文字サイズ変更

標準

大きく

はじめに戻る

病院のご紹介

ご来院の皆さまへ

医療関係者のさまへ

はじめに戻る病院のご紹介 > 栄養管理室

栄養管理室

当院は、精神科病棟・重症心身障害児(者)病棟からなり、美味しく安全な食事であるとともに、家庭的な心の通う食事をお届けするよう心がけています。また、入院患者さまが退院後、自分の嗜好のみに偏らず、病院の食事を思い出し参考にして頂ける食事の提供を目指しています。
また、季節感を盛り込んだ食事を心がけるとともに、作業療法士や各病棟が企画した行事に沿ったお食事を提供しています。
栄養管理室は、病院栄養士・調理師と、給食業務担当(主に献立作成・調理業務)の委託業者(株式会社 エポカフードサービス)で構成され、1日約960食と週3回のデイケア(1日平均8名)の食事提供を行っています。さらに、管理栄養士の病棟担当制を実施し、入院患者さま一人ひとりの病態に応じた栄養管理を行い、質の高いサポートを心がけています。

適時適温給食

お食事の時間:朝食7時50分、昼食12時00分、夕食18時00分
温冷配膳車を使用し、温かいものは温かく、冷たいものは冷たく、適温でおいしく召し上がっていただけます。

食事

食事は医師の指示により提供しています。普通食・治療食やアレルギーの禁止対応など治療上必要な個人対応も行っています。また、調理の際には大量調理衛生管理マニュアルを遵守して調理しています。

フードサービス

1.春夏秋冬のサイクルメニューを基本とし、1ヵ月毎に季節に合わせたメニューを取り入れています。

ソフト食献立例
お月見

きざみ食献立例
七夕

きざみ食献立例
節分

2.行事のお食事を実施しています。

(1)手作り体験型行事

栄養管理室から食材を提供し、患者さまが料理するお手伝いをしています。
例)パフェ作り
スポンジ、ホイップクリーム、果物などを用意し、好きな食材を選んで盛り付ける

(2)当院調理師による手作りデザート会

季節感や嚥下等を考慮した手作りのデザートを提供しています。


端午の節句
~いちごゼリー~

ハロウィン
~かぼちゃのティラミス~

クリスマス
~ほうれん草のムース~

 

選択メニュー

毎週火曜日(大型連休の期間はお休みします)の昼食のみ、2種類(常食A食、常食B食)の選択メニューからお選び頂けます。常食B食(選択食)を食べられた方は、1食につき50円の追加負担をして頂くことになります。対象者は、常食かつ米飯(パン、麺、ムスビを含む)を食べられている方ですが、形態調整や禁止コメント・アレルギー等の特別な対応がある方は除きます。

選択食献立例

カツ丼、オムライス、かにあんかけ炒飯、チーズインハンバーグ、ラーメン、カレーうどん、スパゲティミートソース、お好み焼きなど


ラーメン

栄養食事指導

医師の指示より、管理栄養士が入院・外来患者さまに応じた栄養指導を行っています。詳しくは、医師、看護師、管理栄養士にお尋ね下さい。

ICT(感染制御チーム)とNST(栄養サポートチーム)・褥瘡対策チーム

多職種の医療スタッフ(医師、歯科医師、看護師、薬剤師、検査技師、作業療法士、管理栄養士等)でチームを組み、病棟ラウンドをチーム毎に週1回実施しています。院内感染防止対策、栄養状態の評価、適切な栄養療法の検討・選択、VF・VE検査より食形態の検討等により、チーム医療で栄養改善に努めます。

摂食・嚥下障害の方への対応

当院では、可能な限り腸管を使用した栄養補給の選択、さらに「口から食べる力」のサポートにも力を入れています。
医師・歯科医師をはじめ看護師・放射線技師・管理栄養士が協力して摂食・嚥下障害の方への対応をしています。

(1) 嚥下評価

VF・VE評価にあたり、栄養管理室より検査食(バリウムを混ぜた食事、ゼリー等)を準備しています。

(2) 形態調整食

上手く噛むことができない方には、料理を細かく刻んで提供します。また、上手く飲み込むことができない方には、料理や水分にとろみをつけたり、料理をゼリーやムース形態にして提供しています。

きざみ食
きざみ食

一口カット食
一口カット食

ゼリー食
ゼリー食

ムース食
ムース食

食事の改善

喫食調査を行い、患者さまの評価を取り入れながら食事内容の見直しに努めてまいります。なお、好き嫌い等の要望にはお答え出来かねますのでご了承下さい。