脳神経外科このページを印刷する - 脳神経外科

 脳神経外科疾患一般に対応しています。平成20年4月からは「もの忘れ外来」も行っています。認知症は、早期診断、早期治療が大事です。また、脳ドックも行っており、脳梗塞、脳動脈瘤、脳腫瘍、その他の脳疾患の早期発見の役割を果たしています。

対応可能検査:
 CT、MRI、脳波、頸動脈エコー
 脳血流シンチ(SPECT)
 DATscan(レビー小体型認知症疑いの場合)

<外来案内>
外来:月曜日から金曜日の週5日午前中外来を開いています。
   金曜日は山梨大学脳神経外科医師の診察です。

脳ドック: MRI, MRA(頭部、頸部)検査を行います。
      毎週月、火曜日午後:予約制です
     脳ドックのご案内はこちらから

もの忘れ外来:月曜日~木曜日:予約無しでも受け付けます。
 受診時に問診(日常生活活動状況等)を行い、頭部MRI又はCT検査、神経心理検査、血液検査(甲状腺ホルモン、ビタミンB12など)を行います。認知症の疑いがある場合は、さらに脳血流シンチ(SPECT)検査やDATscan検査を行い、認知症のタイプ診断を行います。
     もの忘れ外来のお知らせはこちらから

担当医師:長沼 博文
 プロフィール:
  資格:脳神経外科専門医(昭和58年取得)
     認知症専門医(平成28年取得)
  経歴:昭和52年 群馬大学医学部卒
     昭和59年~61年 山梨県立中央病院脳神経外科医長
     昭和61年 山梨医科大学脳神経外科 助手
     平成3年 山梨医科大学脳神経外科 講師
     平成10年 山梨医科大学脳神経外科 助教授
     平成17年8月 国立病院機構甲府病院へ赴任(院長)
               平成29年4月    国立病院機構甲府病院 名誉院長

もの忘れ外来実績:
脳神経外科1 
脳神経外科2
脳神経外科3
脳神経外科4

学会発表、論文
学会発表
1.第35回山梨総合医学会 H21.3.8 山梨県医師会館
  演題:認知症におけるSPECT検査での血流低下領域パターンの検討
  発表者:長沼 博文
2.第28回日本認知症学会学術集会H21.11
  演題:認知症におけるSPECT検査での血流低下領域パターンと神経心理検査との相関の検討
  発表者:長沼 博文
3.第36回山梨総合医学会 H22 山梨県医師会館
  演題:認知症におけるSPECT検査での血流低下領域パターンと神経心理検査との相関の検討
  発表者:長沼博文、小宮優、小宮桂治
4.第29回日本認知症学会学術集会 H22.11
  演題:認知症患者における日常生活スクリーニングと神経心理検査との相関の検討
  発表者:小宮桂治、山口晴保、長沼博文
5.第37回山梨総合医学会 H23.3.13 山梨県医師会館
  演題:認知症患者長期追跡例の検討
  発表者:長沼博文、小宮優、小宮桂治
6.第393回山梨神経の会   平成23年6月22日(水)
  場所:山梨県立中央病院 2Fカンファレンス室
  演題:トピラマートが有効であった側頭葉てんかんと考えられる一例
  発表者:長沼 博文
7.第30回日本認知症学会学術集会 H23.11
  演題:認知症患者における帯状回前半部の血流低下とStroop testとの相関
  発表者:長沼博文、小宮桂治
8.第38回山梨総合医学会 H24.3.11 流通会館
  演題:認知症患者における帯状回前半部の血流低下とStroop testとの相関
  発表者:長沼博文、小宮優、小宮桂治
9.第31回日本認知症学会学術集会 H24.10
  演題:HDS-R21点以上の症例の認知症診断と治療
  発表者:長沼博文、小宮桂治
10. 第39回山梨総合医学会 H25.3.11 流通会館
  演題名:認知症の早期診断と治療介入
  発表者:長沼博文、小宮優、小宮桂治
11. 第40回山梨総合医学会 H26.3.9 流通会館
  演題名:早期アルツハイマー型認知症に対する診断と治療
  発表者:長沼博文、小宮優、小池京子、桒原拓朗、小宮桂治
12. 第33回日本認知症学会学術集会H26.11
  演題名:早期アルツハイマー型認知症に対する診断と治療
  発表者:長沼博文、小宮優、小池京子、桒原拓朗、小宮桂治
13. 第41回山梨総合医学会 H27.3. 流通会館
  演題名:primary progressive aphasiaのlogopenic variantの6例
  発表者:長沼博文、小宮優、小池京子、桒原拓朗、小宮桂治
14. 第34回日本認知症学会学術集会H27.10
  演題名:primary progressive aphasiaのlogopenic variantの8例
  発表者:長沼博文、小池京子、桒原拓朗、小宮桂治
15. 第42回山梨総合医学会 H28.3. 流通会館
  演題名:三宅式記銘力検査とVSRADとの相関
  発表者:長沼博文、小宮桂治、小池京子

論文
1. Satoh E, Mabuchi T, .., Naganuma H. Reduced expression of the transporter associated with antigen processing 1 molecule in malingnant glioma cells, and its restoration by interferon-gamma and beta. J Neurosurg 104:264-271, 2006.
2. Zhang L, Sato E, Naganuma H. Participation of an abnormality in the transforming growth factor-beta signaling pathway in resistance of malignant glioma cells to growth inhibition induced by that factor. J Neurosurg 105:119-128, 2006.
3. Watanabe A, Mabuchi T, Naganuma H. Expression of sundecans, a heparan sulfate proteoglycan, in malignant gliomas: participation of nuclear factor-kappaB in upregulation of syndecan-1 expression. J Neurooncol 77:25-32, 2006
4. Nagasaka M, Naganuma H, Satoh E. Growth potential of orbital cavernous hemangioma suggested by vascular endothelial growth factor and its receptor FLK-1. Neurol Med Chir (Tokyo) 47:5-10, 2007
5. Kawataki T, Yamane T, Naganuma H, Patarroyo M, et al. Laminin isoforms and their integrin receptors in glioma cell migration and invasiveness: Evidence for a role of alpha5-laminin(s) and alpha3beta1 integrin. Exp Cell Res 313:3819-3831,2007
6. 長沼博文、小宮優、小宮桂治。認知症におけるSPECT検査での血流低下領域パターンと神経心理検査との相関の検討。山梨医学 38:168-172, 2010
7. 長沼博文、小宮優、小宮桂治。認知症患者における帯状回前半部の血流低下とStroop testとの相関。山梨医学 40:50-53, 2012
8. 長沼博文、小宮優、小宮桂治。認知症の早期診断と治療介入。山梨医学 41:57-59, 2013
9. Komiya K, Sasaki Y, Horikoshi T, Naganuma H. Recovery process and prognosis of aphasic patients with left putaminal hemorrhage: Relationship between hematoma type and language modalities. J Stroke Cerebrovascular Dis 22:132-142, 2013
10. 長沼博文、小宮優、小池京子、小宮桂治。早期アルツハイマー型認知症に対する診断と治療。山梨医学 42:41-44, 2015
11. 長沼博文、小宮優、小池京子、小宮桂治。Primary progressive aphasiaのlogopenic variantの6例。山梨医学 43:47-50, 2016