シンボルマーク 独立行政法人国立病院機構 姫路医療センター

〒670-8520 姫路市本町68番地
TEL:079-225-3211

看護部

教育体制

Image description

教育理念

 病院・看護部の理念に基づき、倫理観に基づいた豊かな人間性と社会性を備え、信頼される質の高い看護サービスができる看護師を育成する。また。専門職業人人として自己のキャリア開発ができる看護師を育成する。


教育方針

 当センター看護部の教育理念および教育方針に基づき、病院・地域社会のニーズや期待に答えられるよう継続教育を行う。また、呼吸器疾患およびがん疾患の専門病院として、看護実践能力の向上と専門性の強化に重点的に取り組む。そして、看護専門職業人としてのキャリア形成のための支援を行う。


教育担当看護師長

奥田 貴子
 看護部は、パートナーシップマインドをモットーに看護職員全員が日々の看護実践場面を通して、看護を語り合い、共に成長できる職場作りを目指しています。新人看護師には、サポート役として実地指導者、教育担当者を配置し、看護技術習得の支援だけでなく、身近な相談者となり職場環境に適応できるよう支援しています。教育担当看護師長として各職場の看護師長、教育担当スタッフ等と連携し、職場の教育支援体制が整えられるよう努めています。

 

看護職員の能力開発(研修)体系図

Image description
こちら(PDFImage description)でご覧いただけます。


平成29年度教育計画の方針

  1. ACTyナースの狙い(ラダーレベルⅠからラダーレベルⅤの達成)が達成できるプログラムとした。
  2. 呼吸器疾患およびがん疾患の専門病院として、がん疾患・褥瘡・救急・感染・皮膚排泄ケア・摂食嚥下障害・CRC・地域医療連携・老年看護・基礎教育の専門分野の看護師及び担当者が企画する。
  3. 看護の体験からのリフレクションを大事にし、看護師の成長に繋げる。

ラダーⅠ(新人)コース
4月職業倫理・専門職業人としてのマナー・目標管理・時間管理 健康管理・教育体制・看護記録・医療安全・感染防止
看護技術演習(移乗動作・ポジショニング・口腔ケア・食事介助)
仲間作り
5月看護のリフレクション
リフレッシュ院外研修
6月看護技術(採血・輸液ポンプ、シリンジポンプの管理)
7月急変時対応(BLS)
9月看護のリフレクション
11月安全・安心な療養環境を整える
12月フィジカルアセスメント(呼吸)
2月看護を語る(看護のリフレクション)


ラダーⅡ
5月フィジカルアセスメント(呼吸)
7月後輩支援
10月メンバーシップ
11月終末期看護
2月看護を語る(看護のリフレクション)


ラダーⅢ
5月後輩支援
9月メンバーシップ・リーダーシップ
12月IVナースレベルⅢ(CVポートの管理)
1月看護倫理
9月以降
希望者
専門分野(認定看護師、看護教員等)のインターンシップ


ラダーⅣ
6月リーダーシップ(意志決定支援)
9月意志決定支援の看護
9月以降
希望者
専門分野(認定看護師、看護教員、看護管理者等)のインターンシップ


ラダーⅤ
6月問題解決技法
2月成果発表
年間看護研究、QC活動、QM活動




研修会のご案内


2016年 政策医療プロジェクト(がん看護)教育プログラム

    平成28年8月~平成29年3月 14回開催






看護部

ページのトップへ戻る