整形外科このページを印刷する - 整形外科


 
ph1
概要 
整形外科では、骨折、捻挫などの外傷はもとより、四肢の関節、靭帯、腱などの運動器の疾患を扱っています。

また2007年6月からスポーツ・膝疾患治療センターを開設し、スポーツが原因の傷害(ケガ)、特に膝関節疾患の治療を積極的におこなっています。
 
診療方針
患者の皆様とのコミュニケーションを大切にし、お互いの理解を深め、早期社会復帰を目標に、体に優しい治療を目指しています。

対象疾患
1. 外傷一般
 骨折・脱臼一般、捻挫、打撲
2. スポーツ整形外科
 膝関節靭帯損傷、半月板損傷、足関節靭帯損傷、離断性骨軟骨炎
3. 小児整形疾患
 先天性股関節脱臼、ペルテス病、大腿骨頭すべり症、先天性内反足
4. 関節・リウマチ疾患
 変形性股関節症、変形性膝関節症、関節リウマチ、肩関節周囲炎
5. 骨代謝・骨系統疾患
 骨粗しょう症、痛風、結晶性関節炎
6. 脊椎・脊髄疾患
 腰椎椎間板ヘルニア、変形性脊椎症、脊柱管狭窄症
7. 手の外科、足の外科
 手根管症候群、腱鞘炎

 
外来外観
 外来診療案内
月曜から金曜日(土日・祝日を除く平日)の午前中外来診療を行っています。
再診予約表に記入してある時間は、再診時間の目安となっておりますが、その日の混み具合や救急患者対応などにより待ち時間が長くかかる場合があります。大変にご迷惑をおかけしますが、ご理解よろしくお願いいたします。外来担当医は外来担当医表をご覧ください。
 
 
整形スタッフ
特徴
1. 膝関節鏡視下(内視鏡)手術
スポーツ・膝疾患治療センターにおいて膝のスポーツ外傷を中心にした膝関節傷害に対して関節鏡(内視鏡)を用いた治療を行っています。スポーツ種目はバスケットボール、ラグビー、サッカーなどの球技から柔道、スキーなど様々で、特に(1)膝十字靭帯や側副靭帯損傷に対する靱帯再建術、(2)半月板損傷に対する鏡視下半月縫合術、切除術(3)関節軟骨損傷に対する鏡視下骨穿孔術(ドリリング)、骨軟骨移植術など関節鏡による体に優しい手術を行っています。山梨県下には膝関節外傷専門、特に靭帯再建術を積極的に行っている病院はないため、紹介患者数も多く、概ね良好な成績を上げています。

 
手術風景
2. 整形外科外傷
スポーツ外傷のほか交通事故や労災事故、高齢者の骨折などの整形外科外傷を積極的に受け入れ、その治療を行っています。四肢のあらゆる骨折、脱臼に対応可能で、手術適応のある患者には創外固定器を利用するなど最小侵襲での手術を施行し成果を上げています。また頻度の高い高齢者の大腿骨近位部骨折においては、小切開での手術に取り組み、早期離床、リハビリテーションにより早期退院、寝たきりの予防に力を入れています。
 

3.手外科疾患
肘から指先までの外傷、しびれや麻痺、変形に対する治療、マイクロサージャリー技術を使った再接着や移植などを含む機能再建を行います。手外科疾患の治療を専門とする佐藤信隆医師、斉藤正憲医師の2人が当院に赴任し、2018年4月より「手外科専門外来」を開設しました。腱鞘炎・手根管症候群・手指の骨折といったよくある疾患から、マイクロサージャリー技術を必要とする疾患までかかりつけ医では診療が困難な手外科疾患の患者さんのQOL向上へ努めてゆきたいと考えています。


4. 小児整形外科疾患
先天性股関節脱臼(臼蓋形成不全・開排制限も含む)、内反足、下肢痛(成長痛など)などの治療を行います。先天性股関節脱臼に対しては、エコー(超音波)診断も行い、必要に応じて装具治療を行っております。重症例などは山梨大学医学部付属病院や県立あけぼの医療福祉センターに紹介いたします。

 

スタッフ


以下のメンバーで外来診療、入院治療、さらには手術を行ない、山梨大学病院と連絡をとりながら最新の整形外科医療を行っております。
                                  
萩野先生        
萩野 哲男(はぎの てつお)

院 長
臨床研究部長

昭和62年 山梨大卒、医学博士

資格(所属学会・認定医・専門医)等
   
    山梨大学医学部臨床教授

   日本体育協会公認スポーツドクター
   日本リハビリテーション医学会 専門医
   日本整形外科学会認定 スポーツ医
   日本医師会認定健康スポーツ医
   日本整形外科学会認定
       運動器リハビリテーション医
   日本リウマチ学会 専門医
   日本整形外科スポーツ医学会 (代議員)
   日本骨折治療学会 (評議員)
   日本創外固定・骨延長学会 (幹事)
   日本小児整形外科学会 (評議員)
   東日本整形災害外科学会 (評議員)
   山梨県ラグビー協会メディカル・
    安全対策委員会 (委員長)ほか

専門分野について
   整形外科外傷学、スポーツ外傷、
   リハビリテーション医学

 
落合先生    
落合 聡司(おちあい さとし)

外科系診療部長
整形外科・スポーツ疾患研究室長
スポーツ・膝疾患治療センター長

平成9年 山梨大卒、医学博士

資格(所属学会・認定医・専門医)等
   山梨大学医学部講師(非常勤)
   日本体育協会公認スポーツドクター
   日本関節鏡・膝・
     スポーツ整形外科学会(評議員)
     広報委員会 委員
     関節鏡技術制度委員会 委員
   日本医師会認定健康スポーツ医
   山梨県ラグビー協会メディカル・
    安全対策委員会 (副委員長)
   国際関節鏡・膝・
     スポーツ整形外科学会(ISAKOS)
   アジア太平洋膝・関節鏡・
     スポーツ医学会(APKASS)
   広島大学整形外科、越智光夫教授に
   師事して膝関節外科を学ぶ(平成17年)

