診療科このページを印刷する - 診療科

2016年9月1日掲載

 若年から高齢に到るまで家庭、学校、職場環境など様々な人生のステージにおいて、ストレスから多彩な不適応の症状で悩む場合は少なくありません。当院では統合失調症、躁うつ病、軽症うつ病、パニック障害、強迫性障害、ストレス関連障害などの疾患や不眠症、過眠症、ナルコレプシー、睡眠時無呼吸症候群などの睡眠・覚醒障害、アルツハイマー型認知症や血管性認知症などの認知症、脊髄小脳変性症などの神経難病や重症心身障害に対応し、併せて内科的医療も行っています。されに平成10年度より県精神科救急や社会復帰促進など、政策医療を推進して地域精神医療に貢献するべくスタッフの充実を図っています。
 地域精神保健活動として、県高齢福祉課や健康課、厚生センター、南砺市民生部などの依頼で病院の実地指導、介護認定審査、精神医療審査、自立支援審査などに参加し、地域で保健・医療・福祉に従事している方々の研修や医師会、地域住民の集まりにおける講演などにも積極的に協力させて頂いています。
 研究活動としては、全国の国立病院機構共同研究、厚生労働省精神・神経疾患研究委託費研究(睡眠、精神、重心)、精神・神経科学振興財団よりの調査研究、精神政策医療ネットワークを通じた研究や臨床治験(睡眠、認知症、統合失調症)などに参加しています。また、金沢大学大学院脳情報病態学教室および富山大学精神神経医学教室と連携し、研究、治験および精神保健指定医の育成や卒後医師臨床研修に協力しています。

診療科・担当医師名およびその専門分野

 

診療科目 病床数 担当医師名 専門分野または得意とする疾患
精神科・神経科 174床 坂本 宏(院長) 認知症、精神科一般
白石 潤(診療部長) 統合失調症、薬物依存、精神科一般
市川 俊介(医長) 神経症、認知症、精神科一般
細川 宗仁(医長) 睡眠覚醒障害、精神科一般
石橋 望(医長) 精神科一般
坪本 真(医師) 精神科一般
松下 有希子(医師) 精神科一般
   
神経内科(神経難病) 50床 吉田 光宏(副院長) 神経内科疾患、認知症
小竹 泰子(診療部長) 神経内科疾患、脊髄小脳変性症
一般(重症心身障害) 50床 石崎 恵子(総合医療部長) ストレス、うつ病、精神科一般
池田 真由美(医長) 精神科一般
一般(内科)   渡辺 寧枝子(医師) 内科一般
小川 太志(非常勤) 内科一般
歯科   林 直樹(非常勤) 歯科(入院患者対象)