救命救急から慢性期まであらゆるニーズに対応するハイブリット型病院

独立行政法人 国立病院機構 北海道医療センター
文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

臨床研修指定病院

初期臨床研修プログラム一覧

内科系プログラム 外科系プログラム その他のプログラム

外科・呼吸器外科研修

担当指導医

高橋宏明
(外科系診療部長)
日本外科学会指導医・専門医、日本消化器病学会指導医・専門医、
日本消化器外科学会専門医、日本がん治療認定医、日本消化器がん外科治療認定医、
検診マンモグラフィー読影認定医、麻酔科標榜医
植村一仁
(外科医長)
日本外科学会専門医、日本消化器外科学会指導医・専門医、日本がん治療認定医、
日本消化器がん外科治療認定医、検診マンモグラフィー読影認定医
三野和宏
(外科医師)
日本外科学会指導医・専門医、日本消化器外科学会専門医、
日本消化器がん外科治療認定医、日本外科学会専門医、日本透析医学会専門医
大坂喜彦
(呼吸器外科医長)
日本外科学会指導医・専門医、呼吸器外科専門医、
日本結核病学会結核・抗酸菌症指導医、日本胸部外科学会認定医、
日本消化器外科学会認定医、麻酔科標榜医、診療情報管理士

Ⅰ.一般目標

初期臨床研修の中で、社会人、医療者としての人格形成と社会的ルール・モラルの習得を目指します。
 一般外科、消化器外科、呼吸器外科、乳腺・内分泌外科、小児外科など広く外科診療を担当するほか、
術前術後の化学療法も行っています。外科的診療技能の習得状況により、
入院患者の受け持ちと外来診療によって基本的な臨床能力を身につけていただきます。

Ⅱ.行動目標

1.社会人としての基本姿勢を確立する

  • 職業人としての、社会的ルール・モラルの習得
  • 患者、スタッフとの良好なコミュニケーションの体得
  • プライマリーケア、周術期管理、検査や処置の基本的技術の習得
  • 医療安全、感染対策を理解し、実践へ
  • カンファレンス、研究会、学会参加などでのプレゼンテーションの習得

Ⅲ.スケジュール

週間スケジュール

8:15~
カンファレンス カンファレンス カンファレンス カンファレンス カンファレンス
午前 病棟回診
外来or手術
病棟回診
外来or手術
病棟回診
外来or手術
病棟回診
外来or手術
病棟回診
外来or手術
午後 検査or手術 検査or手術 検査or手術 検査or手術 検査or手術
夕方 消化器内科
カンファレンス

研修期間に担当した外科症例に付き、診断、検査、術後管理について症例レポートを提出する。

心臓血管外科研修

Ⅰ.心臓血管外科医師

石橋義光、川崎正和、吉本公洋、国重英之、井上 望

Ⅱ.手術

成人心臓疾患 冠動脈バイパス(人工心肺あり、人工心肺なし)、弁置換(大動脈弁、僧帽弁、三尖弁)、
弁形成(僧帽弁、三尖弁)、心臓腫瘍摘出など
大血管疾患 大動脈基部置換、大動脈基部再建、上行大動脈置換弓部大動脈、置換、下行大動脈置換、
胸腹部大動脈置換、腹部大動脈置換、胸部大動脈ステントグラフト治療、腹部ステントグラフト治療など
末梢血管疾患 大動脈-大腿動脈バイパス、大腿動脈-膝窩動脈バイパス血管内治療(PTA ステントなど)、
血栓除去、動脈瘤切除など
静脈疾患 ストリッピング、静脈瘤切除など

Ⅲ.対象疾患

  • 成人心臓疾患(冠動脈疾患、弁膜症、心臓腫瘍など)
  • 大血管疾患(胸部大動脈瘤、胸腹部大動脈瘤、腹部大動脈瘤、大動脈解離など)
  • 末梢血管疾患(末梢動脈瘤、閉塞性動脈硬化症、Burger病,急性動脈閉塞など)
  • 静脈疾患(下肢静脈瘤、深部静脈血栓など

