学校長挨拶

学校からのメッセージ

看護師・助産師を目指すみなさんへー
看護は、「自分自身はけっして感じたことのない他人の感情のただなかへ自己を投入する能力を、これほど必要とする仕事はほかに存在しない」とナイチンゲールが述べているように、他人の痛み、苦しみ、悲しみ、喜びといった多種多様な感情に向き合い理解する力が求められます。
それまで考えた事のないような幅広く深い知識と自身の身体を使って他人を援助するという確実な技術を身につけなければなりません。学生として学ぶ期間が、より豊かで充実した学びの時間となるよう、学校職員・講師・臨地実習の指導者、みんなが連携を取り合い学生の皆さんを支援していきます。

 

学校の沿革

沿革

 本校は、厚生省(現厚生労働省)所管のもと昭和24年4月に国立京都病院に附属高等看護学院として1学年定員30名で開設。学校創設にあたっては、アメリカのビリーハーター女史の直接指導をうけて開校。
 昭和44年4月に助産婦科(定員35名)新設に伴い国立京都病院附属看護助産学院と名称変更。
 平成16年4月には、国立療養所宇多野病院附属看護学校と国立療養所南京都病院附属看護学校と統合、看護学科1学年定員80名の大型校となり、校舎も助産学科との教育ゾーンへと新築・移転。また設置主体が厚生労働省から独立行政法人国立病院機構に移管され、名称は独立行政法人国立病院機構京都医療センター附属京都看護助産学校に変更。
 創設以来の伝統を引き継ぎ、なお新しいカリキュラムを開拓しつつ看護専門職業人として社会に貢献できる有能な人材育成を目指している。

昭和24年4月1日     国立京都病院附属高等看護学院として開設
1学年定員30名 総定員90名
昭和43年4月1日 1学年定員50名 総定員150名
昭和44年4月1日 助産婦科の附設
1学年定員35名 総定員35名
国立京都病院附属高等看護助産学院に名称変更
昭和50年4月1日 国立京都病院附属看護助産学校に名称変更
昭和51年4月1日 専修学校(専門課程)に認定
平成16年4月1日 国立療養所宇多野病院附属看護学校(3年課程)と
国立療養所南京都病院附属看護学校(2年課程)と3校が統合、
大型校となり独立行政法人国立病院機構京都医療センター附属京都看護助産学校に
名称変更
看護学科 1学年定員80名 総定員240名
助産学科 1学年定員35名 総定員 35名
平成27年4月1日 助産学科定員 25名 総定員 25名
卒業生数(平成29年 3月31日)
     看護学科(1回生~53回生)… 1,968名
(1回生~13回生)…    970名(統合後)
助産学科(1回生~48回生)… 1,399名

当校の紹介

 国立病院機構は全国に143の病院を持つ日本最大の医療ネットワークです。京都医療センターは高度急性期総合医療施設として幅広い機能と役割を担う施設であり、病院と学校は密接に連携をとり教育活動を行なっています。
  国民にとって健康で文化的な生活ができることは、国の基盤であり病気や外傷の時には安心して充分な医療を受けられることが願いです。看護職は人の命に向き合い、専門的な知識と技術で患者さんを支援する存在です。
  本校では、看護師、助産師としての知識・技術を修得することはもとより、我が国の医療問題を考え、仲間と共にその改善を目指すような医療人に育ってほしいと期待し、育成に努めています。

 

 

オープンキャンパス

卒業後の進路

卒業後の方へ

アクセス・お問い合わせ

MAP

● 京阪本線「藤森」駅下車
  徒歩8分
  >> 詳しくはこちら
● JR「京都」駅からJR奈良線
  「JR藤森」駅下車徒歩12分
  >> 詳しくはこちら
● JR東海道新幹線または
  東海道本線「京都駅」下車、
  近鉄電車に乗り換え
  近鉄京都線「丹波橋」駅下車
  京阪本線に乗り換え「藤森」
  駅下車徒歩8分

独立行政法人国立病院機構
京都医療センター附属
京都看護助産学校
〒612-8555
京都市伏見区深草向畑町1-1
TEL:075-641-9191(直通)

お問い合わせ

 

ページの先頭へ