臨床研究センター

【センター長のごあいさつ】

当センターは1998年、呼吸器専門病院である国立療養所近畿中央病院に臨床研究部として発足し、2001年臨床研究センターに改編され、2004年から独立行政法人近畿中央胸部疾患センター臨床研究センターとして現在に至っております。
2006年から大阪大学大学院医学系研究科連携大学院腫瘍感染免疫学講座に指定されています。
現在、各呼吸器領域を担当する4研究部で構成し、公的研究費を積極的に獲得しながら、各診療部門と連携し、様々なネットワークを介して、幅広く国内、国際的共同研究を実施、世界に先駆けた臨床研究、疫学研究、橋渡し研究、基礎病態解明研究等を行っています。
新規診断治療法の開発や基礎研究だけでなく、標準的ガイドラインのためのエビデンスの創成にも深くかかわり、呼吸器疾患の克服を目指しています。
 

臨床研究センター長
井上義一