊重し、対象の有する自然生理的な力を最大限に発揮し、健康的な生活が自律して行えるように関わることである。また、その実践過程においては他職種との連携と協働をすることによって、地域に根ざした母子保健サービスの提供が必要となる。教育の実施においては、看護基礎教育との重複を避け、「性」と「生殖」を中心とした実践から学ぶことに重点をおく。
この考えに基づき、専門的な知識・技術・態度の学習と共に心身を鍛え、積極性、創造性、柔軟性と助産師としての倫理観を養う。更には、和を尊び、感性を磨くことを旨とし、生涯にわたって自己啓発、自己研鑽できる専門性を身につけた職業人としての基盤が培われるように指導を行う。

【ディプロマ・ポリシー】(卒業認定に関する方針)

助産学科では、以下のような能力を身につけ、かつ所定の単位を取得した学生は、卒業(修了)が認定される。(助産師国家試験受験資格を与える)

  1. 助産師としての責務を自覚し、倫理観をもって責任ある行動ができる学生。
  2. 豊かな人間性と、専門知識を活用して分析・判断する力、主体的な行動力を培い、助産師としての基礎的な実践能力を有する学生。
  3. マタニティ・サイクルを中心に、女性の一生のリプロダクティブ・ヘルス/ライツの視点で健康支援できる能力を有する学生。
  4. ハイリスク・高度化する周産期医療の中で、生涯にわたり自己研鑽できる姿勢を有する学生。

教育カリキュラム

専門分野( 2 1 単位)

■ 助産学概論
■ 性と生殖の形態・機能
■ 母子の健康科学
■ 母性の心理・社会学
■ 乳幼児の成長発達
■ 助産学研究
■ 周産期の診断と技法
■ 助産診断・技術学Ⅰ妊娠期
■ 助産診断・技術学Ⅱ分娩期
■ 助産診断・技術学Ⅱ分娩期演習
■ 助産診断・技術学Ⅲ産褥・新生児期
■ 健康教育技法
■ 地域母子保健
■ 助産管理学

臨地実習( 1 1 単位)

■ 助産学実習Ⅰ妊娠期
■ 助産学実習Ⅱ分娩期  (分娩の取扱いを1人10回程度)
■ 助産学実習Ⅲ「産褥・新生児期」
■ 助産学実習Ⅳ「女性のライフサイクル」
■ 健康教育実習
■ 地域母子保健実習

 

教育の特徴 ~実践力が身につく教育方法の取り組み~

助産学科では臨床能力の確実な獲得を目指して、さまざまな教育方法にいち早く取り組んでいます。

取り組み1.助産の臨床推論教育

「分娩期の臨床推論学習プログラム」H24年~
分娩期の助産診断は核となる教育内容です。本校ではオリジナルの「臨床推論学習プログラム」を実施しています。このプログラムでは実習開始までに一定の臨床推論力の獲得を目指します。またグループ学習を通して臨床推論の学び方も身につきます。


分娩期の臨床推論学習プログラム(伊藤2012)

 
第1段階
知識整理
第2段階
臨床思考
第3段階
統合
第4段階
応用
時間
4H
2H
4H
2H
事例
正常分娩
分娩進行が早い
(経産婦の推論)
異常分娩
初産
1回経産
3回経産
初産
前期破水
早期破水
回旋異常
微弱陣痛
推論
初期診断
初期診断
仮説演繹推論
分娩進行
の判断
異常判断
場面
入院場面
電話場面
入院場面
電話~分娩
リアルタイム進行
入院~
分娩遷延
方法
グループ学習
シュミレーション
全体討議

 

<授業風景>

授業風景

<学生の声>

  • グループワークがこんなに楽しいと感じたのは初めて。
  • 内診所見は必ずしも教科書通りじゃない。所見から予測される分娩進行を見極められるようになりたい。
  • 診断の筋道の立て方がわかった。
  • リアルタイムのシミュレーションでイメージしやすくなった。
  • 何をすべきか、どう診断してケアをもっていくかイメージでき、実習への準備に役立った。
  • 助産診断がより正確になった。
  • 入院受入れから分娩まで一連を通してイメージできた。


取り組み2.OSCE:オスキー

OSCEは、判断力・技術力・マナーなど実際の現場で必要とされる臨床技能の習得を、適正に評価する方法として注目され、実習前や卒業前に行う教育機関が増えつつあります。 本校では、実習前に妊婦健診OSCE、卒業前に分娩介助OSCEを実施しています。助産実践能力を育成し、その到達度を教員・学生が相互に評価するOSCEに取組んでいます。

※OSCE:Objective Structure Clinical Examination(客観的臨床能力試験)

実習開始前:「妊婦健診OSCE」 H18年~
産科外来での助産師が行う妊婦健診場面を想定し、臨床推論を組み込んだOSCEを実施しています。模擬妊婦には臨床指導者も参加します。実習開始前の臨床能力を教員・学生相互が形成的に評価し、学校と臨床のシームレスな教育を目ざしています。

