国立病院総合医学会





リハビリテーション科

リハビリテーション医学について

リハビリテーション医学は活動(生活)を診る医学です。
疾患によって生じた障害を医師が診察して、障害の種類や程度に応じて専門の知識と技術を有した療法士(理学療法士作業療法士言語聴覚士)が介入します。

当院でのリハビリテーション

当院は地域の急性期病院としての重責を担っていますので特に救命センターにおける急性期のリハビリテーションに力を入れています。
またチーム医療にも力を入れており、各診療科のカンファレンスやクリティカルパス委員会、呼吸サポートチームなどに専門的知識を有するリハビリテーションスタッフが参加し他職種と連携を図っています。
病状が安定した脳卒中や大腿骨頚部骨折等の患者さまは地域連携パスを用いて回復期リハビリテーション病院へ円滑に移行し安心してリハビリテーションに専念できるよう支援しています。その他の疾患の方々においても、他施設との連携を密にし情報提供を行っています。

また在宅復帰される患者さまに対しては、ご本人の生活活動度を評価してそれにみあった住宅改修の提案、装具・自助具の選定なども行っております。

施設基準と対象疾患

現在、以下の5つの施設基準を取得し各疾患に特化してリハビリテーションを行っています。

取得施設基準 対象疾患
脳血管等リハビリテーション

 脳梗塞、脳出血等の脳血管疾患
 脳膿瘍、脊髄損傷等の中枢神経疾患

 末梢神経疾患および慢性の神経筋疾患等
運動器リハビリテーション  骨折、変形性関節症の術後、靱帯損傷等の骨、関節疾患
呼吸器リハビリテーション

 慢性閉塞性肺疾患、肺炎等

 がんの手術前後で呼吸器機能訓練をようするもの
心大血管リハビリテーション  急性心筋梗塞、狭心症、心不全、大血管疾患、開胸術後、閉塞性動脈硬化症
がんリハビリテーション

 胃がん、大腸癌等の消化器系がん
 血液腫瘍、骨軟部腫瘍

 頭頚部癌、乳がん



スタッフ

医師: 山田茂 医長 日本整形外科学会整形外科専門医、運動器リハビリテーション医、京都大学医学博士
  中島康代 医長 日本内科学会総合内科専門医、日本循環器学会循環器専門医、日本リハビリテーション学会リハビリテーション認定医、心臓リハビリテーション学会認定指導士、京都大学医学博士
  井村美紀 医師 日本リハビリテーション学会リハビリテーション認定医、日本医師会認定スポーツ医、京都府地域リハビリテーション認定医

理学療法士:12名
作業療法士:5名
言語聴覚士:3名

理学療法(Physical Therapy)

理学療法とは病気、けが、高齢、障害などによって運動機能(関節可動域や筋力、バランスなど)や基本的動作能力(寝返る、起き上がる、座る、立つ、歩く)が低下した状態にある人々に対し能力の維持、回復を目的に、運動、温熱、電気、水、光線などの物理的手段を用いて、自立した日常生活が送れるように支援していきます。



診療内容

リハビリテーション科医師の指示のもと、中枢神経疾患・運動器疾患・心疾患・呼吸器疾患・内科疾患・がんなどに対して、入院後早期より理学療法を開始し、立ち上がりや歩行能力の獲得を行うことによって、早期退院および社会復帰を目指します。救命病棟や集中治療室に入院されている重症な方であっても、早期離床を行うことによって、寝たきりや体力の低下を予防します。 中枢神経や運動器の疾患、がんなどで手術を受けられる場合、術後合併症を防ぐため、術前から呼吸法や動作指導を行います。術後は、翌日もしくは翌々日にベットサイドから開始し、状態に応じた理学療法を提供します。 呼吸器疾患の方に対しては、血圧や心拍数などのバイタルチェックを行いながら、筋力強化トレーニングや、歩行の指導、在宅酸素導入に向けたサポートなどを行います。 心疾患の方に対しては脈拍、血圧など身体の状態に注意しながら、医師・看護師と協同で、持久力の評価や、有酸素運動、生活指導を実施していきます。



