ページトップボタン

機能的脳神経外科



機能的脳神経外科 診察担当医表

   
※都合により変更する場合があります
午 前 藤岡 裕士                    
午 後 藤岡 裕士                    

機能的脳神経外科について


高度な技術的専門性が要求される脳神経外科の一分野で,脳卒中や神経疾患などで障害された神経の機能の改善を図る治療分野です。
定位機能神経外科(stereotactic and functional neurosurgery)とも呼ばれます。




主に体内埋め込み型の電気刺激装置や薬物注入カテーテルによる治療を行います。

治療の対象は
1.パーキンソン病、ジストニアや振戦などの不随意運動
2.痙縮(脳卒中後に筋肉が固くなる症状)
3.痛み(難治性疼痛など)
4.脊椎疾患(変形性頚椎症など)
5.特殊治療(遷延性意識障害など)となります。

当科で施行可能な手術は脳深部刺激療法(DBS),脊髄刺激療法(SCS),運動野刺激療法(MCS),バクロフェンポンプ療法(ITB)です。また脊椎脊髄疾患のうち頚椎の外科的加療を積極的に行っています。
手術以外にはBotox注射も行っています(リハビリ入院可)。
当科の位置づけについて図に記載しました(*てんかん手術は他院紹介となります)




機能的脳神経外科外来は毎週月曜日に藤岡裕士医師が担当しています。
(他の曜日でも可能なことがありますのでお問い合わせください。)



週刊新潮6月21日号に脳深部刺激療法(DBS)が掲載されました。





医師紹介


氏  名 藤岡 裕士(フジオカ ヒロシ)
出身大学
(卒業修了年)
東京大学大学院修(平成15年,博士号所得)
山口大学卒(平成19年)
専門医・認定医 日本脳神経外科学会専門医
日本臨床神経生理学科脳波専門医
脳死判定医
ITB療法施行資格医
Botox療法施行資格医
日本定位・機能神経外科学会技術認定医
得意分野 機能的脳神経外科、脊椎外科(とくに頸椎)
経  歴 2003年 International Federation Clinical Neurophysiology Fellowship受賞
2008年 米国脳神経外科学会および米国コングレス Neurosurgery Resident Award受賞
2010年 国際臨床神経生理学会Young Investigator Award受賞
2010年 日本臨床神経生理学会優秀賞受賞





受付時間 8時30分~11時30分
休診日 土曜日、日曜日、祝祭日、年末年始(12/29~1/3)

★救命救急センターER24は24時間365日無休診です。