シンボルマーク 独立行政法人国立病院機構 姫路医療センター

〒670-8520 姫路市本町68番地
TEL:079-225-3211

概要・沿革

概要

所在地
兵庫県姫路市本町68
敷 地
37,245㎡
建 物
新館・管理館 34,205㎡  その他 5,085㎡  宿舎 3,777㎡(計43,067㎡)
病床数等
入院 430床  外来 639.8人/日
標榜診療科目
27診療科
内科(血液)・【精神科】・呼吸器内科・消化器内科・循環器内科・小児科・外科・消化器外科・乳腺外科・整形外科・形成外科・脳神経外科・呼吸器外科・皮膚科・泌尿器科・【産科】・【婦人科】・眼科・耳鼻いんこう科・頭頸部外科・リウマチ科・放射線科・リハビリテーション科・【麻酔科】・糖尿病内分泌科・緩和ケア内科・救急科
*【  】は休診中です。(平成29年12月現在)
専門外来
内科(心臓・消化器・呼吸器・気管支喘息・糖尿病内分泌科・血液内科・リウマチ科)
脳神経外科
外科(消化器・乳腺)
整形外科(人工関節)
形成外科(フットケア外来)
小児科(心臓・てんかん・心身症・アレルギー)
【麻酔科】


沿革

明治31年5月16日
姫路陸軍衛戌病院として創設
昭和12年6月
姫路陸軍病院に名称変更
昭和20年12月1日
厚生省に移管、国立姫路病院として発足
昭和23年4月
国立姫路病院附属看護学校設置
昭和43年10月1日
姫路市立野里小学校病弱学級小学部1学級設置
姫路市立城乾中学校病弱学級中学部1学級設置
平成6年3月
国立姫路病院更新整備工事着工
平成8年1月
エイズ診療拠点病院に指定
平成13年1月
省庁再編成により厚生労働省管轄となる
平成16年3月
国立姫路病院更新整備工事完成
平成16年4月
独立行政法人国立病院機構に移行
姫路医療センターに名称変更
姫路医療センター附属看護学校に名称変更
平成18年7月
DPC導入
平成19年1月
地域がん診療連携拠点病院に指定
平成21年4月
呼吸器センター設置
臨床研究部(院内標榜)設置
平成21年9月
脳卒中センター設置
平成22年3月
姫路医療センター附属看護学校 新校舎完成
平成22年4月
地域災害医療センター(中播磨二次医療圏域)に指定
平成22年11月
電子カルテ導入
平成23年4月
臨床研究部設置
平成24年11月
(財)日本医療機能評価機構 認定病院(Ver.6.0)
平成24年11月
地域医療支援病院 認定
平成27年4月
消化器センター設置
平成28年5月
マンモグラフィ検診施設画像認定施設に認定
平成29年4月
高精度放射線治療センター開設
平成29年11月
(財)日本医療機能評価機構 認定病院(3rdG:Ver.1.1)


環境

当院は、播磨臨海工業地帯の中心である姫路市(人口53.7万人)のほぼ中央、国宝姫路城(平成5年に世界文化遺産指定)の旧城郭の一角に位置し、周辺及び敷地は特別史跡姫路城跡地域に指定されており、学校、公園、美術館、歴史博物館、図書館等文教施設に隣接した閑静な環境にある。交通網も山陽、山陰道の要として交通至便な位置にある。



指定医療



附属施設他

附属看護学校養成所
名称:姫路医療センター附属看護学校  設置年月日:昭和23年4月
1学年定員40名  総定員120名(3年課程)
新校舎完成年月日:平成22年3月
養護学校
昭和43年10月1日設置
姫路市立野里小学校病弱学級 小学部1学級
昭和43年10月1日設置
姫路市立城乾中学校病弱学級 中学部1学級


概要・沿革

ページのトップへ戻る