主な理学療法対象疾患

・中枢神経疾患
  脳卒中、頭部外傷、脳腫瘍、パーキンソン病など
・運動器疾患
  骨折、骨腫瘍、椎間板ヘルニア、腰椎すべり症、四肢切断など
・心疾患
  心不全、心筋梗塞、狭心症、開心術後など
・呼吸器疾患
  慢性閉塞性肺疾患、肺炎、肺がん、外科術後など
・がん疾患
  頭頚部がん、乳がん、肝臓がん、膵臓がん、大腸がんなど



作業療法(Occupational therapy)

作業療法では、基本的な運動能力から、応用動作能力(食事やトイレ、家事など日常で必要となる能力)また社会適応能力(地域活動への参加、就労・就学)まで3つの能力を作業活動を用いて維持・改善し「その人らしい」生活の獲得を支援していきます。



診療内容

全身状態のリスク管理を行いながら発症早期より作業療法を実施しています。
主に急性期・亜急性期の中枢神経疾患や運動器疾患・呼吸器疾患、がんなどに対して、身体機能面・高次脳機能面・心理面や日常生活活動面・職業復帰に向けた作業療法を行います。
中枢神経疾患の方には発症後早期より、作業療法を開始し、食事動作・排泄動作などの獲得を目指していきます。
呼吸器疾患の方には、呼吸苦の出にくい日常生活動作の獲得、適した酸素流量の評価を実施しています。
運動器疾患の方には痛みの出にくい日常生活動作の獲得や、股関節の手術後には術式による脱臼リスクを考慮した、日常生活動作指導を実施しています。 スタッフ全員ががんのリハビリテーション研修を修了しており、作業療法を通して、日常生活動作や生活の質(QOL)の維持・向上に重点をおきながら在宅復帰をサポートしていきます。 みなさまの大切な趣味・余暇を取り入れた「活動」を通して、生活の質(QOL)の向上にも取り組んでいます。



主な作業療法対象疾患

・中枢神経疾患
  脳卒中・頭部外傷・脳腫瘍・高次脳機能障害・パーキンソン病など
・運動器疾患
  骨折・骨腫瘍・頸椎症・脊柱管狭窄症・四肢切断・人工股関節全置換術など
・呼吸器疾患
  慢性閉塞性肺疾患・間質性肺炎・誤嚥性肺炎など
・がん
  頭頚部がん・乳がん・肝臓がん・膵臓がん・大腸がんなど

言語聴覚療法(Speech therapy)

言語聴覚療法とは医療・介護・福祉・学校教育の分野において発声発語機能、言語機能、聴覚機能、高次脳機能、摂食嚥下機能など主としてコミュニケーション機能に障害のある方に対して言語聴覚士が検査・訓練および助言、指導、その他の援助等の専門的関わりにより対象者の機能の獲得や維持・向上を図り、生活の質の向上を支援しています。



診療内容

言葉の障害、飲み込み(嚥下)の障害に対して専門サービスを提供し、対象の方にあわせた生活が構築できるように支援しています。
言葉によるコミュニケーションの問題は、脳卒中後の失語症、高次脳機能障害(自分の意思で顔や手足を上手く動かせなくなる失行・目は見えるが空間を認識できない空間失認・手順を考えて行うことが難しくなる遂行機能障害・記憶障害等)、構音障害、聴覚障害、神経疾患などによる声や発音の障害など多岐に渡り、小児から高齢者まで幅広く現れます。また、嚥下の問題は脳卒中などの原因疾患によるもののみではなく、加齢に伴う摂食嚥下機能の低下(固形物を噛む、舌で送り込む、飲み込むなど「食べる力」の衰え)によるものがあります。
言語聴覚療法では、失語症に対しては絵カード等を使用し、日常会話理解力の改善や意思表出手段の再獲得、発音の障害に対しては、口の動きの向上や、発音訓練を通じてはっきり話せるように訓練を行います。
高次脳機能障害の方に対しては、症状に合わせた訓練を実施し日常生活が円滑に送れるように支援します。
嚥下障害の方に対しては口腔の動き・喉の動きの改善、食事形態の調整をし安全に食べられる事を目標にリハビリを実施しています。嚥下機能に何らかの問題が疑われる方に対し必要に応じて嚥下造影検査や内視鏡検査を実施しています。



主な言語聴覚療法対象疾患

・脳梗塞、脳出血、くも膜下出血、頭部外傷など等の脳血管障害
・脳膿瘍、脊髄損傷等の中枢神経疾患
・末梢神経疾患および慢性の神経筋疾患
・舌がん、口腔底がん、中咽頭がんなどのがん疾患