シンボルマーク 独立行政法人国立病院機構 姫路医療センター

〒670-8520 姫路市本町68番地
TEL:079-225-3211

外科研修プログラム(初期臨床研修)

研修責任者:和田 康雄

選択科プログラム

各診療科プログラムについては、下記を参照のこと。

脳神経外科プログラム整形外科プログラム 呼吸器外科プログラム
皮膚科プログラム泌尿器科プログラム眼科プログラム
耳鼻咽喉科プログラム形成外科プログラム 放射線科プログラム
検査科プログラム


プログラムの目的と特徴

 外科研修においては、すべての研修医が患者のプライマリー・ケアに対応できる基本的診療能力と外科治療対象疾患に対する適切な処置を習得することを目標とする。
 外科治療は侵襲を伴う治療法であり、何より患者の安全性が要求される。このためには、的確な術前診断に基づいた手術適応の決定と、適正な手術と術後管理が重要であり、術前診断・手術適応・術後管理の基本について学習する。
 また、外科診療はチーム医療が中心となることから、医療チームの一員としての連携・協働の在り方の基本を身に付ける。


研修期間

1年目(必須)外科4ヶ月

2年目の選択科9ヶ月のうち1〜9ヶ月選択できます。


外科研修の目標

一般目標

行動目標

経験目標

経験すべき症状・病態・疾患

 消化器外科、小児外科、呼吸器外科の領域を問わず、プライマリー・ケアにおける外科的処置を必要とする病態(外科領域の腫瘍、炎症、機能不全等、全てに関連する病態)。


初期臨床研修及びプログラム

コース・プログラムについては、各診療科の募集ページを参照のこと。

内科系研修プログラム外科研修プログラム精神科研修プログラム
救急科・麻酔科研修プログラム産婦人科研修プログラム小児科研修プログラム
地域医療研修プログラム選択科研修プログラム


初期臨床研修医募集トップページはこちらから


外科研修プログラム
(初期臨床研修)

ページのトップへ戻る