専門分野について
   膝関節外科、スポーツ外傷

 
    
佐藤 信隆(さとう のぶたか)

整形外科医長

平成11年山梨大卒 医学博士

資格(所属学会・認定医・専門医)等

   
日本整形外科学会専門医
   日本手外科学会専門医
   日本医師会認定産業医

   <所属学会>

   日本整形外科学会
   日本手外科学会(代議員)
   東日本整形災害外科学会(評議員)
   関東整形災害外科学会
   日本肘関節学会
   日本マイクロサージャーリー学会
   国際手外科学会(IFSSH)
   
専門分野について
   
整形外科 手外科
   

 
千賀先生     
千賀 進也(せんが しんや)

整形外科医師

平成14年 山梨大卒、医学博士

資格(所属学会・認定医・専門医)等

   平成22年山梨大学大学院卒業
   日本整形外科学会 整形外科専門医
   東日本整形災害外科学会
         関東整形災害外科学会
   日本臨床バイオメカニクス学会
   日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会

専門分野について
   整形外科外傷
   膝関節鏡視下手術

 
山下先生     
山下 隆(やました たかし)

整形外科医師

平成17年 琉球大卒

資格(所属学会・認定医・専門医)等

   日本整形外科学会 整形外科専門医
   日本人工関節学会

専門分野について
   関節外科、特に人工膝関節手術
   整形外科外傷 
 

 
齋藤 正憲(さいとう まさのり)

整形外科医師

平成20年 山梨大卒

資格(所属学会・認定医・専門医)等

   日本整形外科学会 整形外科専門医

専門分野について
   整形外科一般  手外科


 
  古屋 直人(ふるや なおと)

整形外科医師

平成27年 山梨大卒

資格(所属学会・認定医・専門医)等

専門分野について
   整形外科一般 


 
   
   



診療実績
 平成29年度(平成29年4月~平成30年3月)の1年間における手術件数は1183件で主な内訳は以下のとおりです。このうち関節鏡(内視鏡)手術は910件と多くを占めています。
 

平成29年度 手術実績 (合計1183件)の主な内訳(重複あり)
関節鏡(内視鏡)手術
        (910件)
膝靭帯再建手術 前十字靭帯 107件
後十字靭帯 4件
複合靭帯 11件
半月板手術 縫合術 78件
切除術 371件
その他 0件
関節ねずみ摘出術 27件
関節滑膜切除術 194件
骨折、脱臼手術 上肢骨折手術 33件
大腿骨近位部骨折 73件
下肢(大腿、下腿、足)骨折手術 34件
人工関節、人工骨頭手術 92件
手外科手術 23件



関節疾患に対する内視鏡手術が年間約910件に及ぶことは当院の特色の1つで、膝靱帯再建術は山梨県内で最も手術件数が多く、これを含めた関節鏡の症例数も群を抜いています。

 

内視鏡手術
 
教育、地域、研究活動

〈教育活動〉
当院は日本整形外科学会専門医制度研修施設で、整形外科専門医の資格取得を目指した整形外科後期臨床研修コースを設け、後期研修医を募集しています。また当科は医師の研修や大学病院の専門外来への紹介などで山梨大学 整形外科関連病院として機能しています。

〈地域活動〉
関東大学ラグビーリーグに所属する山梨学院大学ラグビー部のチームドクターとして病院外でも活動しています。また社会人クラブチームであるTOSENクリーンファイターズラグビークラブにも協力しています。その他にも山梨県内の多くのスポーツ選手の治療を積極的に受け入れています。
 



論文・学会発表
〈研究活動〉



最近の論文発表
<英文論文>
  • Ochiai S, Hagino T, Senga S, Yamashita T, Oda K, Haro H. Injury to infrapatellar branch of saphenous nerve in anterior cruciate ligament reconstruction using verticalskin incision for hamstring harvesting: risk factors and the influence of treatment outcome. J Orthop Surg Res. 2017 Jun 27;12(1):101.
  •  
  • Hagino T, Ochiai S, Senga S, Yamashita T, Wako M, Ando T, Haro H. Arthroscopictreatment of symptomatic discoid meniscus in children. Arch Orthop Trauma Surg2017 Jan;137(1):89-94

  • Taniguchi N, Jinno T, Koga D, Hagino T, Okawa A, Haro H. Cementless Hip SteAnteversion in the Dysplastic Hip: A Comparison of Tapered Wedge vs MetaphysealFilling. J Arthroplasty. 2017 May;32(5)
     
  •  Ochiai S, Hagino T, Haro H. Complications of ACL reconstruction. “ACL Injury and Its Treatment” Springer 2016 
  •  
Injury to infrapatellar branch of saphenous nerve in anterior cruciate ligament reconstruction using verticalskin incision for hamstring harvesting: risk factors and the influence of treatment outcome. J Orthop Surg Res. 2017 Jun 27;12(1):101.
  •  

Prospective analysis using a patient-based health-related scale shows lower functional scores after     posterior cruciate ligament reconstructions as compared with anterior cruciate ligament reconstructions of   the knee. Int Orthop . 2016 Apr 25. [Epub ahead of print] 〔PUBMED

 

  •  

Thrombin induced by the extrinsic pathway and PAR-1 regulated inflammation at the site of fracture repair. Bone . 2016 Feb;83:23-34. doi: 10.1016/j.bone.2015.10.005. Epub 2015 Oct 22. 〔PUBMED
 

  •  

 Meniscal tears associated with anterior cruciate ligament injury. Arch Orthop Trauma Surg. 2015 Dec;135(12):1701-6. doi: 10.1007/s00402-015-2309-4. Epub 2015 Aug 19. 〔PUBMED

