救命救急から慢性期まであらゆるニーズに対応するハイブリット型病院

独立行政法人 国立病院機構 北海道医療センター
文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

看護部キャリアパス

ACTyナース(アクティナース)
理論と技術を持って、実践し、看護を創造する~高い倫理観に基づいて~

1.国立病院機構の役割を果たすために求められる看護師としての能力

  • ①高度な専門的知識・技術を有し、主体的に実践できる(art, theory)
  • ②高い倫理観に基づいた、質の高い看護が提供できる(caring)
  • ③多職種と協働し、看護役割を発揮する(teamwork)
  • ④病院経営に参画でき、看護におけるマネジメントができる(coordinate)
  • ⑤後輩と共に学び合い、自律した看護職になる(coaching)
  • ⑥臨床看護研究ができる能力を有し、看護を創造する(create)

2.看護職員の能力開発体系の考え方

全看護職員が、専門職業人として自分の実践した看護をリフレクションしながら、常に目標を持ち主体的に学習することが基本です。「キャリアラダ-」がこのような看護職員の看護実践能力の向上とキャリアアップしていくことを支援します。

①全看護職員を対象に、看護職員の能力開発プログラムを基盤とした教育プログラムを実施しています。
②レベルⅠからレベルⅣまで、機会教育(OJT)と集合教育(OFF-JT)を通して段階的に学び、
 自らリフレクションしながら学習します。
③新人看護師の教育は、プリセプターシップを導入し、プリセター・エルダーを中心とした全スタッフ、
 副看護師長、看護師長がチームで支援します。
④より専門性の高い看護実践能力の向上を目指し、専門看護師、診療看護師、認定看護師、治験看護師等
 への道や、看護教育者や看護管理者など自らの力を発揮する場があります。
⑤ジェネラリストとしてNHOが担う多くの医療分野の看護を実践していくために、病院内外の研修に
 参加し研鑽を積むことができます。
⑥病院だけでなくグループや機構本部でも、大学院や各養成課程、研修会への受講支援、
 看護管理者研修など、キャリアアップを支援する体制を整えています。
⑦専門職職業人として、研修の機会を自ら選択し、常に目標を持ち共に学んでいきます。