国立病院総合医学会





総合内科・総合診療科

  診療実績 ジェネラリズム

診療のモットー

  1. 診断、治療にあたっては、その根拠を患者さんに明示します
  2. 必要に応じ、院内の各診療科と速やかに相談し、連携して治療を行います
  3. 地域医療との連携を密にし、最善の医療を提案できるよう、各科への懸け橋としての役割を果たします
  4. 薬物治療だけでなく、予防医学や生活習慣の改善も重視します

当科の特色

主疾患・病変臓器のみにとらわれず、常に精神心理・社会的背景を含めた全身に気を配って診療を行っています。
必要があれば、精神科や心療内科をご紹介いたします。

診療内容

プライマリ・ケア(患者さんが最初に訪れる診療科で、幅広い健康上の問題に対応します)を重視して、あらゆる種類の症状を受け入れています。

次のような症状・訴えを持った方で、受診する科がはっきりしない方は、当科をまず受診して下さい。

発熱、全身倦怠感、各種痛み(頭痛、咽頭痛、胸痛、腹痛、背部痛、四肢痛)、めまい、むくみ、食欲不振、体重減少、リンパ節腫脹、検診結果異常

その結果、次のような疾患群を主に扱っています。

    感染症(急性上下気道感染症、消化管感染症、尿路感染症な
非感染性炎症疾患(リウマチ性多発筋痛症など)
膠原病・自己免疫疾患
薬剤誘発性疾患
成人慢性疾患(高血圧、高脂血症、糖尿病、肺疾患、骨粗鬆症など)
血液・リンパ系疾患
臓器感染症(肺炎、腎盂腎炎、骨髄炎、髄膜炎など)
原因不明の症状(意識障害、失神、長期の発熱など)

※当院は急性期を主体としており、安定した慢性疾患の患者さんはお近くの医療機関をご紹介しています。

スタッフ紹介


診療部長
(内科系診療部長)
教育研修部長
こやま ひろし
小山 弘

◆専門分野・得意疾患
内科一般、内科診断学、医学教育、臨床疫学
◆認定・専門医等  
日本内科学会総合内科専門医
医療系大学間共用試験実施評価機構医学系OSCE実施小委員会委員
日本内科学会専門医部会教育担当
京都府医師会臨床研修のあり方に関する検討委員会副委員長
独立行政法人国立病院機構医師育成・教育委員会委員
京都府地域医療支援センター運営会議委員
京都大学医学部臨床教授


京都大学博士(医学)



総合内科医長
感染制御副部長
おだがき たかお
小田垣 孝雄

◆専門分野・得意疾患
内科一般、感染制御、救急蘇生法教育
◆認定・専門医等
日本内科学会総合内科専門医
日本化学療法学会抗菌化学療法認定医
Infection Control Doctor
日本医師会認定産業医
AHA ACLS コース・ディレクター
日本内科学会JMECC インストラクター
日本救急医学会ICLS コース・ディレクター


医師
ごとう まさし
後藤 雅史

◆専門分野・得意疾患
内科一般、臨床疫学
◆認定・専門医等
日本内科学会認定内科医
日本内科学会総合内科専門医
医学博士
公衆衛生学修士


※外来日は外来担当表をご覧ください。


診療実績/教育・研究活動

●診療実績とこれまでの教育・研究活動の一覧は、

→こちらのページををご覧ください。