ホーム > 病院よりお知らせ > 病院長あいさつ
病院よりお知らせ

病院長あいさつ

 このたび国立病院機構医王病院長に就任させていただくことになりましたので、一言ご挨拶申し上げます。

 医王病院は、パーキンソン病や筋萎縮性側索硬化症、筋ジストロフィー等の神経筋難病や重症心身障害による重い障がいをもつ患者さまの診療と子どもの心の診療を中心に、国立病院機構と地域医療のなかで特徴のある大切な役割を果たしてきました。

 これからの少子高齢化による医療や福祉を取り巻く厳しい環境の変化に適切に対応しながら、質の高い医療を提供することがますます求められると思っています。このためには、まず外来管理治療棟等の建て替えを円滑に進め、その間も全国と地域のネットワークを活かした医療や医療安全の質を一層高める努力を継続する必要があります。

 私自身も脳神経・筋疾患等の専門家としてだけでなく、これからの医王病院が病院理念のもとで職員が一丸となって専門的な安心と安全の医療に取り組むことができる環境作りにいっそう努めたいと思っています。

 今後も地域の皆さまに信頼していただける医王病院をめざしてまいりますので、皆さまのあたたかいご支援とご助言を心よりお願い申し上げます。


        平成28年4月1日 医王病院長 駒井清暢

ページの先頭へ