救命救急から慢性期まであらゆるニーズに対応するハイブリット型病院

独立行政法人国立病院機構 北海道医療センター

各診療科のご案内

迅速で適切な総合医療に取り組んでいます。

診療科 呼吸器内科

当科の対象疾患

肺がん、気管支喘息、COPD、間質性肺炎、呼吸不全、結核、呼吸器感染症など

~医療機関の皆様へ~
結核(疑いを含む)の患者様をご紹介される際は、事前に地域医療連携室にご連絡いただけますようお願いいたします。緊急の場合は結核担当医まで電話でご一報をお願いいたします(詳細は「結核・非結核性抗酸菌症について」をご参照ください)

診療内容

気管支、肺、胸膜などの疾患に対し、内科治療を中心とした専門的治療を行います。肺がんの早期発見のため、低線量肺がんCT検診も行っています。また、肺がんや非結核性抗酸菌症に関するセカンドオピニオンも受け付けております。(ご希望の方は、地域医療連携室までお電話ください。)

スタッフ

 
氏名・職名 認定資格 主な専門分野
須甲  憲明
医長
日本内科学会認定内科医・指導医
日本呼吸器学会指導医・専門医
日本呼吸器内視鏡学会指導医・専門医
日本臨床細胞学会専門医
日本がん治療認定医機がん治療認定医
肺がんCT検診認定医
日本医師会認定産業医
呼吸器学、肺癌
網島  優
医長
日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
日本呼吸器学会指導医・専門医
ICD
日本化学療法学会抗菌化学療法認定医
日本結核病学会結核・抗酸菌症指導医
呼吸器感染症(肺抗酸菌症)、
気管支喘息、COPD
丁子 卓
医長
日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
日本医学放射線学会放射線診断専門医
肺がんCT検診認定医
ICD
日本消化管学会胃腸科認定医
呼吸器疾患
服部 健史
医師
日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
日本呼吸器学会指導医・専門医
日本呼吸器内視鏡学会指導医・専門医
日本アレルギー学会専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
呼吸器疾患
気管支喘息、COPD
大橋 洋介
医師
日本内科学会認定内科医 呼吸器疾患

検査・治療手技

ヘリカルCT(64列)、呼吸機能検査(アストグラフ、モストグラフを含む)、呼気NO検査(喘息の新しい検査)、気管支鏡検査(超音波内視鏡:EBUS-GS*, EBUS-TBNA**のほか, 仮想気管支鏡ナビゲーションシステム***を含む)、気管支鏡治療(気管支サーモプラスティ****など)。
*EBUS-GS;気管支鏡に超音波エコー、ガイドシースを併用して肺末梢病変を確認して細胞をとってくる検査です。
**EBUS-TBNA;気管支鏡に超音波エコーを併用し、病変を見ながら、気管支の外側にあるリンパ節などから細胞をとってくる検査です。
***仮想気管支鏡ナビゲーションシステム;CTを画像処理して、肺末梢病変までの気管支ルートをナビしてくれます。
****気管支サーモプラスティ;重症の喘息患者さんに対して、気管支鏡を用いて気管支に熱を加えることで喘息の悪化を減らす治療です。

主な治療実績(29年度)

当院呼吸器内科では呼吸器学会専門医・指導医、呼吸器内視鏡学会専門医・指導医、がん治療認定医、結核病学会結核・抗酸菌症指導医、アレルギー学会専門医などの医師がそろっております。入院は肺がん患者さんが圧倒的に多く、年々肺がん患者さんが増加しています。

・主な疾患の入院件数(一般呼吸器内科病棟:705件)
  • 肺の悪性腫瘍:482件(68%)
  • 肺炎:62件
  • 間質性肺炎:31件
  • COPD:39件
  • 気管支喘息:26件
  • ほか:65件
(感染症センター:84件)
  • 結核:84件
・検査
  • 気管支鏡件数(総数)193件
  • EBUS-GS:126件
  • EGUS-TBNA:19件
  • その他:48件

地域医療機関へのメッセージ

一般呼吸器疾患の診療は、須甲を中心に行っており、3階の呼吸器センターを担当しています。入院の内訳では、肺がんが圧倒的に多く、次いで呼吸器感染症、COPD、間質性肺炎、喘息などが多くなっています。肺がんの治療はテーラーメード治療(個別化治療)やプレシジョンメディシン(精密治療)といわれるように、がん細胞の遺伝子解析を行い、その結果に合う薬を選択して治療をおこなう時代です。当院でも全国的にもトップレベルの気管支鏡検査でがん細胞を採取して遺伝子解析を行い、肺癌診療ガイドラインやエビデンス(根拠)に基づいて、個々の肺がん患者さんにとって最も効果が期待される治療をおこなっています。また、当院では2015年より難治性喘息に対して気管支サーモプラスティ(気管支温熱療法)を行っており、北海道においては最も早く開始し、最も経験豊富です。(ただし、適応は慎重に判断しています。)
一般呼吸器疾患は入院患者数・入院依頼が多く、入院予約の待機患者数も増えておりますので、即日入院のご希望には添えない場合もあります。入院のご依頼につきましては地域連携室への事前のご連絡をお願い申し上げます。 結核・非結核性抗酸菌症(NTM)の診療は、網島を中心に(一部、服部、大橋も担当)行っており、5階の感染症センターを担当しています。結核に関しては札幌市内のみならず近隣市町村からもご紹介をいただいて診療を行っております。
非結核性抗酸菌症は近年増加しており、ご紹介いただく機会も多くなっておりますが、ご説明に時間をいただくことが多いため事前の予約をお願いしておりますので地域医療連携室へのご連絡をお願い申し上げます。なお、結核・非結核性抗酸菌症の診療に関するご質問も業務に支障のない範囲でお受けしておりますので担当医(網島)までご連絡ください。