 

  •  

Efficacy of early surgery and causes of surgical delay in patients with hip fracture. J Orthop. 2015 Sept. 28;12(3):142-6. doi: 10.1016/j.jor.2015.01.013. eCollection 2015. 〔PUBMED 
 

  •  

 An Osteochondral Lesion of the Lateral Femoral Condyle with Arthroscopic Appearance Resembling a Fried Egg. A Case Report. JBJS Case Connect. 2014 Nov 26;4(4):e110〔http://dx.doi.org/10.2106/JBJS.CC.M.00306

 
  •  

A case of cuboid bone stress fracture in a senior high school rugby athlete. Asia Pacific Knee, Arthroscopy and Sports Medicine Society, Volume 1 , Issue 4 , 132 - 135 〔ELSEVIER 
 

  •  

High molecular weight hyaluronic acid increases the differentiation potential of the murine chondrocytic ATDC5 cell line. J Orthop Res. 2014 Dec;32(12):1619-27. Epub 2014 Sep 8. 〔PUBMED 
 

  •  

 Complications after arthroscopic knee surgery. Arch Orthop Trauma Surg. 2014 Nov;134(11):1561-4. Epub 2014 Jul 22.2014 Jul 22. 〔PUBMED 
 

  •  

Prospective evaluation of patients with anterior cruciate ligament reconstruction using a patient-based health-related survey: comparison of acute and chronic cases.Arch Orthop Trauma Surg . 2014 Jun;134(6):813-9. Epub 2014 Mar 12.〔PUBMED 
 

  •  

Usefulness of knee arthroscopy for diagnosis of knee pain in pediatric patients: comparison with preoperative clinical diagnosis. Arch Orthop Trauma Surg. 2013 May; 133(5): 669-73. Epub 2013 Mar 19. 〔Springer Lnk〕 〔PUBMED
 

  •  
Hyponatremia at admission is associated with in-hospital death in patients with hip fracture. Arch Orthop Trauma Surg. 2013 Apr; 133(4):507-11. Epub 2013 Feb 15. 〔Springer Lnk〕 〔PUBMED
 
  •  
Clinical results of arthroscopic all-inside lateral meniscal repair using the Meniscal Viper Repair System. Eur J Orthop Surg Traumatol. 2012 Nov 23. [Epub ahead of print] 〔Springer Lnk〕 〔PUBMED
 
  •  
Acute onset of intracranial subdural hemorrhage five days after spinal anesthesia for knee arthroscopic surgery: a case report. J Med Case Reports. 2012 Mar 6;6(1):75. 〔PUBMED
 
  •  
Prospective evaluation of patients with anterior cruciate ligament reconstruction using a patient-based health-related survey: comparison of single-bundle and anatomical double-bundle techniques.Arch Orthop Trauma Surg. 2011 Dec 9. [Epub ahead of print] 〔PUBMED
 
  •  
Arthroscopic washout of the ankle for septic arthritis in a three-month-old boy. Sports Med Arthrosc Rehabil Ther Technol.2011 Oct 1;3(1):21. [Epub ahead of print] 〔PUBMED
 
  •  
A rare case of meniscal hematoma with hemarthrosis of the knee: a case report. J Bone Joint Surg Am. 2011 Sep 21;93(18):e1041-4? 〔JBJS〕 〔PUBMED
 
  •  
One Strategy for Arthroscopic Suture Fixation of Tibial Intercondylar Eminence Fractures Using the Meniscal Viper Repair System. Sports Med Arthrosc Rehabil Ther Technol. 2011 Aug 10;3(1):17. [Epub ahead of print] 〔PUBMED
 
  •  
Footballer's Lateral Meniscus: Anterior Horn Tears of the Lateral Meniscus with a Stable Knee. ISRN Surgery. 2011;2011:170402. Epub 2011 May 5. 〔PUBMED
 
  •  
Prognostic prediction in patients with hip fracture: risk factors predicting difficulties with discharge to own home. J Orthop Traumatol. 2011 Jun;12(2):77-80. Epub 2011 May 4. 〔PUBMED
 
  •  
Prospective analysis of health-related quality of life and clinical evaluations in patients with anterior cruciate ligament injury undergoing reconstruction. Arch Orthop Trauma Surg. 2011 Apr 27. [Epub ahead of print] 〔PUBMED
 
  •  
Intraarticular nodular fasciitis causing limitation of knee extension: A case report. Knee. 2010 Dec;17(6): 424-7. Epub 2009 Nov 28. 〔PUBMED
 
  •  
Health-related quality of life in patients with an anterior cruciate ligament injury. Arch Orthop Trauma Surg. 2010 Mar;130(3):397-9. Epub 2009 Sep 15. 〔PUBMED
 
  •  
Meniscal ganglion cysts without accompanying meniscal tears: A report of 2 cases. Yamanashi Med J. 24(3): 83-8, 2009. 〔YMJ
 
  •  
Fracture of the anterior extremity of calcaneus together with calcaneocuboid joint dislocation. Arch Orthop Trauma Surg. 2009 Dec;129(12):1673-6. Epub 2009 Feb 14. 〔PUBMED
 
  •  
The relationship between anemia at admission and outcome in patients older than 60 years with hip fracture. J Orthop Traumatol. 2009 Sep;10(3):119-22. Epub 2009 Aug 26. 〔PUBMED
 
  •  
Twin hook fixation for proximal femoral fractures. J Orthop Surg (Hong Kong). 16(2): 162-4, 2008. 〔PUBMED
 
  •  
Oxidative stress reaction in the meniscus of bach 1 deficient mice: Potential prevention of meniscal degeneration. J Orthop Res. 26(6): 894-898, 2008.〔PUBMED
 
  •  
Comparison of the prognosis among different age groups in elderly patients with hip fracture. Indian J Orthop. 42: 29-32, 2008. 〔PUBMED
 
