産婦人科このページを印刷する - 産婦人科

 

お産予約について(お知らせ)

○当院で出産を希望される方は、電話での予約を受け付けます。他の医療機関を受診されている方は、検査結果及び紹介状をご持参下さい。

○現在、遠隔地にお住まいで、里帰り出産や転居などを予定されている場合も、電話による分娩予約が可能です。
 
〇はじめて来院される場合には、月曜日~金曜日8:30~11:00に受付をお願いいたします。その後の受診につきましては、予約制となります。

〇ご不明な点につきましては、月曜日~金曜日14:00~16:00に、産婦人科外来まで電話にてお問い合わせ下さい。

 
産科病棟の様子はコチラから 
 

 分娩予約状況については、次の通りです。

 


 

年   月
分 娩 予 約
備   考
平成29年 12月  
平成30年   1月  
   〃  2月  
   〃  3月  
   〃    4月  
   〃    5月  
   〃    6月  
   〃    7月  
   〃  8月  

※ 予約受付は、定員に達した時点で終了させて頂きますので、予めご了承ください。



【当院おけるNIPT(non invasive prenatal genetic testing)のご紹介】
               ~母体血を用いた胎児染色体検査~

 
当院は日本医学会の審査をへてNIPT 実施施設に認定されております。
山梨県内で妊娠管理と分娩を予定されている妊婦様で、当院にてNIPTを希望される方は、以下をよくお読みの上で、まずは遺伝カウンセリング外来の予約をお願いいたします。
 
〇現在、NIPTは臨床研究として行われております。
〇NIPTは、胎児の染色体異常に対する確定診断ではありません。
〇検査目標は胎児のダウン症候群と13トリソミー、18トリソミーのみです。
〇検査を受けるには条件があります。35歳以上もしくは上記3疾患の、妊娠既往もしくは胎児の罹患の可能性が高いと指摘されている方が対象となります。
〇費用は、NIPTの検査料21万円と、それ加えてカウンセリング料などが数万円かかります。(詳細は下記をご覧ください)超音波検査は別料金になります。
〇当院ではNIPTの採血は、妊娠13週頃に行います。検査の前後に遺伝カウンセリング(ご夫婦そろって月曜の午後のみ)を受けていただきます。
〇当院にて、NIPTが可能な妊婦さまは、山梨県内の医院・病院で妊婦健診を受け、山梨県内の医院・病院でお産を予定されている方のみです。
 
検査内容の詳細はNIPTコンソージアムのホームページ(http://www.nipt.jp/)をご参照ください。
 
 
NIPTのしくみ
妊娠中、お母さんの血液の中には、赤ちゃんの胎盤に由来するDNAが混入しています。お母さんの血液中に遊離しているDNA(cell-free DNA) のうち10~20%が赤ちゃんに由来します。このcell-free DNA ひとつひとつの塩基配列(DNAの並び順)を解析することにより、何番の染色体から由来したものかが決定します。各染色体由来のcell-free DNAの数をカウントします。
Cell-free DNA の割合は、それぞれの染色体の長さに比例します。もしどれか一つの染色体の数が多ければ、その染色体由来のcell-free DNA の割合が理論値より増加することになります。このcell-free DNA の性質を利用して胎児染色体異常の可能性を検査します。
すなわち、この検査の結果は確定診断ではありません。NIPTで陽性(染色体異常が疑われる)と結果が出た場合は、羊水穿刺などによる侵襲的検査が必要となります。
 
NIPTは、臨床研究「母体血中cell-free DNAを用いた無侵襲的出生前遺伝学検査の臨床研究」として遺伝カウンセリングおよび説明と同意(informed consent)のもとで行われます。
したがって、本検査を受けるためには、ご本人およびご主人の同意のもと臨床研究に参加していただく必要があります。
 
NIPTには条件があります。以下のいずれかの要綱に当てはまる妊婦さまに限られます。
1、分娩予定日に35歳以上である。
2、ダウン症候群、18トリソミー、13トリソミーを有する児の妊娠既往がある。
3、妊娠中の胎児が上記3疾患をもつ可能性が指摘されている。
 