<OSCE風景>

OSCE風景

<学生の声>

  • 実施してみて臨床をイメージできてよかった。
  • 臨床の指導者さんの助言もいただいて、妊婦さんへの接し方として気をつけることなどが具体的に理解できた。
  • 大変緊張したが、実際の臨床の緊張感をもって行えたので良い経験になった。
  • 妊婦さんのお腹を触ったことがなく、このまま実習に出るのが不安だったので、やってよかった。


卒業前:「分娩介助OSCE」H19年~
卒業前に行う分娩介助OSCEは産婦の入院から分娩までの一連のケア実践能力の到達度を教員・学生が一緒に評価します。また、就職後の臨床現場を想定し、電話対応や入院の判断、リーダーや医師への報告・連絡・相談などの発展課題にチャレンジします。模擬産婦は学生が自分の実習事例の中から1例を演じます。終了後のリフレクションでは仲間とともに1年間の成長を実感しあい、多くの学びがあります。また、教員も学生の成長した姿から教え方を学ばせられます。

<OSCE風景>

OSCE風景

<学生の声>

  • 自分だったらどう考えるだろうかと思考をめぐらせた。
  • リフレクションで共に1年間歩んできた仲間とともに振り返り指摘したり、気付きあえたことで、自分たちもこれだけディスカッションできるようになったのだと嬉しくなった。
  • 5例目を経験したぐらいにこの演習があればその後の分娩実習もより学びが深まると思った。
  • 10例しか介助していないが今回のOSCEを通して11例目を経験したように感じ、私にとって大切な1例として心に残った。
  • 自己の助産観を感じられる演習となった。それがよかった。


平成29年度 学校評価結果

学校評価の実施

当校では、教育活動の質の向上をはかり、地域社会及び学生から寄せられる期待に応えるために、平成19年から自己点検・自己評価を実施しています。評価表は27年度に見直しを行い、13領域、110項目について、より客観性のあるフィードバックが得られるように改訂しました。
平成29年度は国立病院機構近畿グループ5校の副学校長・教育主事・教員による学校相互評価を実施し、更なる教育の充実を目指しています。

助産師自己評価結果

評価項目
評価の視点
H29年度
H28年度
教育理念・目的 学校の教育理念・教育目的は明文化され、教職員および学生に浸透し、卒業時点での学生像に反映されているかについて評価します。
2.8
2.5
教育目標 教育理念・目的・教育目標の一貫性および卒後教育との継続性を考慮した目標設定であり、教員・学生が共有できているかについて評価します。
2.7
2.5
教育課程 教育課程の編成について独自性、整合性、ニーズへの対応などの観点から科目が挙げられているか、講義・実習の内容に妥当性があり、教育の質向上のために工夫し、計画的に進められているかについて評価します。
2.8
2.8
教育課程評価 自己および学生による授業評価の実施と改善の取り組み状況について評価します。
3.0
2.8
学校組織 学校の組織体制について人員配置および意思決定システムが適正であるかと防災対策や個人情報保護について評価します。
2.9
2.9
入学生の受け入れ 自校の教育理念に基づいた入学選抜試験の適正な運用と実施状況の分析、検証状況について評価します。
3.0
2.8
学校生活支援 学生の生活支援体制について、健康管理、プライバシー保持、自治会活動、関係者との調整の観点から整備されているかについて評価します。
3.0
3.0
卒業生の進路 卒業時の到達状況、進路、国家試験の合格状況を分析し、教育活動に生かしているかについて評価します。
3.0
2.7
教員の研究活動 教員の研究活動の実施状況および支援体制について評価します。
3.0
2.0
社会への貢献・公開講座 公開講座やボランティア等、地域社会のニーズをふまえた社会貢献、近隣関連施設との情報交換等、地域との交流状況、また、国際的視野をふまえた教育体制等について評価します。
2.9
2.9
ⅩⅠ
教育環境 施設設備などの学習環境の整備状況について評価します。
2.7
2.6
ⅩⅡ
学校経営・管理過程 教育活動について将来構想をもとに計画的に管理・運営しているかについて評価します。
2.3
2.3
ⅩⅢ
学校評価システム 自己点検・自己評価システムの整備状況や運用について評価します。
2.8
2.6
全   体   平    均
2.8
2.6


オープンキャンパス

卒業後の進路

卒業後の方へ

アクセス・お問い合わせ

MAP

● 京阪本線「藤森」駅下車
  徒歩8分
  >> 詳しくはこちら
● JR「京都」駅からJR奈良線
  「JR藤森」駅下車徒歩12分
  >> 詳しくはこちら
● JR東海道新幹線または
  東海道本線「京都駅」下車、
  近鉄電車に乗り換え
  近鉄京都線「丹波橋」駅下車
  京阪本線に乗り換え「藤森」
  駅下車徒歩8分

独立行政法人国立病院機構
京都医療センター附属
京都看護助産学校
〒612-8555
京都市伏見区深草向畑町1-1
TEL:075-641-9191(直通)

お問い合わせ

 

ページの先頭へ