  •  
A simple scoring system to predict ambulation prognosis after hip fracture in the elderly. Arch Orthop Trauma Surg. 127(7): 603-6, 2007.〔PUBMED
 
  •  
Fracture of the atlas through a synchondrosis of the anterior arch complicated by atlantoaxial rotatory fixation in a four-year-old child. J Bone Joint Surg Br. 88(8): 1093-5, 2006.〔JBJS〕〔PUBMED
 
  •  
Prediction of ambulation prognosis in the elderly after hip fracture. Int Orthop. 30(5): 315-9, 2006.〔PUBMED
 
  •  
Prognosis of proximal femoral fracture in patients aged 90 years and older. J Orthop Surg (Hong Kong) 14(2): 122-6, 2006. 〔PUBMED
 
  •  
Poor prognosis in elderly patients receiving nonoperative treatment for hip fracture: A study of 224 cases at Kofu National Hospital. Yamanashi Med J. 20: 37-41, 2005. 〔YMJ
 
  •  
Mobile submuscular mass resembling a hard-boiled egg: case report. J Orthop Sci. 8(4): 613-5,2003.〔PUBMED
 
  •  
Unusual double clavicle fracture complicated by ipsilateral scapular neck fracture. J Orthop Sci. 7(3): 417-9, 2002.  〔PUBMED
 
  •  
Treatment of Tibial Pilon Fractures. Yamanashi Med J. 16: 25-30, 2001. 〔YMJ
 
  •  
Fibroblast Growth Factor-2 Stimulates New Bone Formation on Allografts of Demineralized Bone Matrix in Segmental Bone Defects in Rabbits. Yamanashi Med J. 16: 9-14, 2001. 〔YMJ



 



<和文論文>

  • 藤巻 太郎, 萩野 哲男, 落合 聡司, 千賀 進也, 山下 , 芦沢 知行, 辰野 力人, 波呂 浩孝 【スポーツ傷害の予防・診断・治療】 部位別各論 膝 Suture bridge法を利用した膝伸展機構の再建:別冊整形外科(0287-1645)73 Page179-182(2018.04)
  •  萩野哲男, 落合聡司, 千賀進也, 山下隆, 小田洸太郎: 半月板損傷とその治療. 医療715: 193-198, 2017
  • スポーツ・膝疾患治療センターにおける5年間の外来初診患者の検討. 山梨医学 43: 101-104, 2016.

 

 
  •  
保存療法でなおす運動器疾患―OAから外傷まで―. VI.骨 折. 踵骨骨折. MB Orthop. 28(10): 217-233, 2015.
  •  
当センターにおける内側半月板損傷症例の検討. 山梨医学 42: 88-90, 2015
 
  •  
当院の膝靭帯再建術後リハビリテーションプロトコル紹介. 医療の広場54(8): 33-37, 2014.
  •  
過去15年間の大腿骨近位部骨折症例の変遷. 整形外科66: 501-504, 2014.
  •  
原発性骨粗鬆症の橈骨骨密度に及ぼす新規ミノドロン酸水和物の効果の検討. 整形外科65: 313-316, 2014.
  •  
当センターにおける疲労骨折患者の検討. 山梨医学 41: 112-114, 2013.
  •  
国立病院機構甲府病院スポーツ・膝疾患治療センターの現況と展望. 医療 67: 179-182, 2013.
  •  
きわめてまれな有頭骨転移性骨腫瘍の1例. 整形外科 64: 447-449, 2013.
  •  
国立病院機構甲府病院における膝関節鏡視下手術の現状と課題 -スポーツ・膝疾患治療センター開設後の1071例の検討から-. 山梨医科学誌 27: 59-62, 2013.
  •  
左中指末節骨に発生した類表皮嚢胞腫の1例. 整形外科 64: 60-61, 2013.
  •  
異なる様式のFAIを呈したSCFE症例の比較. 日小整会誌 21: 366-371, 2012.
  •  
仙骨疲労骨折の3例. 山梨医学 40: 121-122, 2012.
  •  
膝関節鏡を施行した外側円板状半月板症例の検討. 山梨医学 40: 129-131, 2012.
  •  
有鉤骨に圧排した腱鞘巨細胞腫の1例. 整形外科 63: 1257-1259, 2012. .
  •  
簡易装置を用いた踵骨音速による骨粗鬆症診断評価. 日本機械学会 第24回バイオエンジニアリング講演会論文集.論文番号8E35,No.11-47,(2012.1.7-8, 大阪).
  •  
膝関節鏡を行った小児スポーツ傷害症例の検討. 日小整会誌 20: 382-385, 2011.
  •  
当院のスポーツ・膝疾患治療センターにおける2011年初診患者に関する検討. 山梨医学 39: 97-99, 2011.
  •  
All-inside meniscal repair system を用いた脛骨顆間隆起骨折に対する鏡視下縫合固定術の工夫. 別冊整形外科 59: 188-192, 2011.
  •  
膝前十字靭帯補強術の治療成績. 山梨医学 38: 62-65, 2010.
  •  
当院のスポーツ・膝疾患治療センターにおける膝関節鏡視下手術の現状. 山梨医学 38: 66-68, 2010.
  •  
肩鎖関節脱臼に対するBosworth-Neviaser変法の治療経験. 別冊整形外科 58: 132-135, 2010.
  •  
肋間神経から発生した神経鞘腫の1例. 整形外科 61: 1189-1191, 2010.
  •  
最近10年間の大腿骨近位部骨折例の検討. 整形・災害外科 53: 59-63, 2010.
  •  
三日月板と満月板. 整形外科 60: 1420, 2009.
  •  
当センターにおける2008年1年間の膝半月板縫合術症例の検討. 山梨医学 37: 20-22, 2009.
  •  
多重折り膝屈筋腱を用いた膝関節靭帯再建術の治療成績. 山梨医学 37: 23-28, 2009.
  •  
脛骨プラトー骨折に対する鏡視下整復術の工夫. 別冊整形外科 56: 173-178, 2009.
  •  
創外固定の原理と応用-ピロン骨折に対する創外固定法の有用性. 別冊整形外科 55: 206-210, 2009.
  •  
当センターにおける2007年1年間の膝半月板手術症例の検討. 山梨医学 36: 76-79, 2008.
  •  
肩関節周囲炎に対するjoint distensionの効果. 山梨医学 36: 99-102, 2008.
  •  
膝前十字靭帯再建術の治療成績. 山梨医学 35: 25-9, 2007.
  •  
高齢者骨折に対する私の治療法-Hansson Twin Hook Systemによる大腿骨近位部骨折の治療. 別冊整形外科 52: 153-6, 2007.
  •  
All-inside法による鏡視下半月板縫合術. 関節外科 26: 96-101, 2007.
  •  
60歳以上の大腿骨近位部骨折患者の寝たきりの危険因子. 整形・災害外科 49: 747-750, 2006.
  •  
大腿骨転子部骨折に対するHansson twin hook systemの使用経験. 整形外科57: 395-8, 2006.
  •  
大腿骨内顆特発性骨壊死に対する自家骨軟骨移植術(mosaic plasty). 山梨医学 34: 108-111, 2006.
  •  
乳児化膿性肘関節炎の1症例. 骨・関節・靱帯 18(6): 559-562, 2005.
  •  
腰部脊柱管狭窄症に対する注射用PGE1製剤の臨床効果. 新薬と臨床 54(4): 394-9, 2005.
  •  
創外固定器により治療した腰椎破裂骨折の1例. 日本創外固定・骨延長学会雑誌15: 89-92, 2004.
  •  
高齢者大腿骨頚部骨折のクリティカルパス. 整形外科 54: 333-337, 2003.
  •  
大腿骨頚部骨折患者における入院時の全身状態と予後. 東日本整災会誌 15: 189-193, 2003.