Ⅳ.週間スケジュール

午前 手術 外来(石橋、川崎) 手術 外来(石橋、吉本)・手術検査 手術
午後 手術 カンファレンス 手術 手術
夕方

月1回循環器内科と合同カンファレンス

Ⅴ.研修内容

①周術期管理の習得
②心臓血管外科手術基本手技の習得

脳神経外科研修

担当指導医

  • 牛越 聡  脳神経外科専門医  脳血管内治療指導医
  • 安田 宏  脳神経外科専門医  脳卒中専門医
  • 安喰 稔  神経内科専門医   脳卒中専門医
  • 下田 祐介 脳神経外科専門医  脳卒中専門医

脳神経外科について

 脳神経外科の対象となる疾患は多岐にわたりますが、北海道医療センターでは、主として急性期脳血管障害(いわゆる脳卒中疾患)に24時間対応する診療をおこなっています。また、未破裂脳動脈瘤や頸部内頸動脈狭窄症などに対する根治治療もおこない、将来の脳卒中発症リスクを低減する予防的治療を積極的におこなっています。また、3次救急拠点病院として、頭部外傷などの重症疾患も受け入れています。
 脳外科スタッフは脳神経外科専門医3名、脳卒中専門医3名、脳神経血管内治療専門医2名で、救急救命専門医、脳卒中内科医、外科手術治療担当医、神経血管内治療指導医を有する、北海道でも数少ない総合脳卒中センターとしての機能をもっています。
 脳外科での研修を選択された方には、日常診療にそった実践的な研修をしていただきたいと思います。

一般目標

(1) 脳神経外科疾患全般において、基礎的知識・技術、医療人としての態度を身につける。

(2) 患者の心理的、社会的側面を含む、全人的医療を身につける。

行動目標

  • (1) 神経学的診察ができる。
  • (2) 必要な検査を列挙できる。
  • (3) 患者の状態をプレゼンテーションできる。
  • (4) 救急診療において、脳卒中の初期治療の流れを説明できる。
  • (5) エビデンスに基づいた治療適応の判断を理解する。
  • (6) 手術計画の立て方を理解する。
  • (7) 頭蓋内圧管理など、脳神経外科特有の周術期管理を説明できる。
  • (8) 患者の抱えている身体的、心理的、社会的問題点を把握できる。
  • (9) 患者、家族、スタッフとのコミュニケーション能力を習得する。

皮膚科研修

指導医

廣﨑 邦紀
皮膚科医長
(H8 札幌医大卒)
日本皮膚科学会専門医
がん治療認定機構認定医・暫定教育医
北海道アレルギー研究会幹事
所属学会 日本皮膚科学会、日本臨床皮膚科学会、日本臨床腫瘍学会、日本皮膚悪性腫瘍学会、
日本アレルギー学会、日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会、北海道アレルギー研究会、日本褥瘡学会

概要

  • 外来および入院患者の診療に関しては多岐に渡る皮膚疾患、すなわち湿疹皮膚炎群、乾癬、水疱性疾患、紅斑症、皮膚感染症、膠原病、アレルギー、皮膚悪性腫瘍、褥瘡および難治性皮膚潰瘍などを扱う。
  • 検査や手技としては、皮膚生検、各種パッチテスト、プリックテスト、光線テスト、内服誘発試験等の負荷試験、手術(摘出、皮弁、植皮、センチネルリンパ節生検等)、紫外線治療等の理学療法、化学療法、褥瘡を含む難治性皮膚潰瘍に対し、手術、陰圧閉鎖療法、陥入爪に対する根治術およびワイヤー法、アトピー性皮膚炎に対する教育入院および外用指導を行っている。

