シンボルマーク 独立行政法人国立病院機構 姫路医療センター

〒670-8520 姫路市本町68番地
TEL:079-225-3211

消化器内科

当科の概要

当院は消化器内科と外科が合同で消化器センターを開設しています。
役割は異なるものの同じ消化器分野を担当するふたつの診療科が垣根を取り除いて緊密に連携し、患者さんひとりひとりにとって最善の診療を行えるよう心がけています。
国指定のがん診療拠点病院として、当科は消化器がんの診断・治療を中心に、胆石などの良性疾患も幅広く対応しています。


スタッフ紹介


役 職 氏 名 卒業年度 所属学会/専門資格等
消化器内科医長 和泉 才伸 平成6年 日本内科学会総合内科専門医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
消化器内科医長 池村 隆弘 平成5年 日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
消化器内科医長 福岡 恵子 平成7年 日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
医 師 壺阪 真子 平成17年 日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
医 師 夜久 大晃 平成21年 日本消化器病学会専門医
医 師 村上 坤太郎 平成21年 日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
専修医 林 義貴 平成27年 -
専修医 武田 真依 平成27年 -

診療疾患

食道がん、胃がん、大腸がん、膵がん、胆道がん、肝がん、胃・十二指腸潰瘍、胆石症


内視鏡を用いた診断と治療

 食道・胃・大腸などの早期癌を発見し、内視鏡で治療することが消化器内科の大きな使命です。

内視鏡室

B棟1階に4部屋の個別の内視鏡室があり、内視鏡検査技師の資格を持った専門の看護師が2名常駐しています。専用のX線透視室が1室あり、レントゲンを使った検査や処置も内視鏡室ですべて行えるようになっています。その他、検査後に患者さんがゆっくり横になれるスペースもあり、広々とした快適な検査室です。 検査機器は、電子内視鏡4台の他に、超音波内視鏡、アルゴンプラズマ凝固装置、ERBE社製高周波発生装置など各種処置に使用される機器が常備されています。


当科の特色

 通常内視鏡はもちろんのこと、拡大内視鏡・超音波内視鏡などの特殊内視鏡も完備し、内視鏡を用いた消化器疾患の診断と治療を精力的に行っています。
 消化器外科との関係は良好で、内視鏡治療にこだわらず腹腔鏡手術を含めた最善の治療を個々のケースで検討しています。

消化管(食道・胃・大腸)

胃カメラは年間4000件、大腸カメラは2000件行っています。
早期癌に対する内視鏡治療(ESD)は全消化管で年間100件行っており増加傾向です。
大腸ポリープ切除術は外来で行っています。



胆道・膵臓

内視鏡的逆行性膵胆管造影(ERCP)を年間200件行っています。そのほとんどは内視鏡治療目的です。
診断はもちろんのこと、悪性胆道狭窄や膵仮性嚢胞などさまざまな疾患に対する内視鏡治療に積極的に取り組んでいます。
総胆管結石はほとんど内視鏡的に治療しており、外科手術にまわることは少ないです。
悪性胆道狭窄に対してメタリックステントを用いたドレナージ術を行っており、これにより従来のプラスチックステントに比べ開存期間の延長をはかっています。



超音波内視鏡(EUS)

消化管粘膜下腫瘍の診断や胆膵疾患の精査目的に積極的に行っています。
2006年から超音波内視鏡下吸引細胞組織診(EUS-FNAB)を導入し、従来の手技では組織の採取が困難であった領域においても成果をあげています。

消化器内科医募集

姫路医療センター消化器内科では常勤医師・研修医を募集しています。
詳しくは、こちら「消化器内科医募集」をご覧ください。

やる気のある若手医師の諸君!いっしょに働きませんか?

お問い合わせ先


消化器内科

ページのトップへ戻る