学会発表

  • 辰野力人, 萩野 哲男, 落合 聡司, 千賀 進也, 山下 , 藤巻太郎, 芦沢知行,  波呂 浩孝 膝関節内側滑膜ヒダに沿って発生した巨大滑膜骨軟骨腫症の1. 58回関東整形災害外科学会 2018/03/17 東京
  • 落合聡司, 萩野 哲男, 千賀 進也, 山下 , 藤巻太郎, 芦沢知行, 辰野力人, 波呂 浩孝 膝関節軟骨損傷に対する自家培養軟骨移植術の治療成績 71回国立病院総合医学会 2017/11/10-11 高松
  • 安藤 隆, 高山義裕, 市川二郎, 齋藤正憲, 佐藤信隆, 大場哲郎, 小山賢介, 落合聡司, 萩野哲男, 波呂浩孝: TNF-α刺激にてマウス筋芽細胞から産生されるTLSPTGF-βがNF-κB経路を抑制することにより減少する. 32回日本整形外科学会基礎学術集会 2017/10/26-27 沖縄
  • 落合 聡司, 千賀進也, 芦沢知行 患者立脚型評価法を用いた後十字靭帯1重束再建法と2重束再建法の比較 9回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 2017/6/23 札幌
  •  萩野哲男, 落合聡司, 千賀進也, 山下隆, 小田洸太郎, 若生政憲, 安藤 隆, 波呂浩孝: 脛骨顆間隆起骨折に対する鏡視下縫合固定術の工夫と治療成績. 第90回日本整形外科学会学術総会 2017/05/18-21 仙台市
     
  •  当院における鵞足部骨病変の検討. 甲信小児研究会 2018/02/23
  •  CR型TKAにおける前方Referenceと後方Referenceでの術後膝屈曲角度の比較. 第48回人工関節学会 2018/02/23
  •  膝変性疾患に対する機能的膝外反装具の治療効果. 第66回東日本整形災害外科学会 2017/09/16
  •  当院における鏡視下外側支帯解離術の術後成績. 第66回東日本整形災害外科学会 2017/09/16
  • 内側輪状半月板の一例. 第9回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 2017/06/24
  • 術前診断が困難であった稀な膝関節内腫瘤  第49回日本整形外科骨軟部腫瘍学術集2016/07/16-17 文京区
  • 限局型色素性絨毛結節性滑膜炎5例 の検討. 第9回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 2017/06/22
     