当院における検査日程および費用はだいたい以下のようになります。
1、妊娠12週までに遺伝カウンセリングを行います。費用は約1万円
2、妊娠13週頃、NIPT採血を行います。費用約21万円
3、妊娠15週頃、2回目の遺伝カウンセリングと結果報告を行います。費用約5千円
検査結果が陰性であればここで終了です。陽性の場合は4以下に進みます。
4、妊娠16週頃、羊水穿刺による胎児染色体検査施行いたします。費用約1万5千円、
5、妊娠18週頃、染色体検査の結果報告とカウンセリングを行います。費用約5千円
注)羊水穿刺による染色体検査のみの場合は当院では約9万5千円かかりますが、NIPT陽性の方の場合は、採血時の21万円に羊水穿刺の染色体検査料も含まれているため、羊水穿刺は手技料の1万5千円のみで行えます。
 
遺伝カウンセリングは、ご夫婦で一緒に受けていただきます。
胎児の超音波検査は必要に応じて行いますが、別料金になります。
必要やご要望があれば、上記以外にも遺伝カウンセリングを行います。
 
 
<予約方法、>
まず、月曜午後の遺伝カウンセリング外来を予約していただきます。
カウンセリングはご夫婦そろっての受診が必要です。
カウンセリングの後にNIPTの採血日を決定いたします。
 
遺伝カウンセリング外来の予約には以下の2通りの方法があります。
1、当院にて分娩を考えておられる患者様の場合
妊娠11週までに当院の一般産婦人科外来を受診いただき、外来医師もしくは看護師にNIPT希望と伝えてください。遺伝カウンセリング外来を予約いたします。
 
2、山梨県内の他の医院・病院で妊婦健診と分娩を考えておられる患者様の場合
妊娠11週までに下記の電話番号にお電話いただき、遺伝カウンセリング外来を予約してください。カウンセリング受診時には次の3つの書類が必要となります。
①    現在受診されている産婦人科の先生よりの「紹介状」(簡単なもので構いません)
②    「母体胎児染色体検査(NIPT)に対する診療情報提供書」
③    「母体胎児染色体検査(NIPT)に対する診療情報提供書作成にあたり(確認書)」
現在通院中の産婦人科の先生に記載していたくことになります。主治医の先生によくご相談ください。
(➁と③の書式はこのホームページからダウンロードできます)
書類に不備がありますと、例え予約が入っていてもNIPTを受けることができませんのでご注意ください。
                                                                                                   
電話番号:055-253-6131(代表)、
国立病院機構甲府病院
交換手にNIPT予約目的と告げて、電話を産婦人科外来へ転送してもらってください。
お電話の時間は、平日の14時から15に限らせていただきます。
電話での検査内容等へのご質問にはご返答できません。
(緊急対応の電話も同じ産婦人科外来にかかってきます)


スタッフ

 
滝澤 基(たきざわ もとい)
外科系診療部長
産婦人科部長
平成元年 山梨大学卒、医学博士

資格(所属学会・認定医・専門医等)
         
山梨大学医学部臨床教授
    産婦人科専門医・同指導医
     (日本産科婦人科学会認定)
    周産期(母体胎児)専門医・同指導医
     (日本周産期新生児学会認定)
    臨床遺伝専門医
     (日本人類遺伝学会・日本遺伝
    カウンセリング学会認定)
    母体保護法指定医
    日本産婦人科内視鏡学会所属


専門分野
産婦人科
 
滝澤
雨宮 厚仁(あめみや あつひと) 
産婦人科医長
平成3年 山梨大学卒

専門分野
周産期医学、胎児診断
雨宮
朝田 嘉一(あさだ よしかず)
産婦人科医師
平成16年 山梨大学卒

専門分野
産婦人科
 
朝田医師
岩佐 加波(いわさ かなみ)
産婦人科医師
平成20年 山形大学卒

専門分野
産婦人科
岩佐医師

 
診療実績


 

分娩件数

帝王切開件数

母体搬送

平成27年4月

42

9

1

5月

42

5

0

6月

41

6

1

7月

40

12

0

8月

51

14

0

9月

46

12

1

10月

42

10

0

11月

41

12

0

12月

37

10

0

平成28年1月

47

12

2

2月

45

7

1

3月

36

2

0

510

111

6