救命救急から慢性期まであらゆるニーズに対応するハイブリット型病院

独立行政法人国立病院機構 北海道医療センター

各診療科のご案内

迅速で適切な総合医療に取り組んでいます。

診療科 婦人科

当科の対象疾患

悪性腫瘍 :
子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がん、卵管がん、腹膜がん、腟がん、外陰がん、 絨毛がん、子宮肉腫など
良性疾患 :
子宮筋腫、子宮腺筋症、子宮脱、子宮内膜症、卵巣腫瘍、卵管留膿腫、卵巣出血、 骨盤腹膜炎、骨盤内感染症、急性付属器炎、月経困難症、月経前緊張症、 更年期障害など
妊娠性疾患:
子宮外妊娠、切迫流産、不全流産、稽留流産、絨毛性疾患など

婦人科の病気に関する疑問などございましたら、下記の【婦人科Q & A集】をクリックしてみてください。

婦人科Q&A集【PCサイトへ】

診療内容

(1) 低侵襲手術
当科は低侵襲な医療、つまり患者様のからだにとってやさしい医療を常に心がけて診療に当たっています。その2本柱と考えているのが、①低侵襲腹腔鏡手術と②自己血輸血の積極的導入です。
① 低侵襲腹腔鏡手術
腹腔鏡手術は、臍を中心にお腹の3〜4カ所の傷からカメラや鉗子を使って腫瘍を取り除く3~4孔式腹腔鏡手術が一般的に行われていますが、当科では、臍に1カ所、その他下腹部横に3〜5mm程度の傷、計2カ所の小さな傷だけで行う、いわゆる2孔式手術をほぼ全ての腹腔鏡手術に適用しています。
数年前より臍1カ所のみの単孔式手術が行われるようになってきましたが、癒着している例への対処が難しかったり、臍の傷そのものが大きくなったりする影響で、術後の痛みが増す傾向にあったり、さまざまな問題点が出てきています。当科で行っている2孔式手術ではそれらの問題はすべて解決され、また古典的な3〜4孔式腹腔鏡手術と同等な手術成績を挙げているのみならず、傷が少ないため痛みや整容性にも優れ、患者様に好評をもって迎えられております。
さらに手術の際の麻酔にも工夫を凝らし、出来る限り術後の痛みを0に近づけるよう努力しています。 当科には日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医、日本内視鏡外科学会技術認定医が複数名在籍しており、常に手術の方法に関して十分な話し合いをもった上で、それぞれの患者様に見合った適切な手術方法を実践しています。
② 自己血輸血の積極的導入
通常手術において、特にがんを中心とした悪性腫瘍の手術においては、腫瘍のひろがりや癒着、大きさやもろさ等々の影響で出血量の増加に伴い、術中や術後に輸血しなければならない症例が少なからずあります。輸血を実施した場合には、非常にまれですが発熱や感染、じんましんやショック状態などの副作用が出現することもあります。
そこで当科では手術を受けられる患者様ご自身の血液、すなわち自己血を術前に採らせていただき、それを利用して手術を行っています。それにより良性腫瘍の手術での輸血はほぼ0に、悪性腫瘍の手術でも可能な限り輸血を行わずに手術しています。つまり他人の血液をできるだけ使わない手術を行うという意味からも、低侵襲な手術を実践していると言えます。
またエホバの証人の方々を中心とする輸血拒否の方々、および信条的に輸血を受け入れない方々の手術も積極的に受け入れており、身体と血液が分離されない回路を用いた希釈式自己血輸血などを有効に利用し、それぞれの方々の希望に寄り添った手術を行うことを常に心がけております。
(2) 高度ながん診療
子宮頸がん・子宮体がん・卵巣がんなどの根治手術、術前・術後の化学療法、緩和ケア、リンパ浮腫への対応などを幅広く行っています。
2017年の婦人科がん手術件数はは子宮頚がん9件(円錐切除は除く)、子宮体がん13件、卵巣がん15件(診断的腹腔鏡は除く)の合計37件でした。
がん化学療法は年間のべ650件施行、入院・外来化学療法ともに対応しています。
緩和ケアは精神科医師を含む緩和ケアチームや緩和ケア病棟と連携し、がん患者様の不安や苦痛をできる限り軽減するように努力しています。
リンパ浮腫に対しては当科でリンパ郭清を行った患者様に対して、手術直後の病棟から外来まで対応・指導を行い、リンパ浮腫の発症の予防や症状の軽減に努めています。
(3) 婦人科救急
全国的な産婦人科医師不足に伴い、各地で産婦人科医療、特に産婦人科救急医療の崩壊がおきています。しかしここ札幌では市の保健所が中心となり、夜間急病センターでの産婦人科救急電話相談制度が全国的にも注目され、当科はこの制度発足時より婦人科救急指定病院として、市内婦人科救急医療の一端を担っています。
また当院救命救急センターでは24時間365日各種救急患者様へ対応可能であり、救命救急医と連携を取って日中夜間を問わず、婦人科救急患者様の受け入れを行いつつ、緊急手術にも迅速に対応しています。
(4) 女性医師外来
食生活の欧米化、ストレス社会および少子高齢化社会の進行は、
思春期女子をはじめ、社会進出を遂げた現代の女性に心身両面にさまざまな問題をおこしています。男性医師には相談しにくい女性特有のさまざまな問題に対しては、当科在籍の女性医師と院外から招聘している外来専門女性医師2名で常時対応しております。