   
  •  
フットボール選手の外側半月板前節単独損傷.第89回日本整形外科学会学術総会2016/05/12-15 横浜市
  •  
Rapamycin in combination with gemcitabine reduced vbility, growth and metastasis of the murine osteosarcoma cell line LM8 in vitro and in vivo.107th AACR (American Association for Cancer research) April 16-20, 2016 New Orleans, Louisiana
  •  
前十字靭帯再建術における伏在神経膝蓋下枝損傷の検討.第56回関東整形災害外科学会 2016/03/25-26 東京コンファレンスセンター・品川
  •  
Bosworth型足関節脱臼骨折の治療経験. 第42回山梨総合医学会 2016/03/6 流通会館
  •  
小児外側円板状半月板に対する鏡視下手術の検討. 第26回日本小児整形外科学会 2015/12/4-5 岐阜市
  •  
外側半月板前節単独損傷の検討. 第69回国立病院総合医学会 2015/10/2-3 札幌市
  •  
前十字靭帯再建術を行った症例の術後感染例の検討. 第69回国立病院総合医学会 2015/10/2-3 札幌市
  •  
膝疾患関節鏡手術後患者に対する早期からのEMS実施の有用性とその効果的な方法の検討. 第34回関東甲信越ブロック理学療法士学会 2015/9/12-13 甲府市
  •  
膝関節鏡手術を施行した円板状半月板症例の検討. 第64回東日本整形災害外科学会 2015/09/11-12 福島
  •  
Prospective Analysis of Treatment Outcome of Posterior Cruciate Ligament Reconstruction Using a Patient-Based Health-Related Scale: Comparison With Anterior Cruciate Ligament Reconstruction. 10th Biennial ISAKOS Congress 2015/7/7-11 Lyon, France
  •  
第一肋骨に放射線治療後発生した骨肉腫の1例.第48回日本整形外科学会 骨・軟部腫瘍学術集会 2015/07/9-10 高松
  •  
骨化を伴わない集簇性滑膜性骨軟骨腫の1例. 第677回整形外科集談会 2015/06/27 東京
  •  
限局型色素性絨毛結節性滑膜炎(LPVNS)の3例.第7回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 2015/06/18-20 札幌
  •  
保存療法を選択した大腿骨近位部骨折症例の検討. 第88回日本整形外科学会学術総会 2015/05/21-24 神戸市
  •  
重度開放骨折の治療戦略. 第28回日本創外固定・骨延長学会 2015/03/20-21 東京
  •  
スポーツ・膝疾患治療センターにおける5年間の外来初診患者の検討. 第41回山梨総合医学会 2015/03/15 中央市
  •  
小児正常股関節の成長に伴う形態変化. 第25回日本小児整形外科学会 2014/11/27-28 千葉県浦安市
  •  
膝前十字靭帯損傷に伴う半月板断裂の検討. 第68回国立病院総合医学会 2014/11/14-15 横浜市
  •  
後十字靭帯再建術の治療成績~2年間の前向き調査~. 第68回国立病院総合医学会 2014/11/14-15横浜市
  •  
脛骨顆間骨折に対する新しい手術法-screw固定とpull-out法を組み合わせた鏡視下骨接合術-. 第4回山梨骨折治療フォーラム 2014/10/04 甲府
  •  
限局性色素性絨毛結節性滑膜炎の2例. 第63回東日本整形災害外科学会 2014/09/19-20 東京
  •  
患者立脚型評価法を用いた後十字靭帯再建術の治療成績~前十字靭帯再建術と比較して~. 第6回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 2014/07/24-26 広島
  •  
90歳以上の超高齢者大腿骨近位部骨折例の検討 90歳未満と90歳以上高齢者の比較. 第87回日本整形外科学会学術総会 2014/05/22-25 神戸市
  •  
外傷性四肢骨幹部骨折における創外固定法の治療成績と適応. 第87回日本整形外科学会学術総会 2014/05/22-25 神戸市
  •  
フライドエッグ様形態の膝離断性骨軟骨炎第54回関東整形災害外科学会 2014/03/28-29 神奈川県横浜市 
  •  
小児脛骨顆間隆起骨折に対する鏡視下手術第8回甲信小児整形外科研究会 2014/3/21 韮崎市 
  •  
当センターにおける内側半月板損傷症例の検討第40回山梨総合医学会 中央市 
  •  
膝関節鏡視下手術の合併症. 第67回国立病院総合医学会 2013/11/8-9 石川県金沢市
  •  
当センターにおける膝関節鏡視下手術の治療戦略. 第67回国立病院総合医学会 2013/11/8-9 石川県金沢市
  •  
当院の膝靭帯再建術後リハビリテーションプロトコル紹介. 第67回国立病院総合医学会 2013/11/8-9 石川県金沢市
  •  
小児正常股関節の形態評価. 第24回日本小児整形外科学会 2013/11/8-9 横浜市
  •  
腕相撲による上腕骨骨折の2例. 第3回山梨骨折治療フォーラム 2013/10/5 甲府
  •  
関節外に発生した膝関節synovial chondromatosisの1例. 第62回東日本整形災害外科学会 2013/09/19-21 軽井沢
  •  
膝関節内骨折に対する関節鏡手術の工夫. 第39回日本骨折治療学会 2013/06/28-29 久留米市
  •  
患者立脚型評価法を用いた1重束再建法と解剖学的2重束再建法の比較~2年間の前向き調査~. 第5回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 2012/06/20-22 札幌
  •  
過去15年間の大腿骨近位部骨折症例の変遷. 第50回日本リハビリテーション医学会学術集会 2013/06/13-15 東京
  •  
大腿骨近位部骨折に対する早期手術の有用性と手術が遅延する要因の検討. 第86回日本整形外科学会学術総会 2013/05/23-26 広島市
  •  
小児大腿骨骨幹部骨折に対する創外固定法の治療経験. 第86回日本整形外科学会学術総会 2013/05/23-26 広島市
  •  
膝前十字靱帯再建術の最前線 患者立脚型評価法を用いた前十字靱帯再建術の治療評価患. 第86回日本整形外科学会学術総会 2013/05/23-26 広島市
  •  
高齢者骨折に対する創外固定法による治療成績. 第26回日本創外固定・骨延長学会 2013/03/29,30 長崎市
  •  
下腿骨幹部開放骨折(Gustilo 分類 type3A,B)の創外固定法による治療成績(特にConvervion method 症例について)第26回日本創外固定・骨延長学会 2013/03/29,30 長崎市
  •  
膝関節のロッキングにて発症した限局型色素性絨毛結節性滑膜炎の一例. 第53回関東整形災害外科学会 2013/03/28,29 宇都宮市
  •  
当センターにおける疲労骨折患者の検討. 第39回山梨総合医学会 2013/03/10 中央市
  •  
上腕骨顆上骨折後内反肘に合併した上腕骨外顆骨折に対して観血的整復固定と変形矯正を一期的に行った1例. 第23回日本小児整形外科学会 平成24年11月
  •  
患者立脚型評価法を用いた前十字靭帯損傷膝の治療評価 ?スポーツ競技レベルによる比較-.第66回国立病院総合医学会 平成24年11月
  •  
当院のスポーツ・膝疾患治療センターの現況と展望. 第66回国立病院総合医学会 平成24年11月
  •  
骨化を伴わない集簇性滑膜性骨軟骨腫の1例. 第40回日本関節病学会 平成24年11月
  •  
膝関節内骨折に対する関節鏡下手術の工夫. 第2回山梨骨折治療フォーラム 平成24年10月
  •  
大腿骨内側顆部の骨壊死に対する機能的外反装具の使用経験. 第61回東日本整形災害外科学会 平成24年9月
  •  
新規ヒアルロン酸化架橋体製剤の有用性について. 第61回東日本整形災害外科学会 平成24年9月
  •  
病態が酷似した膝関節内腫瘤の2例 ~meniscal hematomaと限局型PVS~ 第4回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 平成24年7月
  •  
脛骨顆間隆起骨折に対する鏡視下縫合固定術の工夫 -Meniscal Viper Repair Systemを用いて- 第38回日本骨折治療学会 平成24年6月 
