シンボルマーク 独立行政法人国立病院機構 姫路医療センター

〒670-8520 姫路市本町68番地
TEL:079-225-3211

看護部

部署紹介

病棟名 病床数 診療科
看護部長室
A-1病棟 50整形外科・泌尿器科
A-2病棟 40 消化器外科
ICU 6
A-3病棟 50 呼吸器センター(呼吸器外科・呼吸器内科)
耳鼻咽喉科(形成外科含む)
B-3病棟 50 呼吸器センター(呼吸器内科)
C-1病棟・ HCU 50(HCU6床含) 脳神経外科・HCU
C-2病棟 46 眼科・外科・内科・その他
C-3病棟 48 循環器内科(CCU4床・透析室2床)・呼吸器内科
D-2病棟 40 小児科・形成外科・内科・外科・整形外科・泌尿器科
D-3病棟 48 消化器内科・呼吸器内科・血液内科
外来 23診療科 化学療法室 内視鏡検査室 血管造影室
手術室 手術室8室
退院調整看護師
(地域医療連携室)
がん相談支援室

★様々な部門に業者が入ることによって、看護の仕事に専念できる環境となっています。


看護部長室

病院の基本理念や方針に沿って看護師が信頼されるやさしい看護が提供できるよう、ハード面・ソフト面の両面から、現状把握と改善に取り組んでいます。また、病院全体へ看護部の方針や活動についてPRし、チーム医療の良好な関係構築に努力しています。
 メンバーは、看護部長・副看護部長・医療安全管理係長・教育担当看護師長・専門看護師・認定看護師、地域医療連携看護師長、治験コーディネーター(CRC)です。


A-1病棟

A-1

整形外科・泌尿器科で50床の病棟です。

整形外科は、人工関節置換術や脊椎の内視鏡手術・骨折等の手術目的が多く、泌尿器科は、手術や化学療法・放射線療法目的での入院があります。高齢の患者さんが多く、入院時から退院後の生活を見据えたリハビリテーション・生活指導を行い、身体面だけでなく精神面・社会面にも患者さんに寄り添う看護を目指し,明るく元気に頑張っています。


A-2病棟

A-2

消化器外科で病床数40床の病棟です。

手術を受けられる患者さんが多く、パンフレットを使用し、手術前日から手術後までの経過を説明しています。少しでもイメージがしやすくなるようにパンフレットを工夫することで、不安の軽減に努め、安心して手術に望めるように支援しています。また、退院後のQOL向上の為、ストマ外来を月3回運営しています。


ICU

ICU

病床数は6床です。

治療が優先されるICUですが、治療が安全に受けて頂けるように安全・安楽な看護が提供出来る様にチームで取り組んでいます。意識のない患者さんも多いので、ご家族の面会時には、不安が少しでも軽減するようにわかりやすい説明とこまやかで丁寧な対応に心がけています。また、災害看護にも力を入れ、ICLS・JPTEC・DMAT研修にも参加し運営に協力しています。


A-3病棟

A-3

呼吸器センター(呼吸器外科・呼吸器内科)、耳鼻咽喉科の病床数50床の病棟です。

手術を受ける患者さんが多く、外来と連携した継続看護を大切にしています。また手術看護だけでなく化学療法、放射線療法、疼痛緩和ケア、ターミナルケア等のがん看護にも力を入れています。治療を受ける患者さんやご家族の様々な気持ちを理解し、寄り添う看護を大切にしながら一日も早い患者さんの回復を支援しています。


B-3病棟

B-3

呼吸器センター呼吸器内科病棟、病床数は50床です。

肺癌の患者さんが入院患者の45%を占めており、他にも間質性肺炎、呼吸器感染症、気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患、気胸などの呼吸器疾患の患者さんの急性期看護をしています。また、気管支鏡検査・睡眠時無呼吸症候群検査の入院や在宅酸素を使用される患者の呼吸リハビリ入院、CPAP導入時など、教育入院を受け入れています。  病棟全員が「やさしい看護」を目指し、医師・看護師、薬剤師、理学療法士、看護助手、病棟クラークなどスタッフの『チーム力』で、患者さんの苦痛や症状に対する不安などが軽減できるよう、またその人らしさを大切にした看護を大事にしています。


C-1病棟・HCU

C-1・HCU

脳卒中センターとして脳外科病棟44床とHCU病棟6床が併設された計50床の病棟です。

HCU病棟では脳外科疾患の看護を主に、全ての診療科の急性期看護を学ぶことができます。また脳卒中リハビリテーション看護認定看護師や摂食・嚥下障害看護認定看護師のもとで脳外科急性期の看護を基礎からリハビリビリテーションまで学ぶことができるのも魅力の一つです。病棟のスタッフはみんな明るく笑顔が絶えない病棟です。私たちとぜひ一緒に働きましょう。


C-2病棟

C-2

眼科、外科、内科の混合病棟で病床数46床です。

様々な専門医療チームと連携をとり、患者さんにとって最良のケアが行えているのか常に考えていくよう心がけています。お母さん世代から若者まで幅広い世代のスタッフで温かい病棟を目指しています。