研修目標

  • 皮膚科を選択した場合、選択期間に応じた目標を設定し、指導医による教育を行う。皮膚科の基本的診断、皮膚生検や各種検査法、手術手技の基礎を習得する

学会認定施設

  • 日本皮膚科学会専門医研修施設
  • がん治療認定機構認定医研修施設
  • 生物学的製剤使用承認施設

研修内容

  • 皮膚科研修が短期の場合 : 発疹学に基づく皮膚病変の記載の習得 、外来業務、皮膚科的検査法の習得、病棟業務、外用薬の塗布、消毒・創傷処置の基本手技の習得、皮膚外科の基本手技、皮膚生検の習得、褥瘡回診への参加。
  • 皮膚科研修が長期の場合 : 上記に加えて、
    • 皮膚病理組織検討の症例担当
    • 皮膚外科における皮弁、植皮の習得
    • 病棟業務、外来業務においては指導医の下で、検査、創傷および軟膏処置を行い、皮膚科で可能な手技は一通り習得できる
    • その他、希望に応じて柔軟に対応します

標準スケジュール

週間スケジュール

午前 外来/病棟 外来/病棟 外来/病棟 外来/病棟 外来/病棟
午後 病棟 病棟 褥瘡回診 病棟 病棟
夕方 レクチャー

産婦人科研修

指導担当者

齋藤裕司、木村広幸、大隅大介、内田亜紀子、産科研修施設指導医

研修領域

婦人科、産科、不妊症 (産科・不妊症は主に産科研修施設指導医)

Ⅰ. 一般目標 (GIO : General Instructional Objects)

 女性の生理的・形態的・精神的特徴、あるいは特異性の高い病態を把握し、女性に特有の基本的診察あるいは診察態度・検査・手技・治療法などの産婦人科診療の特殊性に精通することを目標とします。当院では婦人科のみを標榜していますので婦人科に関する研修のみを行い、産科および不妊症研修は当院と連携している産科研修施設で行われます。

Ⅱ. 行動目標 (SBO : Specific Behabior Objects)

  • 患者からプライバシーに配慮しつつ適切に病歴聴取ができる。
  • 病歴から必要な診察・診断法(内診・腟鏡診・超音波検査)を選択し、所見を得ることができる。
  • 細胞診・組織診・細菌学的検査の検体を適切に採取し、その結果の評価ができる。
  • 婦人科内分泌検査(基礎体温表、ホルモン検査)・画像検査・術前血液および生理検査を実施できる。
  • 妊娠の有無や可能性について判断できる。
  • 救急対応を必要とする患者に対して、適切な病歴聴取と診察により、女性特有の疾患と他科疾患との鑑別を行い、上級医師に速やかに報告できる。
  • 入院患者との間で円滑なコミュニケーションがとれる。
  • 基本的な周術期管理ができる。
  • 婦人科手術の基本的な技術習得ができる。
  • 女性の骨盤内臓器解剖を説明できる。
  • 抗癌剤治療中の各患者の副作用に対処できる。
  • 必要十分な内容の退院時要約を作成できる。

Ⅲ.研修プログラム

(1)外来実習 (SBO ①②③④⑤⑥)

週2,3回指導医とともに婦人科外来にて診療を行う。

(2)病棟実習 (SBO ⑦⑧⑨⑩⑪⑫)

  • 良性疾患として子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣腫瘍、子宮脱などの症例を担当し、主治医とともに診断・検査・治療を行う。
  • 悪性腫瘍症例を担当し、主治医とともに診断・検査・治療を行う。
  • 手術に際しては助手(あるいは術者)として参加する。

Ⅳ.研修スケジュール概要

【第1クール】

第1週 オリエンテーション、病棟実習、手術実習
第2週 受け持ち患者決定、外来実習、病棟実習、手術実習
第3週 受け持ち患者決定、外来実習、病棟実習、手術実習
第4週 第1クールまとめ、中間評価

【第2クール】

第1週 受け持ち患者決定、外来実習、病棟実習、手術実習
第2週 受け持ち患者決定、外来実習、病棟実習、手術実習
第3週 受け持ち患者決定、外来実習、病棟実習、手術実習
第4週 第2クールまとめ、最終評価、達成度確認