  •  
高校ラグビー選手に生じた立方骨疲労骨折の1例. 第663回関東整形災害外科学会集談会東京地方会 平成24年6月
  •  
低Na血症は大腿骨近位部骨折患者の死亡退院の関連因子である. 第85回日本整形外科学会学術総会 平成24年5月
  •  
骨折の救急治療における創外固定の有用性と問題点. 第85回日本整形外科学会学術総会 平成24年5月
  •  
患者立脚型評価法を用いたトップアスリートにおける前十字靭帯損傷膝の治療評価. 第52回関東整形災害外科学会 平成24年3月
  •  
当センターにおける膝後十字靭帯再建術の工夫と治療成績. 第38回山梨総合医学会 平成24年3月
  •  
膝関節鏡を施行した外側円板状半月板症例の検討. 第38回山梨総合医学会 平成24年3月
  •  
仙骨疲労骨折の3例. 第38回山梨総合医学会 平成24年3月
  •  
小児の膝痛症例の関節鏡所見. 第22回日本小児整形外科学会 平成23年12月
  •  
脊髄くも膜下麻酔後に急性発症した頭蓋内硬膜下血腫の一例. 第660回関東整形災害外科学会集談会東京地方会 平成23年11月
  •  
国立病院機構甲府病院整形外科の治療の現状. 山梨県大腿骨頸部骨折地域連携パス研究会 平成23年11月
  •  
大腿骨近位部骨折に対するHansson Twin Hook Systemの使用経験. 第1回山梨骨折フォーラム 平成23年10月
  •  
SF-36による後十字靭帯損傷膝患者の治療評価. 第65回国立病院総合医学会 平成23年10月
  •  
大腿骨近位部骨折患者の院内死亡とその危険因子. 第65回国立病院総合医学会 平成23年10月
  •  
One Strategy for Arthroscopic Suture Fixation of the Tibial Eminence Fractures in children. The 8th Combined Congress of the Spine and Pediatric Sections, Asia Pacific Orthopaedic Association (APOA) 平成23年6月
  •  
大腿骨近位部骨折患者の死亡退院の関連因子. 第84回日本整形外科学会学術総会 平成23年5月
  •  
スポーツ・膝疾患治療センターにおける2010年の外来初診患者の検討. 第37回山梨総合医学会 平成23年3月
  •  
内側円板状半月板の1例. 第657回関東整形災害外科学会集談会東京地方会 平成22年12月
  •  
膝関節鏡を行った小児スポーツ傷害症例の検討. 第21回日本小児整形外科学会 平成22年11月
  •  
SF-36を用いた再建法の違いによる前十字靭帯損傷膝術後成績の比較. 第64回国立病院総合医学会 平成22年11月
  •  
当院における膝関節鏡視下手術の現状と課題. -スポーツ・膝疾患治療センター開設後の1071例の検討から- 第64回国立病院総合医学会 平成22年11月
  •  
新しい肩鎖関節脱臼に対する治療法. 第59回東日本整形災害外科学会 平成22年9月
  •  
Meniscal Viperを用いた脛骨顆間隆起骨折に対する鏡視下縫合固定術. 第59回東日本整形災害外科学会 平成22年9月
  •  
膝の伸展制限を生じた関節内結節性筋膜炎の1例. 第43回日本整形外科学会 骨・軟部腫瘍学術集会 平成22年7月
  •  
A New Strategy for Arthroscopic Fixation of the Tibial Intercondylar Eminence Fractures. 7th Biennial Meeting of Asia-Pacific Orthopaedic Society for Sports Medicine (APOSSM) 平成22年7月
  •  
患者立脚型評価法を用いた前十字靭帯損傷膝の術後評価 ―解剖学的二重束再建法と一重束再建法の比較― 第83回日本整形外科学会学術総会 平成22年5月
  •  
大腿骨近位部骨折患者の予後予測 ―自宅への退院が困難となる危険因子の検討― 第83回日本整形外科学会学術総会 平成22年5月
  •  
Meniscal hematomaの1例 第50回関東整形災害外科学会 平成22年3月
  •  
当院のスポーツ・膝疾患治療センターにおける膝関節鏡視下手術の現状 第36回山梨総合医学会 平成22年3月
  •  
膝前十字靭帯補強術の治療成績 第36回山梨総合医学会 平成22年3月
  •  
当院で施行した膝関節靭帯再建術の治療成績 第63回国立病院総合医学会 平成21年10月
  •  
Meniscal Viper Repair Systemによる鏡視下半月板縫合術 第63回国立病院総合医学会 平成21年10月
  •  
当院における最近10年間の大腿骨近位部骨折例の検討 第35回日本骨折治療学会 平成21年7月
  •  
膝内側側副靭帯再建術後に内固定材が関節内に迷入した1例 第649回関東整形災害外科学会集談会東京地方会 平成21年6月
  •  
SF-36による前十字靭帯損傷膝患者の術前後評価 ―新鮮例と陳旧例の比較― 第82回日本整形外科学会学術総会 平成21年5月
  •  
骨移植を併用した膝内側側副靭帯再建術の治療成績 第49回関東整形災害外科学会 平成21年3月
  •  
当科における大腿骨近位部骨折治療の変遷 第42回日本リハビリテーション医学会関東地方会学術集会 平成21年3月
  •  
当センターにおける2008年1年間の膝半月板縫合術症例の検討 第35回山梨総合医学会 平成21年3月
  •  
多重折り屈筋腱を用いた膝関節靭帯再建術の治療成績 第35回山梨総合医学会 平成21年3月
  •  
脛骨プラトー骨折に対する鏡視下整復固定術の工夫 第57回東日本整形災害外科学会 平成20年9月
  •  
踵立方関節脱臼骨折の1例 第644回関東整形災害外科学会集談会東京地方会 平成20年6月
  •  
年齢階級別にみた高齢者大腿骨近位部骨折の予後 第45回日本リハビリテーション医学会学術集会 平成20年6月
  •  
SF-36による前十字靭帯損傷膝患者のQOL評価 第81回日本整形外科学会学術総会 平成20年5月
  •  
当センターにおける2007年1年間の膝半月板手術症例の検討 第34回山梨総合医学会 平成20年3月
  •  
SF-36を用いた前十字靭帯損傷膝症例の術前評価 第34回山梨総合医学会 平成20年3月
  •  
肩関節周囲炎に対するjoint distensionの効果 第34回山梨総合医学会 平成20年3月
  •  
MIS人工骨頭置換術におけるラッププロテクターの有用性 第48回関東整形災害外科学会 平成20年2月
  •  
膝半月板損傷を合併しない半月板ガングリオンの2例 第56回東日本整形災害外科学会 平成19年9月
  •  
関節鏡にて治療した化膿性足関節炎の3例 第30回日本骨・関節感染症学会 平成19年6月
  •  
Evaluation of Surgical Methods for the Treatment of Tibial Plateau Fracture 6th Biennial ISAKOS Congress 平成19年5月
  •  
60歳以上の大腿骨近位部骨折患者の入院時ヘモグロビン値と予後との関係 第80回日本整形外科学会学術総会 平成19年5月
  •  
膝前十字靭帯再建術の治療成績 第33回山梨総合医学会 平成19年3月
  •  
All-inside法による鏡視下半月板縫合術 第33回山梨総合医学会 平成19年3月
  •  
貧血を伴う大腿骨近位部骨折患者の治療と予後 第47回関東整形災害外科学会 平成19年3月
  •  
乳児化膿性足関節炎の1例 第638回関東整形災害外科学会集談会東京地方会 平成19年2月
  •  
脛骨プラトー骨折に対する手術法の検討 55回東日本整形災害外科学会 平成18年9月
  •  
大腿骨近位部骨折に対するHansson Twin Hook System 第55回東日本整形災害外科学会 平成18年9月
  •  
大腿骨近位部骨折患者の退院時歩行能力の予測は可能か? 第79回日本整形外科学会学術総会 平成18年5月
  •  
Oxidative stress reaction of the meniscus in Bach-1 deficient mice. 12th ESSKA 2000 Congress 平成18年5月
  •  
大腿骨内顆特発性骨壊死に対する自家骨軟骨移植術 第32回山梨総合医学会 平成18年3月
  •  
大腿骨転子部骨折に対するHansson Twin Hook Systemの使用経験 第631回関東整形災害外科学会集談会東京地方会 平成17年11月
  •  
幼児環椎骨折の1例 第630回関東整形災害外科学会集談会東京地方会 平成17年9月
  •  
高齢者大腿骨頚部骨折患者の寝たきりの危険因子 第78回日本整形外科学会学術総会 平成17年5月