専門外来

女性医師外来 傷の小さな手術外来【PCサイトへ】

スタッフ

氏名・職名 認定資格 主な専門分野
齋藤  裕司
外科系副診療部長
日本産科婦人科学会専門医・指導医
日本婦人科腫瘍学会代議員
日本婦人科腫瘍学会婦人科腫瘍専門医・指導医
日本産科婦人科内視鏡学会評議員
日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医
日本内視鏡外科学会技術認定医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本臨床細胞学会細胞診専門医
北海道臨床細胞学会評議員
日本医師会認定産業医
札幌市産婦人科医会理事
母体保護指定医
緩和ケア研修受講済
婦人科腫瘍
悪性腫瘍手術
内視鏡手術
癌化学療法
自己血輸血
木村  広幸
医長
日本産科婦人科学会専門医
日本医師会認定産業医
母体保護指定医
緩和ケア研修受講済
婦人科腫瘍
癌化学療法
大隅  大介
医師
日本産科婦人科学会専門医
日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医
日本内視鏡外科学会技術認定医
日本臨床細胞学会細胞診専門医
日本医師会認定産業医
日本アロマセラピー学会認定医
日本抗加齢医学会専門医
婦人科腫瘍
内視鏡手術
癌化学療法
アロマテラピー
アンチエイジング
内田  亜紀子
医師
日本産科婦人科学会専門医
日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医
日本内視鏡外科学会技術認定医
日本性感染症学会認定医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
平成28年度第三回新リンパ浮腫研修終了
緩和ケア研修受講済
婦人科腫瘍
内視鏡手術
佐藤  まり子
女性外来担当医師
日本産科婦人科学会専門医 思春期外来
更年期障害
婦人科腫瘍

検査・治療手技

内視鏡手術(低侵襲腹腔鏡手術)、悪性腫瘍手術、自己血輸血、外来化学療法、緩和医療子宮がん・卵巣がん検診など

主な治療実績(29年度)

手術総数 367件

・腹腔鏡手術:231件
  • 腹腔鏡下子宮全摘術(子宮筋腫):87件
  • 腹腔鏡下子宮筋腫核出術:21件
  • 腹腔鏡下良性卵巣腫瘍手術:90件
  • その他:33件
・悪性腫瘍手術:62件
  • 子宮頸がん手術:9件
  • 円錐切除術:18件
  • 子宮体がん手術:13件
  • 卵巣がん手術:15件
  • 診断的腹腔鏡:7件
・開腹良性腫瘍手術 (子宮筋腫/卵巣腫瘍など):11件
・子宮脱手術:11件
・その他:52件

地域医療機関へのメッセージ

西区・手稲区を中心に多くの病院およびクリニックの諸先生の方々から患者様のご紹介をいただき、誠にありがとうございます。
ご紹介いただいた患者様に対しては、迅速な検査・合併症の把握・各診療科との密な連携などにより、できるだけ早めの手術・治療を行うのをモットーとして対処させていただいております。また平成20年より実施されている札幌市産婦人科救急医療新体制に当科も参加し、婦人科救急の患者様受け入れ体制を整えておりますが、救急当番日以外でも直接ご相談していただいて構いません。お気軽にお電話いただけたらと思います。時間外でも内視鏡手術などに対処可能です。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。