賀茂病院ホームへ
ご案内 募 集 Information リンク集 検 索
ホームInformation>精神保健福祉>保健福祉手帳>優遇措置

精神障害者保健福祉手帳による優遇措置

【障害等級により、受けることのできる優遇措置】

税制上の優遇措置

  1. 所得税および住民税の障害者控除(本人、配偶者、扶養親族)
  2. 預貯金の利子所得の非課税
  3. 相続税の障害者控除、贈与税の一部非課税
  4. 自動車税、軽自動車税および自動車取得税の減免等
    (なお、障害の等級により、受けられないサービスがあります。)

※ 詳しくは、税制上の優遇措置詳細をご覧ください。

生活保護の障害者加算

精神障害者保健福祉手帳の1級または2級の場合においては、生活保護の障害者加算の認定が受けられます。

65歳以上での老人保健医療の受給

精神障害者保健福祉手帳の等級が1級または2級で年齢が65歳以上75歳未満の場合、手帳を提示することにより老人医療受給のための障害認定が受けられます。市区町村の老人保健担当が窓口です。

【障害等級にかかわらず受けることのできる優遇措置】

通院医療費公費負担申請の簡略化

精神障害者の通院医療費公費負担申請において、手帳の有効期間中は手帳を提示することにより診断書等の添付が免除されます。(なお、手帳交付と通院医療費公費負担の申請は同時にできます。)

県立施設(文化・スポーツ・レクレーション)の使用料の減免

精神障害者保健福祉手帳所持者は、県立施設の使用料については、全部または一部の減免が受けられます。
(その他の公共施設については、設置運営する公共団体によって取り扱いが異なりますので、ご利用の際に各施設の窓口でお尋ねください。)

※ 広島県の県立施設については、利用料減免対象施設(広島県)をご覧ください。

NTT番号案内料免除

精神障害者保健福祉手帳所持者は、NTT番号案内無料サービスが受けられます。窓口はNTTです。

【その他】

身体障害者手帳や療育手帳については、公共交通機関の運賃割引や各種の入館料、利用料の割引、公営住宅の優先入居等が行われており、これらは、各事業主体に自主的に協力していただいているものですので、今後厚生省や地方公共団体において、精神障害者保健福祉手帳に基づく支援策について、関係各方面に協力を依頼していくことになります。

〔地方公共団体ごとの取り組み一覧〕
  精神障害者保健福祉手帳サービス 内容別一覧(全家連) Web
  障害者手帳に基づく福祉サービス県別一覧(全家連) Web

〔広島県内の例〕
  交通機関運賃割引:広島県内すべての路線バス、(JR を除く)鉄道・軌道の運賃割引
  福祉タクシー乗車券(東広島市:1・2級) Web


Information へ 精神障害者保健福祉手帳制度 へ戻る
ホーム 新 着 ご案内 募 集 Information リンク集 利用案内 検 索

Copyright (C) 2004 賀茂精神医療センター Last updated: 2004/4/1
URL = http://www.hosp.go.jp/~kamo/seido/techo02.htm
E-mail:admin@kamo.hosp.go.jp