文字サイズ変更

標準

大きく

はじめに戻る

病院のご紹介

ご来院の皆さまへ

医療関係者のさまへ

はじめに戻る病院のご紹介 > ごあいさつ

ごあいさつ


院長 坂尾 良一

院長あいさつ

 賀茂精神医療センターは昭和19年5月に海軍病院として開設され、戦後
厚生省に移管され、昭和22年4月からは結核療養所に転換、昭和40年5月より精神科病棟を整備していき、昭和50年3月には重症心身障害児・者病棟が完成。昭和55年4月結核病棟閉鎖後は、精神科疾患及び「いわゆる動く」重症心身障害の専門医療機関として歴史ある病院です。この度平成23年4月1日、大森名誉院長の後任として院長に就任し、その重責をひしひしと感じております。
 私が平成16年4月に副院長として赴任した年は、独立行政法人国立病院機構が発足し、国立療養所賀茂病院が賀茂精神医療センターとして新しく出発した年でした。この7年間で国立病院機構発足当初から掲げられた理念のキーワード、意識改革(I)、患者目線(K)、懇切丁寧(K)の「IKK」は職員の心に根付いてきていると思いますし、加えて当院の理念である「共に生きる」社会の実現を目指して、精神医療の実践の努力も着実に積み上げられてきていると思います。
 精神医療の根幹を成すのはマンパワーです。当院でも平成20年6月24日の医療観察法病棟の開棟を契機に、コメディカルスタッフの数が増えました。数だけでなく各自が自己研鑽に励み、専門職としての質の向上に努力しています。また多職種チームによる治療が浸透し、地域との連携も拡がりつつあります。これらの動きを実践を重ねることによって充実していくことが重要だと考えます。
 設備面においても、老朽化した精神科病棟や重症心身障害児・者病棟の建て替え計画がやっと実現できそうな情勢になってきました。このことは患者さんやご家族、職員にとって永年の悲願であり、いろいろとご意見を伺いながら病棟機能の再編成を含めてより良いものをつくっていけたらと思っています。
 「より良き医療」とは、制度や経済状況、環境等の制約がありながらも「当たり前のことが普通に行えること」がまず基本と思いますが、これくらい難しいこともありません。人それぞれがいろいろな考え方や価値観を持っています。しかしそれぞれの人が希望を持って、それぞれの幸せを感じられるような医療、人材育成、病院運営を行っていきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

平成23年4月吉日

独立行政法人国立病院機構
賀茂精神医療センター
院長 坂尾 良一


副院長 山口 博之

副院長就任あいさつ

 この度、賀茂精神医療センターの副院長に就任いたしました山口です。就任して1ヶ月が過ぎましたが、副院長の仕事がよく解らず右往左往しております。当院の理念のもととなっている「自分の家族を入院させたいと思える病院」を目指して坂尾院長のもと、頑張っていきたいと思っておりますが、そのために自分が何をすべきなのか、何が出来るのか、まだまだ解りません。そのために、まずは周りをじっくりと見てゆくことから始めたいと思っております。また、多くの方の声を聞きたいと思っております。皆様のお力をお借りして進んでいきたいと思っておりますので、御意見、御指導、御批判よろしくお願いいたします。

平成29年4月吉日

独立行政法人国立病院機構
賀茂精神医療センター
副院長 山口 博之