C-3病棟

C-3

循環器内科(CCU4床・透析室2床)と呼吸器内科を中心とした48床の病棟です。

循環器内科では心不全患者の看護やCAG、PCIの実施前後の看護をしています。カテーテル検査には病棟看護師も介助に付き、患者さんの不安を最小限にできるよう細やかな対応に心がけ継続看護をしています。呼吸器内科では気管支鏡検査や鏡視下治療、また繰り返し化学療法を受ける患者さんが入院されます。症状の緩和に努め病気をコントロールしながら生活できるよう、個別性や家族の思い、生活を重視した看護が提供できるよう頑張っています。


D-2病棟

D-2

小児科・形成外科・内科・外科・整形外科・泌尿器科の病床数40床の混合病棟です。

乳児から老年まで幅広い年齢層の患者さんを受け入れ、家族を含めて対象に合わせた看護に努めています。小児の発達段階似合わせたケア、形成外科の創処置や予防に関連した専門的ケアの実施、糖尿病医療チームとともに教育入院における指導などに積極的に取り組んでいます。


D-3病棟

D-3

消化器内科・呼吸器内科・血液内科の病床数48床の病棟です。

入院患者さんの7割ががん患者さんで、化学療法・放射線療法の副作用症状が少しでも緩和でき治療が完遂出来るように症状緩和への援助を行っています。昨年度は年間800件以上の化学療法を実施し、日々副作用の予防やケアに努めています。化学療法を安心して受けていただけるように、適切な環境を整え、治療に専念できるように取り組んでいます。当病棟には、緩和ケア認定看護師1名、化学療法看護認定看護師1名、内視鏡技師2名が在籍し、それぞれが専門的知識を生かしより質の高い看護を提供できるように活動しています。


外来

外来

人口の高齢化、慢性疾患患者数の増加、在宅医療の推進、平均在院日数の短縮化により外来医療、看護も変化してきています。
 外来は、現在23の標榜診療科を有しており、一日平均外来患者数は648人と日々多くの患者さんを受け入れています。 各科診療科診察室・外来化学療法室・血管造影検査室・内視鏡検査室・救急外来があり、専門的な治療や日帰り手術も外来で受けることが可能となっています。その為、退院後も在宅療養しながら、継続した化学療法・放射線治療・輸血・血漿濾過等の特殊な治療を外来で受けておられる患者さんが年々増加しています。外来では、在宅療養支援のために手順の修正、パンフレット作成、地域医療連携室等他部門との連携を強化しています。また、患者さんやご家族の様々な生き方、および価値観、社会的背景等を考慮し、個別に看護が提供できるように頑張っています。
 ストーマ外来・フットケア外来・糖尿病療養指導外来などの特殊外来もあり患者さんのために、医師・認定看護師・糖尿病療養指導士や薬剤師・栄養士と連携し各職種が専門性を発揮できるよう努力しています。
 外来化学療法室は、平成26年度月平均364件から、平成27年度は月平均400件と年々治療件数が増加し、がん化学療法看護認定看護師を中心に患者さんの状況に応じた専門的な指導やケアを行っています。
 内視鏡室は気管支鏡・消化器上部・下部等、年間約600件の検査、複雑多岐にわたる処置を内視鏡技師を中心に看護師の強化を図り、安全・安心をモットーに取り組んでいます。
 今後も「個々の患者状況を的確に判断し、診療の補助、患者さん、ご家族へのケアをタイムリーに行える」ように、日々スタッフ一同で取り組んでいきたいと思います。と思います。


手術室

手術室

手術室では、8診療科(外科・整形外科・呼吸器外科・形成外科・耳鼻科・泌尿器科・眼科・脳外科)が4036件/年(全身麻酔54%)の手術を実施しており、低侵襲となる鏡視下手術:胸腔鏡下・腹腔鏡下・後腹膜鏡下手術などは全体の50%を占めています。私たち看護師は、少しでも安心かつ安全に手術に臨んでいただけるよう各診療科の術前カンファレンスへの参加・入院患者への術前訪問を行い、主治医・麻酔科医・病棟看護師・臨床工学士等チーム間で情報共有を行い、手術侵襲が最小限にとどめられるよう取り組んでいます。


退院調整看護師(地域医療連携室)

退院調整看護師(地域医療連携室)

退院調整看護師は、患者様やご家族が望む療養生活が可能となるように病気や障害が生活全般に及ぼす影響を把握し、病棟看護師・地域医療連携室のソーシャルワーカーと連携しながら計画的に退院後の療養生活を整えるための活動を行っています。患者様が入院した時から退院困難な要因がないか見守り、早期に支援を開始します。いろいろな角度から専門的に質の高い支援を目指し退院を支援します。


がん相談支援室

がん相談支援室

がん相談支援室は、プライバシーの保たれた場所で、専任の看護師や事務担当が対応し、相談が無料で行われます。また、相談に対応した看護師は、守秘義務を厳守し、お話になった内容が外に漏れてしまうことはありませんので、安心して御利用ください。
 がん相談支援室では、『がんの治療について知りたい』『痛みやしんどさをとる方法を知りたい』『医師とどう話したらよいかわからない』『家の近くの緩和ケア病棟はどこにあるか知りたい』・・・など、がんの治療や療養生活に関する相談に応じています(ただし、主治医のかわりに治療内容を判断し決定する場ではありません)。相談窓口は看護師ですが、必要に応じて医師やソーシャルワーカー、薬剤師、栄養士などチームで対応いたします。


看護部

ページのトップへ戻る