4.臨床研究に関する情報公開について

 当院の整形外科(スポーツ・膝疾患治療センター)では、以下の臨床研究を実施しております。この研究は、通常の診療で得られた過去の記録をまとめることによって行います。このような研究は、国が定めた「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」に基づき、対象となる患者さんがインフォームドコンセントを受けない場合において、研究の目的を含む研究実施についての情報を公開することが必要とされております。
 利用する情報はセンター内で厳重に管理します。また研究成果は学会や雑誌等で発表されることがありますが、その際も個人情報やプライバシーにかかわることは一切公開されません。
 ご自身の診療データを研究に使用してほしくないという場合や、研究に関するお問い合わせなどがある場合は、当センターへご連絡ください。研究不参加を申し出られた場合でも、何ら、不利益を受けることはありません。
 なお研究の実施については、当院の倫理委員会にて承認されております。
 

研究課題名 スポーツ・膝疾患治療センター患者登録
当院研究責任者 院長 萩野哲男
研究機関名 国立病院機構甲府病院 整形外科(スポーツ・膝疾患治療センター)
研究期間 恒久
研究目的と意義 当院整形外科もしくはスポーツ・膝疾患治療センターを受診された患者さんの統計および調査を行うことにより、スポーツ・膝疾患に関する疫学、診療、治療の現状ならびに治療成績を解析し、研究ならびに診療の進歩・適正化を図ることを目的とする。
研究方法 ●対象
当院整形外科もしくはスポーツ・膝疾患治療センターを受診された患者さん、また関節鏡手術を受けた患者さん
●利用するカルテ情報
年齢、性別、診断名、初診時所見、画像所見、治療内容、予後、手術方法など。
●方法
データベースへの登録とその解析
問い合わせ先 【問い合わせ、苦情等の連絡先】
国立病院機構甲府病院 整形外科 スポーツ・膝疾患治療センター
研究統括医師:萩野哲男
〒400-8533 山梨県甲府市天神町11-35 電話055-253-6131