第1クールは主に知識・態度の習得を中心とし、第2クールは技術の習得を中心とします。

Ⅴ. 週間スケジュール概要

午前 外来 病棟 病棟or外来 手術 病棟or手術
午後 手術 カンファランス 病棟or手術 手術 病棟
夕方

救急患者、緊急手術には随時立ち会うことを原則とします。
週1, 2回時間外待機・時間外病棟対応を行っていただきます。
患者および家族へのインフォームドコンセントの際の立ち会いも原則とします。
各種カンファランス(病棟・術前など)への参加も原則とします。

耳鼻咽喉科研修

耳鼻咽喉科は、人間の5感のうち、嗅覚・聴覚・味覚に関連し、人間にとって重要な機能である呼吸・嚥下・発声・構音・平衡機能などを扱い、その診療範囲は耳、鼻、口腔、咽頭、喉頭、頭頸部と多岐にわたります。耳鼻咽喉科の研修を通じて、耳・鼻・咽頭・喉頭・頸部の基本的な診察方法を理解し、中耳炎・副鼻腔炎・鼻出血・咽頭喉頭炎・扁桃炎・頸部リンパ節腫脹などの疾患の診断・治療技術を習得する事を目標としています。

担当指導医

鈴木章之
(耳鼻咽喉科)
耳鼻咽喉科専門医、頭頸部がん専門医
今井 聡
(耳鼻咽喉科)
耳鼻咽喉科専門医
研修領域 一般耳鼻咽喉科、頭頸部外科

スケジュール

週間スケジュール

午前 病棟回診
外来実習
病棟回診
外来実習
病棟回診
外来実習
病棟回診
外来実習
病棟回診
外来実習
午後 外来実習 手術研修 手術研修 検査・処置実習 検査・処置実習
手術研修
夕方 手術カンファレンス 手術カンファレンス

プログラム概要

一般目標

耳鼻咽喉科の幅広い疾患の基礎的知識とその診断・治療技術を習得する。

行動目標

耳疾患について

  • 耳鏡により鼓膜が観察でき、以下の診断が出来る。
    1) 急性中耳炎 2) 滲出性中耳炎 3)慢性中耳炎 4)
外耳道異物
  • 各種聴力検査を行い、難聴の診断ができる。
  • 平衡機能検査や眼振検査により、めまいの診断が出来る。
  • 次の治療・手術方法を理解している。
    1) 鼓膜切開術 2) 鼓膜換気チューブ留置術 3) 外耳道異物除去術

チーム医療

  • 指導医に対し、適切に疾患の説明、問題点の指摘、助言を求めることができる
  • Ns(病棟、外来、検査室など)と適切なコミュニケーションができる
  • 他科医師に疾患の説明、診療依頼、相談ができる
  • 患者の転出・転入にあたり、適切に情報交換ができる

鼻疾患について

  • 前鼻鏡によって鼻中隔・下鼻甲介の観察ができる。
     1)鼻汁の性状から副鼻腔炎とアレルギー性鼻炎の鑑別ができる。
     2)鼻出血(キーゼルバッハ部位)の診断をし、止血ができる。
     3)下鼻甲介のアレルギー変化を診断できる。
     4)鼻茸などの鼻腔構造上の異常を見つけることができる。
  • 副鼻腔炎のエックス線診断ができる。
  • 鼻処置ができる。
  • 鼻内視鏡手術の手技を理解している。

口腔・咽喉頭・頸部疾患について

  • 口腔・咽頭の所見がとれる。
  • ファイバースコープにより咽頭・喉頭の診察が出来る。
  • アデノイド増殖症のエックス線診断ができる。
  • アデノイド切除術、口蓋扁桃摘出術を理解している。
  • 頸部リンパ節の触診ができ、異常を見つけることができる。
  • 頸部エコーにより甲状腺やリンパ節の検査ができる。

初期臨床研修プログラム一覧

内科系プログラム 外科系プログラム その他のプログラム
概要をプリント【PDF形式】 申込書【PDF形式】