救命救急から慢性期まであらゆるニーズに対応するハイブリット型病院

独立行政法人国立病院機構 北海道医療センター

専門外来

自動再来受付機でスムーズに受付を行えます。

専門外来の紹介

脊椎脊髄病外来

あらゆる年齢層の背骨や脊髄に関する専門的診断と治療を行います。頚椎、胸椎、腰椎のさまざまな疾患の診断と治療を行います。頚椎の病気では、頚椎椎間板ヘルニア、頚椎症性神経根症や脊髄症、後縦靱帯骨化症による脊髄症、腰椎では腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎分離すべり症や変性すべり症などが一般的な疾患ですが、中高齢者の骨粗鬆症に伴う脊椎骨折、成人の脊柱変形の診断と治療も行っています。結核性脊椎炎や化膿性脊椎炎などの、脊椎の感染症に対する最少侵襲治療も行っております。脊髄や脊髄の腫瘍、スポーツなどによる背骨の外傷ならびに脊髄損傷に対する診断と治療も行っています。
担当医師は、経験豊かな日本脊椎脊髄病学会外科指導医で同学会の役員です。

脊柱側弯症外来

小児の脊柱変形の専門的診断と治療を行います。先天性の脊柱側弯症をはじめ学童期に多い特発性側弯症の診断と専門的治療はもちろん、さまざまな基礎疾患に伴う背骨の変形の診断と治療も行っています。治療では、装具治療や脊柱変形矯正手術を行っています。学校検診で脊柱変形の疑いがあるといわれた子供さんや、姿勢異常を医療機関で指摘された子供さんの相談にのっております。学校通学のことを考え、午後診療にしております。
担当医師は、日本側弯症学会で幹事の要職を務める、この領域では国内をリードしている専門家です。平成29年に開催される第51回日本側弯症学会の会長に選出されています。

手・肘・肩外科外来

手指、手の関節、肘関節、肩関節などの上肢疾患の専門的診断と治療を行います。肩から指先までの関節の痛み、動かしにくさ、変形などでお困りの方は是非ご相談ください。小児の先天性の手指の奇形、野球などのスポーツにおける肘や肩の障害に関しても専門的な診断と治療を行います。
担当医師は、北海道大学病院整形外科の上肢診療班の専門医です。

足の外科専門外来

先天性内反足をはじめとする生まれつきの疾患、ケガの後に生じた骨や関節の変形と疼痛、スポーツ活動に伴う膝や足の障害、外反母趾、および足関節や膝関節の老化による変形性関節症などあらゆる年代の下肢の疾患を診療します。治療はまずは薬物や装具などの保存的治療を行いますが、重症度により必要に応じて手術的治療も行います。当科の特色として、手術では足関節のような小さい関節においても可能な限り関節鏡(内視鏡カメラ)を用いた小侵襲の手術を行い、変形矯正手術や人工関節置換術といった特に正確性を要する手術においてはコンピューターナビゲーション支援手術を導入してより正確で安全な治療をこころがけています。当外来ではまずは病状と治療法につき専門医が丁寧に説明いたします。