セカンドオピニオン外来 
 
何でも尋ねられる
便利なセカンドオピニオン外来」
実施しております。
 
1) 内容
    1回につき30分間の診療相談(必要に応じて簡易な検査を含む)

2) 費用
    1回につき、10,000円(税込み) 申し受けます。(保険診療外のため)

3) 予約方法
    総合受付または電話で予約
       地域医療連携室   (083)241-1199
                     (担当看護師:瀧口 木村 酒見)
       女性総合診療    (083)241-1191:内線2562 
                     (専任看護師:佐竹)
4)日時・担当
  月  火  水  木   金
 セカンドオピニオン外来 午前  佐藤 穣  古谷 雄司  佐藤 穣  大谷 望  佐藤 穣 
午後 佐藤 穣  佐藤 穣  古谷 雄司  佐藤 穣   早野 智子
  林 弘人  竹本 紀一  安部 俊宏  矢原 昇 
 女性総合診療 午後  早野 智子        
 

セカンドオピニオンとは? 
 セカンドオピニオンを直訳すると「第二の意見」です。ここでいう第二とは、診断や治療方針に関しての主治医以外の医師の意見をいいます。
 例えば、患者様が担当医から手術を勧められたとき、その手術法、術後治療、薬の副作用などを別の医師に再確認したい場合、あるいは、他の治療法についても考えてみたいと、別の病院の医師に相談する場合などが該当します。
 また、いくつかの治療法が選択できる場合で患者様ご自身が判断できない時も、複数の医師が同じ意見であれば納得でき、安心して治療を受けられます。 
 当センターでは、あらゆる領域の専門医が、随時「便利なセカンドオピニオン外来」を実施しております。また、当センターでの治療に関し、日本国中どこでもご希望の病院、医師にセカンドオピニオンの紹介をさせていただきます。 
 「主治医に失礼になるのでは」と思われがちでしょうが、その心配はまったくいりません。当センターの医師は、インフォームド・コンセント(説明と同意)という考え方を尊重していますので、治療法を決定するのは患者や家族であることを十分に認識しているからです。
 つまり、インフォームド・コンセントと、セカンドオピニオンは車の「両輪」ともいえましょう。このように、セカンドオピニオンは大変意義のある新しい医療サービスです。是非、積極的にご活用ください。
 何でも尋ねられる「便利なセカンドオピニオン外来」も随時実施しております。こちらも、ご希望があれば、日本中あらゆる病院のセカンドオピニオン外来にご紹介させていただきます。
 

医師紹介 

はやし ひろと
林 弘人 
病院長(研修部長兼務)
山口大学大学院博士課程修了 (昭和62年)  
  専門医・認定医 
日本外科学会  認定医、専門医、指導医
日本消化器外科学会  認定医、専門医、指導医
消化器がん外科治療認定医
日本内視鏡外科学会  評議員
国際食道疾患会議   メンバー
日本食道学会   評議員
日本医学教育学会FD委員等  会員
日本外科感染症学会  評議員
日本がん治療認定機構  暫定教育医
日本臨床腫瘍学会 暫定指導医
日本静脈栄養学会 認定医

略歴
平成元年 山口大学第2外科 助手
平成08年 病棟医長
平成10年 山口大学第2外科 講師
平成12年 国立下関病院 外科医長
平成16年 独立行政法人国立病院機構関門医療センター 外科医長
 (国立下関病院より病院名称変更)

平成17年 独立行政法人国立病院機構関門医療センター 研修部長
平成21年 独立行政法人国立病院機構関門医療センター 副院長兼研修部長
平成27年 独立行政法人国立病院機構 関門医療センター 病院長

山口大学医学部臨床教授
山口県医師会理事


現在に至る

特技・趣味など
趣味;旅行(平成277月に学会で初めて新潟に参ります。これで全県制覇となりました)、読書(乱読です)、音楽鑑賞(車や飛行機等で聴くことが多いです)、料理(結構ストレス解消になります)、犬の散歩(犬に遊んでもらっています)

一言メッセージ
 病院も個人的にも多くの皆さまに支えられております。すべての方々との邂逅に感謝する毎日です。大峯千日回峰行を満行された塩沼亮潤大阿闍梨の御高著“人生生涯小僧のこころ”ではありませんが、これからも医師を志した初心を胸に刻み、生涯一臨床医として患者さんと向き合う日々を大切にしていきたいと思います。 

佐藤 穣   副院長
総合診療部長
救命救急センター長
山口大学医学部臨床教授
  専門領域  感染症、血液、内科診断学

専門医・認定医  
日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本血液学会専門医
日本医療マネジメント学会評議委員
ICLSインストラクター

略歴  山口大学医学部第三内科助教授  

ふるたに ゆうじ
古谷 雄司
 地域支援病棟統括医
循環器内科医長
山口大院修 (昭和61年)
   専門領域  循環器

専門医・認定医
日本内科学会指導医、
日本循環器学会専門医

おおたに のぞむ
大谷 望
 
国際病院部長・外来部長
循環器内科医長  
山口大学院修 (平成元年)
 
  専門領域  循環器

専門医・認定医
日本内科学会認定医、
日本循環器学会専門医
日本インターベンション学会専門医
日本インターベンション学会指導医

やはら のぼる
矢原 昇 
外科医長
山口大学大学院修 (平成14年) 
  専門領域  外科(消化器)

専門医・認定医  
日本外科学会専門医   

はやの ともこ
早野 智子
 
女性総合診療センター長・循環器内科医長
山口大学大学院 (平成11年)
  
  専門領域  循環器内科

専門医・認定医
日本内科学会専門医
日本循環器学会専門医

略歴
平成19年米国VAホスピタルおよびUCLAに出張留学。

一言メッセージ
自律神経機能の評価を、外来で行えるホルター心電図での心拍変動解析を中心に行っています。      

 
たけもと のりかず
竹本 紀一
外科医長
山口大卒(平成8年)
山口大学大学院修 (平成17年) 
  専門領域  
消化器外科

専門医・認定医  
日本外科学会専門医   
 
 
Back
 
 
 
 
 



Back