文字サイズ変更

標準

大きく

はじめに戻る

病院のご紹介

ご来院の皆さまへ

医療関係者のさまへ

はじめに戻る病院のご紹介 > 医療安全管理室

医療安全管理室

医療安全は、医療の質に関わる重要な課題であります。また、安全な医療の提供は医療の基本となるもので、賀茂精神医療センターの職員一人ひとりが、医療事故防止に立ち向かう最前線にいるということを自覚し、それぞれの立場や職場において、できる限りの創意工夫を持った取り組みが必要と考えています。

当院では、そのもっとも基本的な一人ひとりの課題として【気付く心・感じる心】の養成を掲げ、さらに、医療安全に組織的かつ効率的に対処するために医療安全管理委員会を設置し、その下に医療安全推進担当者部会(リスクマネジメント部会)、インシデント検討部会、医療安全管理対策全体会議を設置・開催して、より多くの職員の参加のもとに、インシデントレポートの分析、評価、改善、検討を行い、それによって得られた結果、情報及び対策を各部会報告や研修会等を通じて迅速に院内職員に周知徹底することにより、医療安全管理の強化充実を図っています。

医療安全管理者の役割

1 医療事故にかかる役割

  1. 医療事故発生の報告を受けた副院長は、医療安全管理者(専任リスクマネージャー)に直ちに連絡
  2. 医療事故発生の報告又は連絡を受け、直ちに現場で医療事故の状況把握
  3. 診療録の記載、医療事故報告書の作成等について、当該職場の責任者に対し必要な指示
  4. 病院の幹部職員とともに患者・家族に対応
  5. 院長又は副院長の指示を受け、医療事故防止対策委員会を招集し、医療事故の原因分析、再発防止策の検討を指揮
  6. 病院の幹部職員とともに、警察・行政機関・報道機関等に対応

2 平常時の役割

1. ヒヤリ・ハット体験報告に対する対応

  • ヒヤリ・ハット体験報告の収集、分析、具体的な改善策の提案、分析結果の現場へのフィードバックと集計結果の管理
  • 医療安全対策ネットワーク整備事業に関する報告

2. 医療安全に関する現場の実態調査と予防活動への取り組み

  • 現場の情報収集及び実態調査、定期的な現場の巡回・点検、マニュアルの遵守状況の点検
  • マニュアルの点検と見直しの提言等

3. 医療安全に関する情報管理及び情報発信への取り組み

  • 医療事故及び医療事故防止に関する最新情報の把握と職員への周知

4. 医療安全のための教育研修の企画・運営

  • リスクマネジメントに関する研修
  • リスクマネージャーに対する研修

5. 必要な知識を得るための研修への参加

6. その他、医療安全管理に関すること

医療安全管理規定

当院では「医療に係る安全管理のための指針(医療安全管理マニュアル)」を閲覧していただくことができるようにしています。